降圧剤の副作用が気になる方へ!おすすめ高血圧対策サプリ

お電話でのご注文もお待ちしています!0120-497-962 受付:9:00~18:00(土・日・休み)

  • マイページにログイン
  • 新規会員登録(無料)
  • 商品一覧
  • お問い合わせ
  • 美健ホームページ
  • お試しサンプル
  • 定期コース
  • まとめ買い
  • 健康コラム
  • お客さまの声
  • ご利用ガイド

役立つ!健康コラム

降圧剤の副作用が気になる方へ!おすすめ高血圧対策サプリ

テーマ:サプリメントの基礎知識

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく 」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

40代に入ったころから急増する病気の一つに、高血圧があります。
病院で高血圧と診断されると、すぐに降圧剤が処方され、
一度飲み始めると、基本的に生涯にわたって飲むことになります。

降圧剤は血圧のコントロールをしてくれる薬ですが、
しばしば降圧剤の副作用で悩まれている方の声もお聞きします。
なるべく降圧剤に頼らなくてもすむよう、早めに対策しましょう。

そこで今回は、知っておきたい降圧剤の副作用や、高血圧の予防法、
さらには、安心して飲める高血圧対策サプリを紹介します。

降圧剤の主な副作用は?

降圧剤とは、その名の通り「血圧を下げる」ための薬です。
重要なのは、決して「高血圧を治す」薬ではないということです。

降圧剤を飲む本来の目的は、合併症の予防にあります。
高血圧によって引き起こされる、心筋梗塞や脳梗塞などの合併症を、
血圧をコントロールすることで予防するというのが目的なのです。

根本的に高血圧を治すわけではないので、長期服用が原則です。
降圧剤を飲み始めると、基本的に生涯にわたって飲むことになります。

長年飲み続けると心配になるのが、薬の副作用です。
飲むことで、どのような副作用のリスクがあるのでしょうか?

高血圧の治療で最初に飲むことになる降圧剤は「第一選択薬」と呼ばれ、
「Ca拮抗薬」「ACE阻害薬」「ARB」「利尿薬」の4種類があります。
それぞれの薬について、主な副作用を見てみましょう。

  • ・Ca拮抗薬  ……  顔面紅潮・めまい・ふらつき・手足のむくみなど
  • ・ACE阻害薬 …… 空咳(からせき)・血管浮腫など
  • ・利尿薬 ………… 低カリウム血症・筋力低下・嘔吐など
  • ・β遮断薬  ……… 血圧低下・不整脈(徐脈)・心不全の悪化など

どのような薬にも副作用がありますし、必ずしも、
すべての人に降圧剤の副作用が出るというわけではありません。
ただし、このようなリスクがあることは頭に入れておきましょう。

降圧剤の副作用で認知症になるはホント?

降圧剤の副作用として見かけるのが「認知症になる」という内容です。
本当に降圧剤を飲むと、認知症の発症リスクが高まるのでしょうか?

結論から言えば、科学的に証明した研究はまだありません。
降圧剤が認知機能に影響を与えるという研究データもありません。
認知症発症リスクを、過剰に気にかける必要はないということです。

物忘れをしたお婆さん

ただし、40代~50代に高血圧だった場合、高齢期に入ると、
認知症になってしまうリスクが高いことは証明されています。

いずれにせよ、将来の認知症予防のためにも、高血圧対策は重要。
健康診断で高血圧気味と診断されたら、早めに対策を行いましょう。

高血圧気味なら、まずは食生活を改善!

高血圧対策としてまず取り入れたいのが、食生活の改善です。
味つけの濃いものが好きな方は、塩分量の見直しを行いましょう。

塩分を過剰に摂取し続けると、塩に含まれるナトリウムの作用により、
血管壁の筋肉が縮みやすくなり、つまり、血液の通り道が狭くなります。

狭い血管の中に多くの血液を通そうと思えば、心臓は勢いよく、
血液を押し出す必要があるため、血圧が高くなってしまうのです。
血管に負担をかけないためにも、「塩分は1日6gまで」が目標です!

薄味にするのが辛いなら、漬物やインスタントラーメンなど、
まずは、塩分の多い食べ物を控えることから始めてみましょう。

麺類を食べるときはスープを飲み干さず、残してください。
もちろん、醤油やソースのかけすぎも塩分過多になるので厳禁。
塩分量は控えめにしなくてはいけませんが、一方で、野菜や果物は、
これまで以上にたっぷりと食べるようにしましょう!

野菜や果物は余分な塩分を排出するカリウムを豊富に含みます。
季節の野菜たっぷりスープを食べたり、食後には果物を食べたり、
毎日の食生活を少しずつ見直して、血管の負担を取り除きましょう。

おすすめの高血圧対策サプリメント

高血圧対策の基本は食生活の改善ですが、さらに予防効果を高めるなら、
市販されている高血圧対策サプリを利用するのも一つの手段です。

さまざまなサプリが売られており、配合の栄養成分も多種多様。
サプリメントの有効成分ごとに期待できる効果が異なりますから、
しっかり比較した上で、合いそうなタイプを選ぶと良いと思います。

では、主な高血圧対策サプリをご紹介!

1)DHA&EPA配合サプリ

DPAやEPAは、青魚に豊富に含まれる必須脂肪酸です。
「頭が良くなる栄養素」として広く知られていますが、
血中の中性脂肪を下げるため、結果的に高血圧予防につながります。

青魚にも含まれていますが、焼くなどの調理をすることで、
栄養価が落ちてしまうことが実験から分かっています。

特に普段から肉食中心で魚をあまり食べない方は、
DHA&EPA配合サプリを取り入れてみるのも一つの手段です。

2)ペプチド配合サプリ

ペプチドとは、たんぱく質の材料であるアミノ酸が、
複数つながってできた分子のことを指しています。

ゴマからとれる「ゴマペプチド」をはじめとして、イワシ由来の
「サーデンペプチド」やワカメ由来の「ワカメペプチド」など、
いろいろなペプチドがあり、血圧を下げる効果が期待できます。

トクホを取得しているペプチド配合サプリもありますので、
高血圧予防のために、取り入れてみても良いでしょう。

3)アリシン配合サプリ

アリシンは、にんにくやネギなど香りの強い野菜に含まれています。
特ににんにくに多く、独自のにおいは、アリシンによるものです。

アリシンには、血液が固まりやすくなるのを防ぎ、
血栓が作られないようにする効果があると言われています。
また、血行を促進する効果もあり、高血圧の予防のためには、
できるだけ、積極的に摂りたい成分の一つと言えるかもしれません。

アリシンを摂るなら、にんにく卵黄サプリがおすすめです。
卵黄には血管壁の汚れをこそげ落としてくれる作用があるため、
アリシンと卵黄のダブルの力で高血圧対策をすることができます。

降圧剤は、慢性的に高くなってしまった血圧を下げ、
命に関わる心筋梗塞や脳梗塞などを予防してくれる薬です。
処方されたら医師の指示に従い、正しく飲むようにしましょう。

ただし、長期的な服用となると、降圧剤の副作用も気がかり。
なるべく飲みたくないなら、早めの高血圧対策を心がけましょう。

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。
  • すべて完全無添加「自然素材」サプリメント
  • 「いつでも」「どこでも」飲める無臭カプセル

10%オフ!定期購入コース

20%オフ!お得パック商品

ページトップへ