夏|健康コラム|太陽卵美健通販サイト

お電話でのご注文もお待ちしています!0120-497-962 受付:9:00~18:00(土・日・休み)

  • マイページにログイン
  • 新規会員登録(無料)
  • 商品一覧
  • お問い合わせ
  • 美健ホームページ
  • お試しサンプル
  • 定期コース
  • まとめ買い
  • 健康コラム
  • お客さまの声
  • ご利用ガイド

役立つ!健康コラム

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

暑さで夏バテ気味になると、食欲が落ちてしまいますね。
でも食欲がないからと、冷たいそうめんばかり頼るのは危険!
栄養バランスが崩れ、ますます夏バテ症状が加速します。

夏バテ予防に役立つ栄養素や、夏バテに効く食べ物を紹介します。

夏バテ予防に摂りたい栄養素は

夏バテ予防や解消には、夏に不足しがちな栄養補給が大切。
たとえば身体を作るたんぱく質や、汗で失われるミネラル類、
疲労回復を助けるクエン酸なども、しっかり摂りたい栄養素です。

1)身体の材料になる「たんぱく質」

たんぱく質は、私たちの身体を作る大切な栄養素の一つです。
筋肉はもちろんのこと、血液もたんぱく質が材料ですよね。
健康な身体を保つには、たんぱく質が欠かせません。

ところが夏バテで食欲が落ちると、つい麺類など炭水化物中心に。
肉や魚といった、メインのおかずを食べない方も多いのでは?

メインのおかずには、たんぱく質がたっぷり含まれています。
夏バテかも…と感じたら、たんぱく質を十分摂りましょう。

2)スタミナアップに役立つ「ビタミンB1」

ビタミンB1も、夏バテに効く栄養素の代表選手です。
糖質を分解してエネルギーに変える働きがあり、
夏の暑さを乗り切るスタミナアップに欠かせません。

甘い物やお酒が好きな方は、ビタミンB1が不足しがちです。
なぜなら、糖質を分解するためにビタミンB1を消費するため。

また、ビタミンB1は水に溶ける性質を持っているので、
激しい運動をする方も、汗をかくことで流れ出てしまいます。
ぜひ意識的に、ビタミンB1を摂ってくださいね。

3)疲労回復を助ける「クエン酸」

夏バテ対策といえば、クエン酸もよく知られていますよね。
クエン酸は、食べ物が体内でエネルギーに変わる過程、
いわゆる「クエン酸回路」で必要となる、大事な栄養素の一つ。

倒れるサラリーマン

クエン酸が十分にあれば、スムーズにエネルギーが作られます。
でも逆にクエン酸が不足すれば、エネルギー生産が滞ることに。
疲れ知らずの身体にするためにも、クエン酸を摂りましょう!

4)だるさ解消を助ける「カリウム」

大量の汗をかくと、水分と一緒にミネラルも流れ出てしまいます。
失ったミネラルを補わなければ、だるさの原因になってしまいます。

汗に含まれるミネラルというと、まず思いつくのが塩分では?
近年では、塩分を手軽にチャージできるタブレットも増え、
汗をかいたら塩分を…と心がけている方も多いでしょう。

でも忘れてはいけないのが、カリウムも失われているということ。
カリウムは過剰な塩分の排出を助け、むくみ改善効果が期待できます。
夏のだるさを防ぐには、カリウムも忘れずに補ってくださいね。

夏バテに効くオススメの食べ物

続いて、夏バテに効く食べ物を見てみましょう。

1)スタミナアップに大活躍の「豚肉」

夏バテに効く食べ物で、まず紹介したいのが豚肉です。
豚肉は、スタミナアップに欠かせないビタミンB1の宝庫です。
しかも、たんぱく質も同時に摂れて一石二鳥ですね!

ビタミンB1は、にんにくやネギなどアリシンを含む食べ物と
一緒に摂ると、吸収率がアップするのでおすすめです。

ただし豚肉は脂分も多いため、胃腸が弱っているときには、
かえって負担をかけることもあります。
胃腸機能が下がっているときは、食べすぎは控えましょう。

2)昔ながらの滋養強壮食「うなぎ」

夏バテに効く食べ物といえば、うなぎも定番ですね。
豚肉と同じく、たんぱく質とビタミンB1を豊富に含んでおり、
夏バテで弱った身体を元気にしてくれるお助け食材です。

うなぎといえば、7月の土用の丑の日でもおなじみ。
暑さが厳しくなる夏場にうなぎを食べるのは、
栄養学的にも理にかなっていることです。

うなぎの蒲焼

うなぎを食べるなら、ふっくらと温め直したいもの。
電子レンジを使うなら、お酒をまんべんなくふりかけます。
ラップをふんわりかけることも、大事なポイントです。

フライパンで温める場合も、お酒を少しずつふりかけます。
蓋をして蒸し焼きにする感覚で、温めてくださいね。

なお、うなぎも豚肉と同様に、脂肪分を含む食べ物です。
夏バテで胃もたれがする方は、食べすぎは控えましょう。

3)胃の働きを良くする「梅干し」

夏バテに効く食べ物といえば、梅干しも忘れてはいけません。
梅干しに豊富に含まれるクエン酸は、胃液の分泌を促し、
弱ってしまった胃の働きを良くする効果が期待できます。

しかも、汗をかくことで失われる塩分も含んでいるので、
梅干しは熱中症対策にも役立てたい食べ物の一つです。

でも「酸っぱさがちょっと」という方も多いですよね。
はちみつ梅干しなら、ほんのり甘さがあって食べやすく、
梅干しが苦手な方にもおすすめです。ぜひお試しください!

4)口当たりがよく食べやすい「豆腐」

夏バテに効く食べ物、次に紹介するのは豆腐です。

暑くて食欲がないときは、食べること自体がおっくうになりがち。
つるりと口当たりの良いものなら、食べやすいですよね。
豆腐なら柔らかくて口当たりが優しく、冷やして食べられます。

良質な植物性たんぱく質をたっぷりと含み、ビタミンB1も豊富。
ぜひ夏バテに効く食べ物として、役立てたいものですね。

5)完全栄養食品の「卵」

夏バテに効く食べ物が卵と聞くと、意外かもしれません。

卵はご存じの通り、たんぱく質が豊富な食材です。
しかも、健康に欠かせない必須アミノ酸がバランス良く含まれ、
アミノ酸スコアはなんと、満点の100点なんです!

卵の黄身

卵が優れているのは、たんぱく質だけではありません。
各種ビタミンやミネラル類なども充実しており、
「完全栄養食品」とも呼ばれるほど、栄養豊富です。

卵は手軽で調理法も多く、朝昼晩いつでも食べやすい食材です。
たとえば、うなぎと組み合わせて「うな卵丼」にしたり、
出汁を染み込ませた豆腐で「豆腐の卵とじ」を作ったり。

上手に卵を活用して、たんぱく質を補給してあげましょう。

6)身体の余分な熱を取り除く「キュウリ」

夏バテに効く食べ物として、キュウリも役立てましょう。

暑い夏に旬を迎えるキュウリは、とにかく水分が豊富!
なんと、水分が95%以上も占めるほど、みずみずしい野菜です。
しっかりとキュウリを食べて、身体のほてりを冷ましましょう。

しかもキュウリには、カリウムもたっぷり含まれています。
エアコンの冷えなどでむくみが気になる方にもぴったりです!

新鮮なキュウリを選ぶなら、色や表面のとげがポイントです。
スーパーや八百屋の店頭では、緑色の濃いものを選びましょう。
表面にしっかりしたとげがあれば、新鮮な証です。

水分がたっぷり含まれた、美味しいキュウリを選んでくださいね。

7)パイナップル

夏バテに効く食べ物として、最後に紹介するのはパイナップルです。
甘い果汁が溢れる美味しさは、南国ならではの味わいですね。

パイナップルの魅力は、トロピカルな美味しさだけではありません。
パイナップルには、余計な塩分を排出するカリウムが豊富!
しかも、ビタミンB1もたっぷり含まれています。

パイナップルを食べるなら、実は肉類を食べた後がおすすめ!
酢豚にパイナップルが入っていることがありますよね?
あの組み合わせには、ちゃんとした理由があります。

パイナップルには、たんぱく質を分解する酵素が含まれており、
肉を柔らかくして消化を助け、胃にかかる負担を軽くしてくれます。

独特の酸味が食欲もアップさせるので、夏バテにも対策にぴったり!
食後のデザートとして、パイナップルをお試しくださいね。

無理に食べるのは負担な場合も

ここまで、夏バテに効く食べ物を紹介してきました。
夏に不足しがちな栄養素を、しっかり補給してあげましょう。

ただし、夏の身体を元気な状態に保つためには、
場合によっては食べることが負担になるケースもあります。
食事を抜いたり、極端に減らしたリすることは、もちろん危険。
でも胃腸が弱っているときに無理やり食べると、逆効果になることも。

「なんだか胃腸の機能が低下しているな」と感じたら、
高カロリーのものや冷たいものは避け、腹八分目にしましょう。
なるべく温かく、消化の良いものを選んで食べることも大切です。

また、夏バテになるのは、高温多湿の環境に対応するために、
自律神経がフル稼働し、バランスが乱れていることが原因です。

夏バテ解消や予防には、もちろん栄養補給は大切!
でも、自律神経を整えることも同時に意識しましょう。

黒にんにく卵黄油には、自律神経を整える効果が、
期待できる良質な卵黄油がたっぷりと含まれています。

「にんにくって胃に刺激が強そう」と思うかもしれませんが、
黒にんにくは熟成発酵させたことで、とてもマイルドです。
気になる方はぜひ一度、当店の商品をお試しくださいね。

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

なぜか夏風邪は長引く……と感じたことはありませんか?
決して気のせいではありません。夏風邪は治りにくいのです。

夏風邪が長引く理由や正しい治し方、そして予防法を知り、
今年こそは夏風邪をこじらせないようにしましょう!

夏風邪が長引く理由を3つ解説!

風邪というと、寒い冬にひくものというイメージがありますが、
実は夏にひく「夏風邪」のほうが期間も長引くため大変です。
夏風邪の症状が長引く主な理由を3つ見てみましょう。

1)そもそも風邪には特効薬がない

そもそも、風邪には特効薬がないというのが大きな理由です。
風邪の原因のうち、約90%はウイルスと言われています。

いわゆる、ウイルス性の風邪の場合、インフルエンザと違い、
効果が期待できる即効薬なく、細菌と戦ってくれる抗生物質も、
風邪には効きません。夏風邪は自然治癒力で治すしかないのです。

しかも、夏風邪の原因となるウイルスは、
大半がおなかの中でどんどん増殖するタイプです。
そのため、便と一緒にウイルスを排出するには時間がかかります。
だから、夏風邪が治るまでの期間は一般的に長引いてしまうんですね。

2)夏は免疫力の低下でウイルス排出が遅い

夏風邪が長引く理由の二つ目は、免疫力低下と関係しています。
そのため、ウイルスの排出にますます時間がかかってしまいます。

夏は暑い日々が続き、免疫力が低下しやすい時期。
クーラーの当たりすぎや、寝苦しさによる睡眠不足、
暑さによる食欲不振……誰もが経験したことがあるはず。

職場のエアコンが寒い女性

夏風邪の症状から回復する際には、ウイルス排出が欠かせません。
のどの痛みをはじめ、夏風邪の症状を対症療法で和らげながら、
ウイルスが身体の外に排出されるのを待つしかないのです。

ところが、免疫力低下によって体力が落ちると、その力が鈍ります。
すると、夏風邪が長引くという結果につながってしまいます。

3)夏風邪はウイルスの種類が多い

夏風邪が長引く理由の三つ目は、ウイルスの種類の多さです。
引き起こす原因は、アデノウイルスやエンテロウイルス、
コクサッキーウイルスなどといったウイルスです。

たとえば「エンテロウイルス」と言っても、あくまで総称。
エンテロウイルスと呼ばれるウイルスだけでも、多くあります。
ウイルスの種類が多いため、何度も夏風邪にかかる可能性も……。

「夏風邪が長引く」「夏風邪の症状が続く」と感じている場合、
実は、違う夏風邪にかかっている可能性もあるというわけですね。

夏風邪と冬風邪、症状の違いは?

夏風邪と聞くと、夏に引く風邪と思ってしまいがちですが、
冬に引く風邪とは原因ウイルスも違いますし、症状も違います。

夏風邪の代表選手ともいえるのが、プール熱や手足口病です。
子どもの間で流行する病気ですが、大人にもうつります。

特に大人は重症化するので、夏風邪の原因や症状について、
正しく理解しておくことが重要ですね。夏風邪と冬風邪、
それぞれの主な原因や症状の違いは次の通りです。

  • ※夏風邪
  • ・原因 …… アデノウイルス・エンテロウイルス・コクサッキーウイルス
  • ・症状 …… くしゃみ・鼻水・鼻づまり・のどの痛み・発熱など
  • ※冬風邪
  • ・原因 …… コロナウイルス・RSウイルス・インフルエンザウイルス
  • ・症状 …… 発熱、腹痛、下痢、のどの痛みなど

冬は寒くて乾燥した環境を好むウイルスが増えますが、
夏の場合は気温も湿度も高い環境を好むウイルスが増えます。

原因となるウイルスが違うため、それぞれの主な症状も違います。
夏風邪の症状で特に気をつけたいのが「下痢」と「のどの痛み」です。

病気で頭を冷やしている人

下痢が起こるのは、ウイルスを排出しようとする作用ですが、
無理やり止めると、夏風邪が長引く原因にもなりますので、
自己判断で勝手に下痢止めなどを飲むのはやめましょう。

また、夏風邪はのどの痛みを引き起こす傾向があります。
食べ物がのどを通らなくなると、ますます体力が低下します。
刺激が少なく、なおかつ適切な栄養を補う食事が大切です。

夏風邪の正しい治し方とは?

夏風邪の原因となるウイルスには、即効性のある薬はありません。
自然治癒力で治りやすくすることが、夏風邪の治し方の基本。
夏風邪の正しい治し方のポイントについてお伝えします。

1)睡眠と対症療法で体力を回復

夏風邪を治すには、まずは安静第一。しっかり睡眠をとりましょう。
必要に応じて、のどの痛みを抑える薬やたんを出しやすくする薬など、
症状をやわらげる薬を飲みながら、体力の回復を助けることも大切です。

気になる症状があったら、早めに医療機関を受診しましょう。

2)こまめに水分補給を行うこと

下痢をしているときは脱水症状になる可能性もあるため、
こまめに水分補給することも、夏風邪の治し方のポイント。

氷が入った冷たい飲み物や、糖分たっぷりのジュースは避け、
常温のお茶や水、スポーツドリンク、経口補水液を飲みましょう。

熱が出たときは汗をかいて治すという方はいませんか?
汗のかきすぎも、脱水症状を招く原因になってしまいます。
極度に汗をかかないように、くれぐれも気をつけてください。

しかも、夏風邪の原因となるウイルスは湿度が大好きですから、
汗で布団が濡れてしまうと、ウイルスの増殖につながります。
シーツをこまめに変えたり、湿気防止マットを敷いたり、
過剰な湿気が溜まるのをしっかり防ぐことも大切です。

3)のど越しいい食べ物で栄養補給

体力の回復を助けるためには、栄養補給も大切です。
とはいえ、のどが痛かったり、おなかの調子が悪いと、
普段のように食事をとることは少しむずかしいものです。

のど越しが良く、身体に優しい食事をとるようにしましょう。
卵がゆや卵豆腐、卵スープは良質なたんぱく質が摂れて、
のどにも負担をかけず、消化も良いのでおすすめです。

夏風邪に役立つ予防法は?

夏風邪にかかるのは、ウイルス感染が主な原因です。
予防には、手洗いやうがいを徹底することも大切ですが、
日頃から「免疫力を上げておく」ことが最大のポイントです。

クーラーに当たりすぎていると、自律神経のバランスが乱れ、
体内の調整器官である免疫力が低下する原因となってしまいます。

会社や電車内など、冷えた部屋にいる時間が長い場合などは、
靴下を履いたり薄手の上着を羽織ったり、冷えすぎを防ぎましょう。

また、免疫力のカギを握るのが、免疫細胞の6~7割が集中し、
最大の免疫器官と言われる腸、普段からスムーズなお通じを心がけ、
腸内環境を良好に保っておくことも、夏風邪の予防で大事なポイント。

ちなみに、弊社の黒にんにく卵黄油サプリメントには、
免疫力アップにつながる栄養素が豊富に含まれています。
また、卵黄油には、体内にこびりついた脂肪分をはがし取り、
体外に排出する働きも期待できますので、ぜひご活用ください。

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

厳しい暑さが続く夏は、知らない間に疲れが溜まりやすい季節。
寝苦しさによる睡眠不足や、冷たい物による胃の疲れなど、
疲労感や倦怠感に悩まされる人が多く増えます。

夏場の疲労回復には、伝統的な滋養食・にんにく卵黄サプリがおすすめ。
にんにく卵黄サプリが疲労回復に効く理由や、選び方など紹介します。

要注意!疲れは身体からの重要なサインです

疲労は痛みや発熱と並び「生体の3大アラーム」と呼ばれており、
身体からの「そろそろ休んでほしい!」という重大なサイン。
疲労は病気でありませんが、病気と同じく注意が必要。

そのサインを放置したままにすれば、さらに疲労は蓄積し、
免疫機能が低下し、風邪などの病気にかかりやすくなります。

大切なことは、アラームを感じた時点で早めに対応すること。
さらに「疲労を溜め込まないようにすること」も大切です。

とはいっても、痛みや発熱と比べると、疲労は分かりにくいもの。
忙しい毎日を送っていると、余計に気づきにくいのが難点です。

疲れが溜まっているかどうかが分からない場合は、
「朝起きたときに疲れがとれているか?」をチェック!

疲れが溜まらず健康体で、十分な睡眠をとって休養すれば、
心身ともに回復し、一夜明ければスッキリしているはずです。

なぜなら睡眠中に分泌される成長ホルモンが、細胞を修復・再生。
本来は、起きた瞬間から身体はスムーズに動き、頭も回転し始めます。
朝から身体が重く、気持ちも晴れないなら、疲れが溜まっている証拠です。

なぜ?夏場に疲労が溜まってしまう原因とは

では、なぜ夏場になると疲れを溜め込みやすくなるのでしょう?
夏に疲れを感じやすくなる原因には、次のようなものがあります。

  • ・食欲がないため、十分な栄養が摂れていない
  • ・夜暑いと寝苦しくて、睡眠不足になってしまう
  • ・エアコンの効いた部屋でも薄着をし、身体が冷える
  • ・室内外の気温差が激しくて、身体がストレスを感じる
  • ・手軽にシャワーで済ませる日が増え、血液循環が悪くなる

夏場の疲労は当然ながら、暑さが原因となって溜まります。
上手にエアコンを使いながら、身体の負担をなくしましょう。

また、冷えすぎも疲労を溜め込む原因になりますから、要注意。
外出時はさっと羽織れるものを持ち歩いたり、晩はシャワーでなく、
しっかり湯船につかったりして、冷えも同時に解消してあげましょう。

さらに、栄養不足が夏の疲労に追い打ちをかけてしまう要因です。
食欲がないからと食べないと、疲労回復のチャンスがあっても、
身体がついていかず、疲れをさらに溜め込むことになります。

夏の疲労回復に役立つ栄養を補給して、疲れの原因を取り除きましょう。

夏の疲労回復に!積極的に摂りたい栄養素を紹介

バランス栄養食は重要ですが、とりわけ欠かせない栄養が以下。

  • ・ビタミンB1 …… 疲労回復ビタミン、エネルギー作りをサポート
  • ・アミノ酸  ……… 身体の土台を作り、筋肉の修復にも役立つ
  • ・クエン酸  ……… 疲れの原因物質を分解してくれる

特に重要なのが、ビタミンB1。水に溶ける性質を持つビタミンのため、
夏になると汗ととともに流れ出し、不足気味になる方が多いため。

ビタミンB1は、糖質からエネルギーを取り出す際に欠かせない栄養素。
どんなにエネルギー源を補ったとしても、ビタミンB1が不足すれば、
エネルギー作りが滞り、結果的に疲れが溜まりやすくなります。

また、アルコールを分解するときにもビタミンB1が使われ、
夏にビールを多く飲む方は、ビタミンB1不足に注意が必要です。

ビタミンB1は、豚肉やレバー、ウナギ、シャケなど、
食材の他、大豆などの豆類にも豊富に含まれています。
夏の疲労回復に、普段の食事に積極的に取り入れましょう。

その際、「ビタミンB1+アリシン」の組み合わせにすれば、吸収率アップ!
ビタミンB1を摂る時は、におい成分・アリシンを含むにんにくやネギも、
一緒に使うように心がけると、さらに疲労回復効果が期待できます。

疲労回復の救世主!にんにく卵黄サプリの選び方

実は、ビタミンB1とアリシンをセットで摂れるのが、にんにく卵黄サプリ!
卵黄にはビタミンB1が、にんにくにはアリシンが含まれていますから、
無理なく、両方の栄養素を摂ることができる優れものなんです。

しかも、卵黄は夏の疲労回復に欠かせない良質なアミノ酸も含有。
9種類の必須アミノ酸も豊富に含んでおり、疲労回復に役立ちます。

にんにく卵黄を選ぶときに意識したいのが以下。

1:有効成分を多く含む、濃いにんにく卵黄!

一言でにんにく卵黄といっても、有効成分の含有量が違います。
良質な自然素材を使って作った、濃いにんにく卵黄を選びましょう。

「太陽卵卵黄油黒にんにく」は、青森県産を中心としたにんにくと、
長崎の豊かな自然に囲まれて育った「太陽卵」を使用しています。

にんにくを熟成発酵させて黒にんにくにすることで、にんにくパワーがアップ。
卵黄を煮詰めてエキスにした卵黄油を使うことで、栄養素も凝縮しています。

2:刺激が少なく、胃に優しいにんにく卵黄!

疲れが溜まると、胃も疲れていますから、過剰な刺激はNG。
生にんにくの場合、胃の刺激が強くゲップが出てしまう方も。
どんなに疲労回復にいいといっても、刺激は避けたいものです。

「太陽卵卵黄油黒にんにく」は、黒にんにくを使用しているため、
刺激がとてもマイルド。胃が弱い方も安心してご利用いただけます。

卵も、天然無添加のオリジナル飼料で育てた鶏から産まれた自然卵ですし、
サプリメント自体にも、余計な添加物は加えていないので安心です。

夏場は、楽しみが多い時期。海や山へのお出かけに、花火大会、
お盆休みを利用した海外旅行にと、体調を整えたい時期ですよね。

夏を元気に過ごしたい方は、毎日2粒の「太陽卵卵黄油黒にんにく」
夏の疲労回復に効くにんにくサプリで、楽しく元気にお過ごしください。

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

1 2

黒にんにく卵黄油
初回限定!10%オフの実感コース

ページトップへ