季節の変わり目|健康コラム|太陽卵美健通販サイト

お電話でのご注文もお待ちしています!0120-497-962 受付:9:00~18:00(土・日・休み)

  • マイページにログイン
  • 新規会員登録(無料)
  • 商品一覧
  • お問い合わせ
  • 美健ホームページ
  • お試しサンプル
  • 定期コース
  • まとめ買い
  • 健康コラム
  • お客さまの声
  • ご利用ガイド

役立つ!健康コラム

季節の変わり目になると片頭痛(偏頭痛)を起こし、
ズキンズキンと脈打つ痛みにお悩みの方も多いでしょう。

片頭痛の痛みが出た場合、額やこめかみなどを冷やし、
できるだけ暗くて静かな部屋で休むことが理想です。

いつも季節の変わり目で起こる片頭痛でお悩みの方のために、
発症するメカニズムや対策・予防法などについて紹介します。

季節の変わり目の片頭痛とは?

片頭痛とは、脳などの血管が急激に膨らむことで起こる頭痛です。
何らかの原因によって、脳の血管がぐっと膨らんでしまうと、
血流が一気に増え、周辺を走っている神経が刺激されます。

すると、神経を刺激することによって炎症物質が放出され、
血管が炎症を起こします。そして、片頭痛が起こるんですね。

血管が膨らむ原因としては、さまざまありますが、
特に、季節の変わり目の気温や気圧の変化は要注意。

気温が急に上がると、体温調節のために血管が広がりますし、
また、悪天候などで低気圧になっても、血管が拡張します。

もちろん、状況によって血管が拡張するのは、ごく自然なこと。
ただし、脳が過敏に反応する場合、片頭痛が起こってしまいます。

片頭痛の症状でも薬は飲んでいい?

片頭痛が出た場合、少しでも痛みをやわらげたいものですね。
頭痛を抱えたままでは動くのも辛く、仕事や家事が進みません。

実際、市販の鎮痛剤に頼っている方も多いのではないでしょうか。
もちろん、うまく使えば、痛みをコントロールすることができます。

更年期障害

でも、市販の鎮痛剤は、痛みを感じないようにするためのもの。
脳に痛みを伝えるための回路をブロックするだけです。

つまり、痛みの原因そのものは解決していません。
飲んで楽になったからといって、無理をするのは禁物。

また、市販の鎮痛剤に頼りすぎてしまうことも問題です。
週に何度も飲んでいるようなら、医師の診断を受けましょう。
薬を処方してもらって、適切な治療を行うことをオススメします。

血管を収縮させることがポイント!

片頭痛の痛みが出たときのために、対処法を知っておきましょう。

1)痛む場所を冷やす

片頭痛が起こるのは、血管が急激に拡張することが原因です。
症状をやわらげるには、血管を収縮させることが必要です。

額やこめかみ、首すじなどの血管あたりを、
氷水や冷却シートを使って冷やしてあげましょう。

また、筋肉の疲れが原因の「緊張性頭痛」の場合は、
温めてあげることで緊張がほぐれ、痛みがやわらぎます。

片頭痛は反対で、冷やして血管を収縮させることが欠かせません。
入浴などで温まると血管が広がり、痛みが増す場合もあります。
痛みが治まるまでは、ひとまず入浴しないほうが安心です。

2)なるべく暗く静かな部屋で休む

強い光や音は刺激となり、痛みを引き起こす原因となります。
できるだけ暗くて静かな場所に移動して、安静にしましょう。

脳が過敏に反応する刺激を遮断することで、
少しずつ辛い痛みもやわらいでいくはずです。

3)少量のカフェインを摂取する

血管を収縮させるには、適量のカフェインを摂ることも有効です。
コーヒーや緑茶など、カフェインを含むものを飲むのも一つの手段。
ただし、飲みすぎは逆効果ですから、あくまで適量におさえましょう。

逆に、片頭痛の症状が出ているときに避けたいのが、
赤ワインやチョコレート、チーズ、柑橘系フルーツなど。

これらの食材には、血管を広げる作用があります。
大量に摂取しないように、くれぐれも注意しましょう。

季節の変わり目の頭痛の予防法は?

また、片頭痛を起こしにくくする栄養素として、
知られているのが、マグネシウムとビタミンB2です。
できるだけ食生活の中に取り入れるようにしましょう。

1)マグネシウム

マグネシウムは、不足すると血管がけいれんします。
その結果、痛みに敏感になると言われています。

マグネシウムを多く含むのは、玄米や納豆、ひじきなど。
昔ながらの和食を食べると、自然と摂れそうですね。
バランスの良い和食を食べて、片頭痛対策をしましょう。

たんぱく質

2)ビタミンB2

片頭痛を起こす人は細胞内のミトコンドリアが、
うまく働いていない傾向があると言われています。

ビタミンB2は、その働きを助ける作用があり、
主にビタミンB2は、牛や豚のレバー、卵黄などに、
多く含まれています。日頃から意識的に食べましょう。

黒にんにく卵黄油サプリメントも!

片頭痛が起こる前には、前兆を感じる人が多いと言われ、
主な前兆が、「閃輝暗点」(せんきあんてん)と呼ばれるもの。
急に星やキラキラしたものが見え始め、視界の一部がさえぎられます。

生あくびやめまいなども、片頭痛の前兆として知られています。
「もしかして?」と思ったら、早めに休養をとりましょう。

予防のためには、マグネシウムとビタミンB2!

黒にんにく卵黄油サプリに使われている卵黄油は、
卵黄を伝統製法で煮詰め、有効成分を凝縮したもの。
つまり、良質なビタミンB2をたっぷりと含んでいます。

季節の変わり目の頭痛でお悩みなら、ぜひお試しくださいね!

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

普段は元気いっぱいなのに、季節の変わり目になると、
なぜか決まってめまいが起こるとお悩みではありませんか?

季節の変わり目にめまいが起こる場合、
自律神経の乱れを知らせる黄色信号かもしれません。
原因を知り早めに対策することが、めまい解消への近道です。

意外と多い、季節の変わり目のめまい

お客さまとお話をする中でよく聞くのが、
「季節の変わり目にめまいが起こる」というご相談です。

めまいの症状はさまざまで、頭がフワフワしたり、
突然目の前が暗くなって気分が悪くなったり。
足元がふらついて、倒れそうになる方もおられます。

多くの場合、皆さん少し休むとめまい症状はおさまります。
でも突然のめまいを経験すると「何か病気なのでは?」と
不安な気持ちになる方も多いようです。

めまいを起こしている人

ただし、血圧を測っても特に異常があるわけでもなく、
耳鼻科や脳神経外科などを受診し、検査を受けても問題なし。
結局、原因不明のままという方から相談を受けます。

お話をさらに聞くと、普段は元気な方が大半です。
でも、年に何度かめまいを起こすことがあり、
最初は寝不足や疲れのせいかもと思うのだそう。

改めてめまいを起こした経験を振り返って考えてみると、
「あれ、いつも季節の変わり目では?」と気づくのです。

検査で問題なしなら、自律神経が原因かも?

めまいを起こす場合、症状が重く吐き気を伴ったり、
何度も繰り返すなら、まずは医療機関を受診してください。

病気が隠れているなら、早期発見と早期治療が大原則です。
でも、特に検査の数値に異常がなく「原因不明」と言われたなら、
自律神経の乱れが、めまいを引き起こしている可能性があります。

季節の変わり目は、気温や気圧が大きく変動します。
その変化によって、自律神経のバランスが乱れるのです。

汗ばむほどの陽気でも、翌日は冷え込むこともありますし、
一日の中でも、気温が大きく変わることもよくあります。

気圧の変化は目には見えませんが、身体は敏感に察知しています。
分かりやすく言うなら、気圧というのは、空気の圧力のこと。

自律神経は、自分の意思ではコントロールできません。
そのため、自律神経が働きすぎる状態が続いてしまうと、
知らない間にバランスを崩して、不調を引き起こすのです。

気をつけたいのが、気圧の変化!

特に気圧の変化は、自律神経にとって大きなストレスとなり、
めまいを引き起こす原因になると言われています。

大きなカギを握るのが、耳の奥にある「内耳」(ないじ)です。
近年の研究により、気圧の変化を察知する気圧センサーが、
内耳に存在することが明らかになりました。

気圧が上がったり下がったりすると、内耳の気圧センサーが察知し、
情報を脳へと伝えます。すると自律神経が興奮状態になります。

また、体質によって、内耳が気圧の変化に敏感な方もいます。
専門家によれば、車などの乗り物に酔いやすい方は、
内耳が敏感な傾向があるとのこと。

すると、少し気圧が変化しただけで脳へ過剰に情報が伝わり、
自律神経がストレス反応を起こし、めまいを引き起こすのです。
過剰な反応を防ぐには、自律神経を整えてあげることが大切です。

自律神経のバランスを整えるには?

季節の変わり目のめまいは、自律神経からのシグナルです。

働き者の自律神経ですが、生活リズムが乱れていたり、
必要な栄養が足りていなかったりすると、
気圧の変化についていけない状態になります。

めまいが起こったら、まずは身体を休めましょう。
十分な睡眠と栄養バランスのよい食事、適度な運動を心がけて、
心身のストレスを取り除いてあげることが何より大切です。

にんにく

栄養面では、ビタミンB1を意識的に摂りましょう。

ビタミンB1は糖質をエネルギー源に変える働きを持ち、
神経の疲れをやわらげる働きもあります。
自律神経を元気に保つためにも、不足しないようにしましょう。

ビタミンB1は豚肉や玄米、うなぎやニンニクなどに含まれます。
もちろん、薬でないので即効性があるわけではありませんが、
なるべく食事に取り入れるようにしてくださいね。

黒にんにく卵黄油サプリもご活用ください!

ずっと元気で過ごすためには、早くからの対策が大切です。
規則正しい生活を心がけて、ビタミンB1を摂りましょう。

当店の黒にんにく卵黄油サプリも、ぜひお役立てください。

黒にんにくに含まれる有効成分が体内に入ると、
アリチアミンと呼ばれる成分へと変化して、
ビタミンB1と同様の働きをすることが知られています。

しかもアリチアミンはより強力なビタミンB1です。
水溶性から脂溶性へと変化することで、
ビタミンB1より吸収率も高くなり、体内に長くとどまります。

毎年季節の変わり目になるとめまいが起こる方、
特に乗り物酔いしやすい方は、気圧を感じるセンサーが敏感で、
自律神経が過剰なストレスを受けている可能性もあります。

思い当たる方や、季節の変わり目を心地よく過ごしたい方は、
ぜひ当店の黒にんにく卵黄油を健康管理にご活用ください!

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

季節の変わり目には、体調を崩される方も多いですよね。
そんなときには、「卵黄油」が役に立ちます。

私の母も、季節の変わり目によく寝込んでいたのですが、
最近は寝込むことがなくて、助かっているんですよ。

卵黄油の歴史はとても古く、奈良時代の文献にも登場します。
よく知られているのが、「卵黄油は自律神経にいい」というもの。
その他、「冷え症の改善」「内臓機能の低下改善」なども有名です。

特に残暑が厳しかった今年の夏は、
きっと冷たいもののがぶ飲みで内臓が弱り気味、
気温が下がって体の冷えが気になってくる方も多いはず。

この時期こそ、卵黄油がぴったりと思いませんか?

疲れって、知らず知らずたまってきます。
たとえ、「夏バテしなかった」と思っていても、
涼しくなってきて、急に疲れが出るかもしれません。
症状が出てくる前に、早めにケアしてあげたいですよね。

自律神経が悪いと、スタミナ不足で疲れてしまったり、
いったん疲労するとなかなか回復しません。

また、血圧が低く、極端に寝起きの悪い人は自律神経の働きが不安定。
冷え性で厚着したり、ひざ掛けが手放せない人も、自律神経が原因。
逆に体がほてりやすい人、冬でも大量の汗をかく人も同じです。

その他、体が細く、食べても食べてもちっとも太らないという方や、
小さい頃から体が虚弱で、よく風邪をひいたり、病気がちな方も、
比較的、自律神経のバランスが乱れやすいと言われています。

アレルギー体質の人も自律神経のバランスがよくありません。

本当に私たちの健康にとって、大切な自律神経。
心当たりある方は、卵黄油がオススメですよ。

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

1

黒にんにく卵黄油
初回限定!10%オフの実感コース

ページトップへ