対策 |健康コラム|太陽卵美健通販サイト

お電話でのご注文もお待ちしています!0120-497-962 受付:9:00~18:00(土・日・休み)

  • マイページにログイン
  • 新規会員登録(無料)
  • 商品一覧
  • お問い合わせ
  • 美健ホームページ
  • お試しサンプル
  • 定期コース
  • まとめ買い
  • 健康コラム
  • お客さまの声
  • ご利用ガイド

役立つ!健康コラム

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

近年、スギやヒノキなどの花粉症で悩む方が増えています。

「なるべく薬に頼らずに過ごしたい」
「できれば食べ物で花粉症の対策をしたい」

と考える方も多いのではないでしょうか?

花粉症対策になると言われる食べ物を紹介します。
合わせて控えたほうがいい食べ物もお伝えしますので、
ぜひ一度、食生活を見直すための参考にしてくださいね。

花粉症対策の食べ物、ポイントは腸内環境!

つらい目のかゆみに鼻水、何度も出るくしゃみ……
こうした症状はすべて、身体が花粉を異物と認識しているから起こること。
花粉をなんとか外に追い出そうとしているのです。

過敏になってしまっている免疫機能を、本来の状態に戻したい!
そのカギを握るのが腸。なぜなら免疫細胞のおよそ7割が、腸に集結しているから。
腸こそが花粉症のキーマンとも言える存在なのです。

腸は食べ物の消化や吸収を行う場所。
食べ物は栄養源である一方、細菌など外敵が潜んでいるかもしれない存在。
そのため腸を守るガード役として、多くの免疫細胞が待機しているのです。

そのため、腸内環境を整えると、免疫機能にもプラスに作用すると考えられています。
その結果として、花粉症の症状緩和も期待できるのです。

腸を元気にする、花粉症対策の食べ物とは?

花粉症対策の食べ物と言っても、あくまでも食べ物。即効性があるわけはありませんし、必ずしも良くなるわけでもありません。でも腸にいい食べ物を摂ることは、健康管理にもつながります。毎日の生活の中でコツコツ食べてみてはいかがでしょうか。

1)ヨーグルト

花粉症対策としておすすめの食べ物、一つ目は「ヨーグルト」です。
昔から、花粉症と言えば必ず挙がる定番の一つですね。

ヨーグルトには善玉菌の一種である乳酸菌が含まれています。ヨーグルトを食べることは腸内に善玉菌を送り届けること。善玉菌の味方を増やせるのが、ヨーグルトの魅力です。

腸内では常に、善玉菌と悪玉菌がせめぎ合っています。どちらが強く優位に立てるのか、いつでも激しい陣取り合戦が行われています。そんな中、善玉菌が増え始めると、腸内が酸性に傾き、悪玉菌にとっては住みにくい環境になります。

ヨーグルト

そのため、善玉菌が元気に活躍できるようになるのです。

近年はさまざまな種類のヨーグルトが店に並んでいます。できれば「生きて腸まで届く」と書かれたものを選びましょう。ただし大事なことは、続けることだと言われています。苦手な味のものを選んでは三日坊主になって、意味がありません。口に合ったものを選ぶことも大事なポイントです。

なお、プレーンのヨーグルトを食べるときは、オリゴ糖をかけるのがおすすめです。
オリゴ糖は、乳酸菌にとって栄養分。ジャムをかけて食べるのもおいしいですが、
できれば「ヨーグルト+オリゴ糖」の組み合わせでいただきましょう。

2)納豆

ヨーグルトと同じく、おなかの悩みで連想する食べ物の一つですね。
納豆の種類は実に豊富で、身近な健康食品として、価格もお手軽。
近年は、免疫力アップの機能性をうたう納豆も登場しています。

納豆は、煮た大豆を納豆菌で発酵させた日本の伝統食品です。納豆菌には、腸内の善玉菌を元気にする働きがあります。そして納豆には、善玉菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維などが含まれていて、一石二鳥なのです。

パック入りの納豆

納豆は、山芋やオクラといった、いわゆるネバネバ食材と相性の良い食べ物です。
組み合わせて食べると、さらに食物繊維をしっかり摂ることができますね。

納豆は、粒の大きさや食感、味わいなど、一つ一つに個性があります。納豆もヨーグルトと同じく、続けることが大切です。お気に入りを見つけるつもりで、いろいろ食べ比べてみてください。たまには高級な「お取り寄せ納豆」を楽しむのもいいですね。

3)ぬか漬け

ぬか漬けは、私たち日本人が昔から食べてきた代表的なお漬物ですね。
近年では発酵食品として、改めてその健康効果に注目が集まっています。

ぬか漬けは、米ぬかと塩など混ぜ合わせて作った「ぬか床」に、季節の野菜を漬けこんで作る漬物です。ちなみに米ぬかとは、玄米を精米するときに出る種皮や胚芽のこと。
普段は捨ててしまっている部分です。

実は米ぬかには、ビタミンB群や各種ミネラルがたっぷり。そんな米ぬかを活用して作るぬか漬けには、善玉菌の味方になる植物性乳酸菌が豊富に含まれているのです。

多くのぬか漬けが市販されていますが、もちろん自宅で作ることもできます。自分好みの塩梅に浸かったぬか漬けを食べるのは至福のひととき。炊き立てごはんが、ますますおいしくなります。「おばあちゃんが作ってくれたぬか漬け、おいしかった」と懐かしく思い出す方もおられるのでは?

最近では、初心者でも簡単にぬか漬け作りが始められる便利なセットも増えています。
容器やぬか床の材料一式がセットになっているので、あれこれ揃える必要がありません。届いたら、漬けたい野菜を切って入れ、ぬかで覆うだけ。
毎日かき混ぜる必要がないものもあり、気軽にチャレンジできます。

ぬか漬けといえば、定番はキュウリや茄子、人参など。でも他にも、オクラやミョウガ、ミニトマトやアボカドなど、アイデア次第でさまざまな野菜を漬けることができます。
旬の野菜はもちろん、余ってしまった半端野菜も栄養豊富のぬか漬けに早変わり。

4)きな粉

続いておすすめする食べ物は、日本の伝統食品の一つ「きな粉」。
風味があって香ばしく、餅や団子などの和菓子で親しまれていますね。

きな粉は大豆を丸ごと炒って粉にしたもの。大豆の栄養を丸ごと含んでいます。特に注目すべきが食物繊維の多さ。しかも水溶性と不溶性どちらの食物繊維もバランスよく含んでいるのが、きな粉の魅力です。

きな粉には、大豆オリゴ糖も含まれています。食物繊維もオリゴ糖も、どちらも善玉菌のエサとなる栄養分。腸内で、善玉菌の数を増やす手助けをしてくれます。

きな粉というと和菓子を連想しますが、毎日の生活に取り入れるなら、おすすめはきな粉ヨーグルトです。プレーンヨーグルトに混ぜてもいいですし、飲むヨーグルトに加えてもいいでしょう。乳酸菌も一緒に摂れるので一石二鳥です。

なお、きな粉は香りが命。炒りたての香ばしさを楽しむためにも、密封して冷蔵庫で保存しましょう。密閉容器に移し替えておくと、一回分の量を取り出しやすくて便利です。

5)バナナ

最後にもう一つ、花粉症対策におすすめの食べ物として紹介したいのが「バナナ」です。バナナといえば、朝食のフルーツの定番。そして、小腹がすいたときの味方として食べる方も多いことでしょう。

そんなバナナも「アレルギー症状を緩和する効果が期待できる」として研究が進み、
大手バナナメーカーのサイトで研究成果が紹介されています。

参考:スミフル「花粉症の悩みにはバナナ?!」

日本バナナ輸入組合が実施したマウス実験の研究では、スギ花粉症を発症した、マウスに対して毎日バナナを与えることで、花粉症のアレルギー反応が抑制されたのだそう。ヒトに対して行われた研究からも、バナナでスギ花粉症が改善されると分かったそうです。

房になったバナナ

さらに目安として紹介されているのが「毎日2本8週間毎日バナナを食べ続ける」こと。くしゃみなど自覚症状の改善が見られたという結果から、スギ花粉症予防に役立つと紹介しています。

もちろん薬ではないため、食べれば必ず楽になるとは限りません。でも、バナナといえば豊富な食物繊維。水溶性と不溶性の両方を含む、腸の味方となる存在です。
おなかの健康のために、毎日食べてみるといいですね。

花粉症の時に控えるべき食べ物とは?

食べ物の中には、花粉症の症状を悪化させる恐れがあるものもあります。
絶対に食べてダメではありませんが、なるべく避けたほうが良いでしょう。

1)脂肪分の多い食べ物

天ぷらや唐揚げ、フライといった揚げ物や、サシの入った霜降り肉やバラ肉など、脂肪分の多い食べ物はなるべく控えましょう。食べすぎて消化しきれなかった場合に、悪玉菌のエサになり、腸内環境のバランスを乱す原因になりかねません。

2)アルコール

酒を飲んでアルコールを摂取すると、血管が拡張し、鼻づまりなどの症状を起こしやすくなります。肌荒れやかゆみを引き起こすこともあるため、摂取量をおさえましょう。

3)加工食品

ハムやソーセージ、インスタント食品など加工食品には、食品添加物(着色料・防腐剤・安定剤など)が含まれています。食品添加物は、腸内細菌のバランスを崩す可能性があることが指摘されていますので、なるべく食べる量を減らしましょう。

花粉症対策に昔ながらの伝統食品も!

今回は、花粉症対策におすすめの食べ物を紹介しました。
改めて見てみると、日本の伝統食品がずらりと並んでいますね。

健康な毎日を送るためには、栄養バランスのとれた食事が基本。幸い四季のある日本では次々とおいしい食べ物が登場します。春は山菜、夏は色の濃いトマトやキュウリ、秋にはきのこや秋刀魚など、旬の野菜や魚を中心に、たっぷり季節の恵みを食べましょう。

また、発酵食品をうまく取り入れることも大切なポイント。たとえば、納豆に漬物、味噌など、日本には頼れる発酵食品がたくさんありますね。当店のサプリメントの材料である「黒にんにく」も、昔ながらの発酵食品の一つ。日本人は昔から、発酵食品が身体にいいことを経験として知り、うまく生かしてきたのですね。

今回の記事を読んだことが、食生活を見直すきっかけになれば幸いです。
ぜひ毎日の食事に「腸が喜ぶ食べ物」を取り入れてみてくださいね。

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

風邪やインフルエンザが流行し、冬本番。寒い日が続いていますね。
とはいえ、もう春も間近。身体はすでに春に向け、準備を始めています。

一年のうち、環境が最も激しく変わるのは、寒い冬から春への移行時期。
環境の変化が大きい分、心身共に不調が出やすい時期だと言われています。
春の体調不良を防ぐためにも、春の健康管理法を知っておきたいものですね。

そこで今回は、春を元気に過ごす、健康管理のポイントを紹介します。

意外と多い!「春の体調不良」の代表的な症状とは?

春というと厳しい寒さもやわらぎ、新しいことを始めたくなる時期。
とはいえ、春になると決まって体調不良に悩まされる方も多いのでは?

まずは、春の体調不良の代表的な症状を、チェックしてみましょう。

  • ・何となくダルくて、身体が重く感じる
  • ・花粉症で、鼻水やくしゃみが止まらない
  • ・ちょっとしたことでも、妙にイライラする
  • ・疲れやすく、休息をとっても疲れがとれない
  • ・十分な睡眠をとっているのに、日中、眠くなる

このような春の体調不良が起こるのは、主に3つの原因があります。

1)気候の変化(気温・気圧・日照時間など)

春の体調不良の原因として、もっとも大きいのが「気候の変化」

春は陽気に包まれてポカポカ……という印象ですが、意外と冷え込むことも。
薄着で花見を楽しんでいて、「意外と寒い!」「身体が冷え切ってしまった!」
という経験をお持ちの方も、多いのではないでしょうか?

家族でピクニック

「花冷え」という言葉があるとおり、桜が咲くような時期になったとしても、
寒さがぶり返すこともしばしば。知らないうちにストレスを受けています。
しかも、気圧の変化が激しいため、自律神経のバランスが乱れがちに。

さらに春になると、日照時間が長くなるため、冬時間だった体内時計も乱れ、
「なぜか熟睡できない」「長時間眠っても、疲れがとれない」という人も。

このように、自律神経の乱れや睡眠リズムの乱れによって、
慢性的な疲労感や倦怠感など、さまざまな不調が出るんですね。

2)ビタミンB1不足

春になって暖かくなると、私たちの身体も元気になり、活発に動き始めます。
すると大量のエネルギーが必要になり、身体はエネルギーをつくります。

エネルギーの主な材料としては、ごはんやパンなどの主食から摂った糖質。
ただし、糖質が豊富にあっても、エネルギーをつくることはできません。
糖質からエネルギーを取り出すには、ビタミンB1が必要なのです。

エネルギーづくりが活発になる春は、意識的にビタミンB1を摂らなければ、
「ビタミンB1不足が、エネルギー不足」となり、倦怠感につながるんですね。

3)生活環境の変化によるストレス

春は、進学や就職・転勤などによって、生活環境が大きく変わる時期。
慣れない土地での新生活への不安、新しい人間関係における心配や悩みなど、
生活環境の変化によるストレスは、心身に思わぬ負担をかけてしまっています。

特に、女性の場合だと、自分自身が新しい環境に飛び込まなくても、
家族の環境変化が、思いのほかストレスになっているかもしれません。

過度なストレスは、自律神経の乱れを引き起こす要因となります。
ストレスによる自律神経の乱れも、体調不良を考える上で見逃せません。

もう悩まない!手軽な「春の健康管理」3つの対策!

では、春を元気に過ごすには、一体どうすればいいのでしょうか?
毎日の生活で心がけたい、春の健康管理法を3つ紹介いたします。

1)朝の太陽光を浴びよう!体内時計を「春時間」にリセット

春の健康管理においては、自律神経を整えることが重要なポイント。
日照時間は長くなりますが、体内時計がうまく変化についていけません。
朝起きたら太陽光を浴びて、冬時間のままの体内時計をリセットしましょう。

2)身体を冷やさない!にんにくなどの「温め食材」を♪

自律神経が乱れると、体温調節がうまくいかず、身体が冷えてしまいがち。
冷えは万病のもと!身体を温めてくれる食材を、摂るようにしましょう。
にんにくやネギ、生姜などの「温め食材」を使うといいですね!

肉なら鶏、魚ならサバやブリなどが、身体を温める性質を持っているそうです。
味噌も身体を温めるので、生姜やネギたっぷり「サバの味噌煮」がオススメ!

3)ビタミンB1摂取で、エネルギーづくりをスムーズに!

エネルギーづくりには、ビタミンB1が欠かせません。意識的に摂りましょう。
豚肉や玄米などに多く含まれていますが、春の健康管理のためには、
サプリメントの力を借りるのも、一つの手ですね。

身体を温めるにんにく入り!黒にんにく卵黄油も♪

春の体調不良を防ぐには、

  • ・自律神経のバランスを整える
  • ・ビタミンB1を積極的に補う
  • ・身体の冷えを解消する

という3点がポイントということが、お分かりいただけたことでしょう。
そこで、春の健康管理として役立てたいのが、黒にんにく卵黄油サプリです。

なぜなら、黒にんにく卵黄油サプリは、次のような働きが期待できるため。

  • ・卵黄油が自律神経に働きかけ、調子を整える!
  • ・温め食材の黒にんにくが、身体をポカポカにしてくれる!
  • ・黒にんにくの健康成分アリシンが、ビタミンB1の吸収をサポート!

黒にんにくと卵黄油のチカラで、春の体調不良の悩みも解消ですね。
皆さんが今年の春を元気いっぱい過ごせるよう、心から願っています。

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

冬の悩みといえば、やはり手足の冷え。

何をしても温まらないと半ばあきらめている方も多いのでは?
実は手足が冷たい原因はさまざま。それぞれ必要なアプローチが違います。
あなたの手足が冷たい原因は何でしょうか?正しい解消方法で解決しましょう!

手足が冷たい原因とは?

秋冬を迎え、ある程度手足が冷えるのは当然のことです。ところが、外気温より圧倒的に冷たい、何をしても手足が冷たいままの方は要注意。根本原因を解消しない限り、手袋や靴下などで温めても、その場しのぎです。

では、手足が冷たいのはなぜでしょうか?大きく分けると2つのパターンがあります。それは「体内で作られる熱が、そもそも少ない」もしくは「作られた熱が、身体の末端まで届きにくい」ということ。これらの理由が、手足の冷えにつながる仕組みを解説します。

1)体内で作られる熱が、そもそも少ない

なぜ体内で作られる熱が少ない場合、手足が冷えるのでしょうか?結論から言えば、熱が少ないと、身体の末端(手足)を温める余裕がなくなるからです。

私たちの体内では、内臓や筋肉の働きにより、常に熱が作られています。ところが何らかの原因で熱が足りなくなると、身体は中心部に熱を集めようとします。なぜなら中心には、重要な臓器が集まっているため。その結果、中心から遠い手足には血液が行き渡りにくくなり、手足が冷たいという症状につながるのです。

体内で作られる熱が少なくなる主な原因に、「栄養不足」と「筋肉量の低下」があります。それぞれの原因について、熱の産生量が少なくなるメカニズムを解説します。

※栄養不足

たとえば無理なダイエットで食事制限をしていると、熱を作るために必要な栄養を十分に補うことができません。野菜中心の食生活になると、熱を生み出すたんぱく質が不足します。効率よく熱を生み出す脂肪分も不足するので、ますます熱が生み出せません。

食欲のない女性

※筋肉量の低下

筋肉量が少ない場合も、体内で作れる熱が少なくなります。加齢によって筋肉量が減った方や、普段から運動不足で筋肉が衰えている方は、筋肉量の低下が原因かもしれません。特に女性の場合は元々、筋肉が少ない傾向がありますので注意が必要です。

2)作られた熱が、身体の末端まで届きにくい

体内で作られる熱が足りていても、手足が冷たい時もあります。それが「作られた熱が、身体の末端まで届きにくい」というパターンです。

体内で作られた熱は、血液の流れに乗って全身を巡り、体中を温めてくれます。しかし、何らかの原因でうまく血液が運ばれないと、末端である手足に熱が行き渡りにくくなり、手足が冷たいという症状につながります。

作られた熱が身体の末端まで届かない主な原因に、「自律神経の乱れ」「血流の悪さ」があります。個々の原因について、熱が末端まで届きにくくなるメカニズムを解説します。

※自律神経の乱れ

自律神経は、体温を調節するための指令を出しています。ところが自律神経が乱れると、体温調節機能もうまく働かなくなり、末端まで熱を届けにくくなります。過度なストレスや不規則な生活や睡眠不足などを自覚している方は、このパターンかもしれません。

こたつで寝る人

※血流の悪さ

血流の悪さも原因として考えられます。低血圧の方や、加齢によって血管壁が厚くなっている方などは、血行が滞りがちです。すると十分な血液が末端まで届きにくくなり、結果として手足の冷えにつながる可能性があります。

タイプ別!手足が冷たい原因の解消方法

手足が冷えるのは、そもそも熱の量が足りないからでしょうか?それとも、うまく末端まで届けられないからでしょうか?まずはご自身のタイプを見極めましょう。

栄養不足や筋肉量の低下を自覚しているなら、熱の産生量が足りていない可能性があります。食事を見直したり運動して筋力をつけたりすることが、手足の冷え改善の近道です。自律神経の乱れや血流の悪さなら、生活改善や血管へのアプローチが大切です。

手足が冷たいとお悩みの方を、以下のタイプに分けました。それぞれの冷え解消方法などについて、具体的に紹介します。

1)やせ型や無理なダイエットをしている方

やせ型で食が細い方や、無理なダイエットで食事制限をしている方は、手足が冷たい原因として栄養不足が考えられます。身体がどんどん熱を生み出せるように、食生活を見直すことが、おすすめの解消方法です。

特に積極的に摂りたいのが、熱を生むたんぱく質です。胃や腸で消化される過程で、たんぱく質は熱を生み出す材料になります。「ダイエット中だから」と、肉や魚などを極端に控えていませんか?意識して、たんぱく質を摂るようにしましょう。

2)加齢や運動不足で筋肉量が減っている方

年齢と共に手足の冷えを実感するようになった方や、日頃から運動不足を実感している方は、手足が冷たい原因として筋肉量の低下が考えられます。筋肉の材料となる良質なたんぱく質を摂取して、適度な運動と組み合わせることが、おすすめの解消方法です。

筋肉がつけば、熱を生みだすパワーも大きくなります。肉や魚、卵、大豆製品などから良質なたんぱく質を摂り、適度な運動をするよう心がけましょう。運動といっても、ハードな運動をする必要はありません。身体の中でも大きな筋肉がある下半身を、重点的に鍛えるのが効果的です。階段の上り下りやスクワットなどがおすすめです。

3)睡眠不足で、疲労やストレスが溜まっている方

普段から忙しくて睡眠時間が足りていない方や、慢性的に疲労やストレスを抱えている方は、手足が冷たい原因として自律神経の乱れが考えられます。生活習慣を見直して自律神経を整えてあげることが、おすすめの解消方法です。

過労により交感神経の緊張状態が続くと、自律神経のバランスが乱れるきっかけになります。毎日の中で意識的に、副交感神経が働くように工夫しましょう。

例えば、お風呂にゆっくり入る、お気に入りのCDを聴く、ストレッチで身体をほぐしてあげるなど、簡単なことで構いません。身体と心が休めるきっかけとなる信号を送るようにしてあげましょう。

4)低血圧の方や高コレステロールの食事を好む方

低血圧の方や高コレステロールの食事を好む方は、手足が冷たい原因として血行の悪さが考えられます。血管内をきれいにしたり末梢血管を広げたり、血の流れをスムーズにしてあげることが、おすすめの解消方法です。

ヌルヌルした水溶性食物繊維は、コレステロール排出を促す効果が期待できます。きのこや海藻類をたっぷり食べましょう。末梢血管を広げるには、ビタミンEが豊富なナッツ類やカボチャの他、にんにくも効果的だと言われています。

5)手足が冷たく、頭がのぼせる方

手足は冷えるのに、顔や頭だけがボーッと熱くなる「冷えのぼせ」の方は、手足が冷たい原因として自律神経の乱れが考えられます。

冷えのぼせというと更年期障害のホットフラッシュが有名ですが、実は自律神経の乱れからも冷えのぼせは起こります。乱れてしまったバランスを戻すことが、手足の冷えの解消方法です。交感神経が休めるように、リラックスする時間を作りましょう。

冷えのぼせの場合は、冷たい場所と熱い場所があります。しっかりと温めつつ、ほてっている箇所から上手に熱を逃がしてあげてください。太い血管が通っている首の後ろ側を、蒸しタオルなどで温めるのがおすすめです。顔や頭には風を通して冷ましましょう。

ただし蒸しタオルで温めても、一時的に症状をやわらげるだけ。自律神経の乱れによって体温調節機能が低下している状態ですから、自律神経自体へのアプローチが重要です。

手足の冷え、ポイントは自律神経!

一言で手足が冷たいと言っても、人によって原因はさまざま。カイロや靴下などで物理的に温めるだけでは、冷えはなくなりません。まずは原因を突き止めて、正しい解消方法を選ぶことが、手足の冷え改善への近道です。

数多い原因の中でも、特に重要なポイントになるのが自律神経です。自律神経の乱れから手足の冷えを招くケースは多く、若い女性によく見られる傾向があります。手足の冷えを訴えて医療機関を受診した方のうち、およそ8割が自律神経の乱れが原因だった…というデータもあるほどです。

職場のエアコンが寒い女性

特に秋は、夏の過剰なエアコンや冷たいものの飲みすぎなどによって、自律神経のバランスが乱れがちです。手足の冷えだけではなく、倦怠感や眠気、無気力やイライラといった症状も実感しているなら、自律神経のバランスが乱れているかもしれません。

冬になると、手足が冷たくなるとお悩みではありませんか?「毎年のことだから……」とあきらめていませんか?ぜひ一度原因を突き止めてみてください。

中高年の方でむくみもある場合、甲状腺機能低下症も疑われます。
気になる場合は、最寄りにある医療機関での相談をおすすめします。

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

1 2 3 4 5

10%オフ!定期購入コース

20%オフ!お得パック商品

ページトップへ