高血圧|健康コラム|太陽卵美健通販サイト

お電話でのご注文もお待ちしています!0120-497-962 受付:9:00~18:00(土・日・休み)

  • マイページにログイン
  • 新規会員登録(無料)
  • 商品一覧
  • お問い合わせ
  • 美健ホームページ
  • お試しサンプル
  • 定期コース
  • まとめ買い
  • 健康コラム
  • お客さまの声
  • ご利用ガイド

役立つ!健康コラム

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

加齢と共に増える悩みの一つが、病気の引き金にもなる高血圧。
厚生労働省によれば、日本人の約4,000万人が高血圧とか。
若い頃は血圧が正常だとしても、他人事とは言えません。

高血圧を引き起こす主な原因は、血管の老化現象にあります。
血管が老化によって硬く細くなるため、血圧が上昇します。

高血圧予防には、スムーズな血流と血管の健康が欠かせません。
太陽卵卵黄油黒にんにくに含まれる卵油は、血流を良くして、
血管内を健康に保つ効果が期待できるってご存知ですか?

卵油とは、卵黄の栄養分が詰まった卵黄エキス

卵油とは、卵の黄身を長時間炒ることで抽出したエキスのこと。
その歴史は古く、奈良時代から健康食品として愛用されてきました。

卵油の見た目は真っ黒で、どろりとした粘り気があるのが特徴。
手間暇かけ炒り上げることで、卵黄の有効成分が凝縮されています。
卵油とはつまり、「卵黄の栄養分が詰まった卵黄エキス」なんですね。

卵黄油

卵黄の栄養をさらにぎゅっと凝縮した健康食品「卵黄油」

卵油に多く含まれている栄養素は次の通り。

  • ・レシチン
  • ・リノール酸
  • ・オレイン酸

これらの栄養素こそが、卵油を構成する主成分であり、
高血圧予防に役立つ貴重な栄養素といえます。

ココがスゴイ!卵油が高血圧予防に役立つ理由

それぞれの栄養素がどんな特長を持ち、効果効能があるか、
高血圧予防という観点から、一つずつ詳しく見てみましょう。

1:血管壁のコレステロールを溶かす「レシチン」

レシチンは別名「ホスファチジルコリン」とも呼ばれ、脂質の一種です。
私たちの体内では、細胞膜を作る材料として使われる重要な栄養素で、
中でも脳や神経組織の中に多く含まれていることが分かっています。

卵油が高血圧予防に役立つ理由は、レシチンの乳化作用。

乳化作用とは、水と油をくっつける作用のこと。
普通であれば水と油は混ざり合わず、分離してしまいます。
ところが乳化作用を持つレシチンがあれば、水と油が混ざります。

つまり、レシチンの乳化作用があるおかげで、
細胞内に溜まった不要な老廃物を排出できるんです。
血管内では、レシチンが血管壁に溜まったコレステロールを
溶かして排出し、血管の若さを保つことに一役買ってくれます。

なお、レシチンは卵黄・大豆・ピーナッツなどに含まれていますが、
含有量で比べるなら、卵黄がもっとも多くのレシチンを含んでいます。

そのため、高血圧予防のために効率的にレシチンを摂取するなら、
卵黄の栄養分がさらに凝縮した卵油を利用するのがオススメ。

2:血中のコレステロール値を下げる「リノール酸」

リノール酸とは、植物油の主成分である脂肪酸の一つです。
紅花油やひまわり油などに多く含まれていることが知られています。

リノール酸が話題になったのは、1950年代後半に発表された、
アメリカでの研究結果がきっかけでした。この研究によって、
「リノール酸にはコレステロール値を下げる効果がある」
ということが明らかになったのです。

コレステロール値の上昇は、高血圧の引き金となります。
逆にレシチン摂取でコレステロール値を正常に保つことができれば、
高血圧予防として期待できるということです。

リノール酸は私たちの健康に不可欠な脂肪酸ですが、
残念ながら、人間の体内では作り出すことができません。
そのため、食事やサプリメントなどで摂取する必要があります。

3:悪玉コレステロールを減らす「オレイン酸」

オレイン酸もリノール酸と同じく、植物油に含まれる脂肪酸の一種。
オリーブ油や紅花油・ひまわり油・菜種油などに多く含まれています。

オレイン酸が注目を集めるようになったきっかけは、
1960年代、世界各国の食生活と病気に関する調査でした。

同調査で、地中海沿岸の国々は他のヨーロッパ諸国と比べ、
心臓疾患を原因とする死亡率が低いことが明らかになりました。
その原因が、地中海沿岸で多用されるオリーブオイルだったのです。

オレイン酸には、過剰に増えてしまった悪玉コレステロールを減らし、
血液をきれいにすることで、動脈硬化など生活習慣病を予防してくれます。

つまり、オレイン酸が減らすのは、あくまで悪玉コレステロールだけ。
卵油を活用してオレイン酸を意識的に摂れば、血管内の健康を保ち、
高血圧予防に役立つことが期待できるというわけです。

卵油を摂るなら黒にんにく卵黄油サプリメント

まとめると、卵油が高血圧予防になる理由は次の通り。

  • ・コレステロール値を下げて、血液の流れを良くする
  • ・血管壁に付着したコレステロールを溶かし、きれいに!
  • ・血中の悪玉コレステロールを減らし、血液をきれいにする

卵油には、高血圧予防に役立つ効果効能が期待できます。
高血圧のリスクが上がる中高年の方は、ぜひ役立てましょう。

ただし、卵油は特有のにおいがあり、そのままでは飲みにくいため、
黒にんにく卵黄油など、手軽なサプリメントで摂るのがオススメです。

太陽卵卵黄油黒にんにくは、自然豊かな長崎の自社養鶏場で育った、
栄養豊富な自然卵・太陽卵から卵油を抽出しているため、
さらに、卵油による高血圧予防も期待できますよ。

高血圧予防に役立てたい方は、ぜひご活用くださいませ。

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

凍えるような冬、一日を締めくくる温かいお風呂は幸せですね。

ただ、寒い冬はヒートショックの危険性と隣り合わせ。
脱衣所や浴室を温めたり、適切な湯温に設定したりして、
日本人の多くが好きなお風呂を安全に楽しみたいものです。

ヒートショックが高齢者の入浴時に起こりやすい主な理由や、
冬の習慣として心がけたいヒートショック対策をお伝えします。

寒い冬に集中するヒートショック

寒さに身も縮む頃、テレビの報道番組でし耳にするのが、
高齢者の入浴時に起こったヒートショックの事件ですよね。

残念なことに毎年多くの方、特に65歳以上の高齢者の方々が、
ヒートショックによる心筋梗塞や脳梗塞などで命を落としています。

消費者庁の資料によれば、ヒートショックを含む入浴中の事故で、
命を落としてしまった数は、なんと年間1万9千人(平成25年度)
その時期は冬に集中し、12月から2月だけで半数を占めています。

溺死によって命を落とす方のうち、約9割が65歳以上の高齢者で、
75歳以上の年齢層で増加するため、高齢者の入浴は注意が必要です。

入浴時に多いヒートショックとは

ヒートショックとは、温度差によって生じる肉体的ショック症状のことです。
特に高齢者は体力が衰えがち。冬場の急激な温度変化についていけません。
そのため高齢者による入浴時のヒートショックが多発してしまうのです。

急激な温度変化が問題なのは、血圧に悪影響を及ぼすため。
暖かい部屋から寒い脱衣所で服を脱げば、血管は驚いて縮みます。
血管が縮むということは、つまり「血圧が上がる」ということですね。

鳥肌を立てながら冷え切った浴室に入れば、さらに血圧は上がり、
その状態で熱いお湯につかれば、もっと血圧が上昇します。

風呂場でふるえる老人

ところが、ぐんぐん血圧が上がるのはここまで。次は下がり出します。
身体が温まり始めると血管が広がって、血圧が下がり始めるのです。

このような血圧の乱高下は、思いのほか血管に負担をかけます。
困ったことに、その影響は脳や心臓などに及ぶということも。

そのため、失神を起こして高齢者が浴室で転倒してしまったり、
心筋梗塞や脳梗塞など、重大なダメージを受けてしまいます。

ヒートショックの原因は温度差!

ヒートショックの原因は、ずばり「大きすぎる温度差」
そのため、入浴による高齢者のヒートショックを防ぐには、
温度差の負担をなくすということが大きなポイントとなります。

消費者庁で行ったアンケート調査では、冬の寒い日でも、
浴室や脱衣所の防寒を行っていない人が36%もいたのだとか。

高齢者のご家族がいる方は、「きっと大丈夫」と過信するのではなく、
冬場の防寒対策をしているかどうか、気にかけてあげてくださいね。

ヒートショック防止のためにも、温度差の負担をなくしましょう。
入浴時に高齢者が、特に心がけたいポイントは下記になります。

1)脱衣所を事前に温めておく

一つ目のポイントは「脱衣所を事前に温めておく」ということです。
小型ヒーターなど暖房器具を脱衣所に設置して、温めておきましょう。
脱ぐ際の温度差を解消することで、急激な寒さを防ぐことにつながります。

脱衣所は、温かい部屋から最初に移動する場所ですし、
着ていた衣服を脱ぎ、体温が急激に下がる場所でもあります。
ぜひ入浴前に温めることを、毎日の習慣にしておいてくださいね。

2)浴室を事前に温めておく

二つ目のポイントは「浴室を事前に温めておく」ということ。
浴室暖房乾燥機などを使って、事前に温めるようにしてください。

ない場合は、後付けできるタイプの浴室暖房乾燥機もありますし、
シャワーをうまく使って、浴室を温めるという方法もあります。

湯船にお湯をためる際に、シャワーを高い位置に設置して、
その状態で給湯しましょう。湯気で浴室が温まります。

3)湯温はぬるめの41度までに設定する

三つ目のポイントは「湯温はぬるめの41度までに設定する」こと。
寒いときは熱めのお風呂に入りたくなりますが、温度が高すぎると
身体に負担がかかって、ヒートショックを引き起こす原因になります。

消費者庁では湯温を「41度以下」にするように呼びかけています。
寒いからと言って、高すぎる温度にならないよう、気をつけてください。

特に、一番風呂の場合は、湯温が高くなりがちです。
なるべく一番風呂を避けるようにすることも大切です。

高血圧の方は特に注意が必要です

高齢者の入浴時に多いヒートショックは誰にでも起こり得ます。

特に、高血圧の方は、温度差が大きな負担となるため要注意です。
今回ご紹介したポイントを意識して、冬のお風呂を楽しんでください。
くれぐれも晩酌した直後にすぐ入浴するようなことは避けてくださいね。

また、入浴の仕方だけではなく、高血圧そのものにも気をつけましょう。
たとえ、高血圧の自覚がなくても、健康診断で指摘されたら注意が必要。

「まだ薬は飲みたくないけれど、高血圧対策をしないと」という方は、
血管の健康をサポートする黒にんにく卵黄油サプリがおすすめです。
原料である黒にんにくと卵黄油には、次の効果が期待できます。

  • ・黒にんにく …… アリシンが血を固まりにくくし、血栓を溶かす
  • ・卵黄油 ………… 血管壁にこびりついている脂肪分をこそげとる

黒にんにくと卵黄油はどちらも、自然素材でできているため、
薬のような副作用を心配することもなく、ご利用いただけます。

とかく寒い冬の季節、入浴時のヒートショックを避けるためにも、
ぜひ高血圧対策をして、温かく幸せなお風呂を楽しんでくださいね。

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

健康診断で血圧を測ったところ、少し高めですね…と、
言われた経験をお持ちの方もおそらく多いことでしょう。

高血圧のことは知っていても、いざ高めと言われて初めて、
血圧の正常値ってどのくらい?と思われる方が多いのでは?

一般的に40代を過ぎると、高血圧リスクが一気に高まります。
高血圧を予防するためにも、まずは血圧の正常値を把握しておき、
普段からこまめに家庭用血圧測定器などで数値をチェックしましょう。

血圧の正常値は?

血圧が正常ということは、高血圧や低血圧ではないということ。
特に、高血圧かどうかを診断する際、ポイントとなる数字は以下。

  • ・収縮期血圧 …… 140㎜Hg以上
  • ・拡張期血圧 …… 90㎜Hg以上

もし、一方だけでも当てはまるようなら、高血圧ということです。
たとえば、「収縮期120mmHg、拡張期100mmHg」の場合。
120mmHgであれば、収縮期血圧の数字に問題ありません。

ただし、拡張期血圧が100mHgであれば、基準値より高め。
高血圧ということになりますが、一度出たからと言って、
すぐに、高血圧と診断されるわけではありません。

繰り返し測定してみて、高い値が続くようであれば、
はじめて「高血圧」と診断されることになります。

健康診断で高血圧と言われたら?

健康診断で高血圧と指摘されたら、数値を見てみましょう。
高血圧はその度合いによって、I度からIII度に分けられます。

  • ・I度高血圧 …… 140~159mmHg かつ/または 90~99mmHg
  • ・II度高血圧 …… 160~179mmHg かつ/または 100~109mmHg
  • ・III度高血圧 …… ≧180mmHg かつ/または ≧110mmHg

参考:日本高血圧学会「高血圧治療ガイドライン2014」

これらの数値より低ければ、高血圧ではありませんが、
130~139mmHg かつ/または 85~89mmHgの場合は、
高血圧の一歩手前、いわゆる「高血圧予備軍」ということ。

血圧を測っている男性

高血圧そのものには、自覚症状はあまりありません。
ただし知らないまま放置すると、心筋梗塞や脳梗塞など、
生命に関わる合併症を引き起こす原因になってしまいます。

合併症を予防するためにも、普段からこまめに血圧をはかり、
血圧がどれぐらいなのかを把握しておくことが大切です。

ご家庭での血圧測定はメリットがいっぱい!

血圧を頻繁に測定するのは、面倒と思う方も多いでしょう。
健康診断だけで十分では……と考えてしまうかもしれません。

ご家庭での血圧測定には、メリットが多くあります。
たとえば、国立循環器病研究センターのホームページでも、
具体的なメリットを挙げ、自宅での血圧測定をすすめています。

※家庭血圧測定の利点

  • ・白衣効果や偽薬効果がない
  • ・日常生活における血圧が分かる
  • ・自覚症状と血圧との関係が分かる
  • ・測定回数が多く、信頼性や再現性が高い
  • ・高血圧治療への意識の高まりが期待できる
  • ・薬物治療や生活習慣修正の効果判定に優れる
  • ・高血圧による心臓や血管の障害に強く関連する

引用:国立循環器病研究センターホームページ「血圧の話」

ここに挙げられている白衣効果とは、病院で白衣を見て、
測定することでストレスを感じ、一時的に血圧が上がること。

たとえ、病院などで測ったときは、高血圧の状態であっても、
自宅でリラックスして測ると正常値であることも多々あります。
正確な血圧を知るためにも、ご家庭での血圧測定を心がけましょう。

家庭用の血圧測定器の選び方

では、どのような血圧測定器を用意すればいいのでしょう?
近年では、家庭用の血圧測定器もたくさん販売されています。
家電量販店や通販などで売られていますので、調べてみましょう。

家庭用の血圧測定器には、大きく分けて次があります。

  • ・上腕式 …… 上腕部で測定するタイプ
  • ・手首式 …… 手首で測定するタイプ

一般的には、上腕式のほうがより精度が高いと言われ、
多くの医師がおすすめしているのは、上腕式の血圧測定器。
なるべく正確に測るなら、上腕式を選んだほうが良いでしょう。

ただし、手首式のほうが手頃な価格で販売されており、
小型のため、旅行先にも持って行きやすい点も特徴です。
この辺は予算や使い方に合わせ、最適なものを選びましょう。

なお、上腕式の血圧測定器はさらに、次のタイプに分けられます。
手軽さなら、腕を入れるだけで測定できる全自動タイプがおすすめ!

  • ・腕帯巻きつけ …… カフ(腕帯)を自分で上腕部に巻くタイプ
  • ・全自動タイプ …… 本体と一体化したカフに腕を通して測定する

血圧は「毎日2回測定」が理想です!

家庭用の血圧測定器は、基本的に毎日使うことが理想です。
できれば、朝晩2回程度、血圧を測るようにしましょう。

朝測るなら起きてすぐ、夜は就寝前の時間がベスト。
枕元に血圧測定器とメモ用紙や筆記用具を置いておくと、
無理なくさっと血圧を測ることができますので、おすすめ。

食欲のない女性

また、日中などであっても、頭痛や倦怠感・めまいなど、
いつもと違うような症状を感じたら、血圧を測りましょう。

高血圧というものは自覚症状があまりないのが特徴ですが、
まれに頭痛や倦怠感、めまいなどの症状があらわれます。
そのときの血圧を測り、メモしておきましょう。

血圧が高めの状態が続くなら?

血圧が高めの状態が続く場合や、頭痛や倦怠感など、
症状があらわれたときに血圧の数値が上がっているなら、
まず医療機関に行き、医師の診断を受けるようにしましょう。

高血圧予備軍の場合は、生活習慣改善のアドバイスを受け、
主に食生活などの見直しを行うことからスタートします。

さらに症状が進むと、降圧剤を使った治療を行うことになります。
ただし、降圧剤は原則として、長期にわたって服用するため、
多くの方が心配するのが、「降圧剤の副作用」でしょう。

すべての方に副作用が出るというわけではありませんが、
飲み始めると、飲み忘れなども気にしなくてはなりません。
高血圧にならないよう、しっかりと予防することが大切です。

健康診断で高血圧と言われたら、血圧測定器を準備しましょう。
毎日2回ずつ測定して、血圧が正常かどうかをチェックし、
塩分量は「1日6gまで」を心がけてください。

予防には、高血圧対策サプリもおすすめ!

さらに、必要に応じて活用したいのが、高血圧対策サプリメントです。
さまざまな高血圧対策サプリがありますが、黒にんにく卵黄油は、
高血圧に有効とされる2つの素材からできています。

黒にんにく卵黄油

  • ・黒にんにく …… アリシンが血を固まりにくくし、血栓を溶かす
  • ・卵黄油 ………… 血管壁にこびりついた脂肪分をこそげとる

黒にんにくと卵黄油はどちらも、自然素材でできているため、
薬のような副作用を心配することもなく、ご利用いただけます。

40代~50代など、中高年になって高血圧が少し気になりだした方や、
健康診断で血圧が高めと指摘された方は、早めの対策をオススメします。
まずはぜひ「太陽卵卵黄油黒にんにく」お試しサンプルをご利用ください。

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

1 2

黒にんにく卵黄油
初回限定!10%オフの実感コース

ページトップへ