自律神経|健康コラム|太陽卵美健通販サイト

お電話でのご注文もお待ちしています!0120-497-962 受付:9:00~18:00(土・日・休み)

  • マイページにログイン
  • 新規会員登録(無料)
  • 商品一覧
  • お問い合わせ
  • 美健ホームページ
  • お試しサンプル
  • 定期コース
  • まとめ買い
  • 健康コラム
  • お客さまの声
  • ご利用ガイド

役立つ!健康コラム

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

春は暖かい季節にも関わらず、冷えでお悩みではありませんか?
自分だけブルブル震えてしまう、薄着したいのにできない……。
体温調節がうまくいかないのは自律神経の乱れが原因かもしれません。

春は汗ばむように暑い日があったり、冷え込む日があったりと、
気温差によって自律神経のバランスが乱れがちな季節です。
自律神経と体温調節の関係や、今日からできる対策を紹介します。

気温差が大きい春は、自律神経が乱れやすい!

春は新生活が始まる季節。進学や進級、就職や引っ越しなど、変化が多い季節。
新しい職場や新しい人間関係。「新しい部署で迷惑をかけないように頑張らないと」
「新しいママ友と仲良くできるかな」など、プレッシャーや不安を抱えていませんか?

環境の変化は、人間にとって基本的にストレスの原因になります。すると自律神経が過剰に働いた状態が続きます。そして、自律神経の乱れを引き起こすことが多いのです。

特に春は、気温差が大きいことが自律神経の乱れを招きます。春というとポカポカ暖かいイメージがあるかもしれません。でも、寒さに凍えながら花見した経験はありませんか?汗ばむような日かと思えば、翌日はまるで冬に逆戻りしたかのような寒さ。

寒い日にお花見をする人たち

一日の中での気温差が大きいのも、春の気候の特徴です。日中は春らしい陽気だったのに夜になったらぐっと冷え込むことも少なくありません。あまりの冷え込みにぎゅっと襟を立てて身を丸め、早足で帰宅した経験を持つ方も多いことでしょう。

春に大きく変わるのは、環境や気温だけではありません。
さらに、自律神経に追い打ちをかけるのが「気圧差」です。

春は低気圧と高気圧がコロコロと入れ替わります。気圧というのはその名の通り「空気の重さによって生じる圧力」のこと。空気は目には見えませんが、私たちは常に空気の圧力を受けています。高気圧と低気圧、その差が大きくなれば、当然、ストレスを感じます。もっとも影響を受けるのが、自律神経というわけです。

自律神経が乱れると、体温調節も乱れます!

自律神経が乱れると、さまざまな機能がうまく働かなくなります。代表例が「体温調節」春になると自律神経が乱れて、体温調節がうまくいかなくなり、その結果、暖かい季節のはずなのに、冷えを感じてしまうということです。

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の2つがあります。
車にたとえるなら、交換神経はアクセル、副交感神経はブレーキ。

交感神経は、心拍数を上げたり体温を上げたり身体を「オン」にする働きします。一方の副交感神経は、心拍数や体温を下げたり、身体を「オフ」にする役割を担っています。

お互いはまさにシーソーのような関係で、片方が活発になれば、もう片方は休むといった具合に、2つが交互に働くことで身体をコントロールしてくれます。これが「自律神経のバランス」です。お互いに働いたり休息をとったりするから、「ここぞ!」というときにしっかりと働くことができるんですね。

ところが、気温差が激しいと交感神経が働きっぱなしになります。気温差によるダメージを少なくしようと、体温調節するために、めいっぱい頑張ります。ある程度までは大丈夫ですが、限界を超えるとお手上げです。そして、体温調節ができなくなるのです。

気温差のダメージを少なくすることも大切!

自律神経は、私たちの意志ではコントロールできません。そのため「大きな気温差を身体に感じさせない」ことが、体温調節を良好に保つ上でもっとも重要です。

肌寒い日には、重ね着をしたり防寒グッズを使ったりして、身体が寒さを感じないようにしましょう。「せっかくの春なのに、冬のような上着を羽織るのはイヤ…」という方は、防寒インナーをうまく活用してください。着込むことなく寒さ対策ができます。

犬の散歩をしているお爺さん

適度な運動は心地よい刺激になり、身体を温めてくれます。自律神経を整える効果も期待できます。自律神経の安定が目的なら「ゆっくり長くできる運動」を意識してください。全速力で短時間走るよりも、時間をかけてのんびりペースで歩くほうが効果的です。

最近では、スマートフォンのウォーキングアプリも充実し、歩いた距離や消費カロリーを自動計算する機能がついていれば、運動量が一目瞭然。歩いた分だけポイントがたまる、ユニークなアプリもあります。ぜひうまく活用して、適度な運動を心がけましょう。

参考:春の自律神経の乱れが原因!憂鬱な春バテ解消法とは?

ストレスによる自律神経の乱れを解消!

ストレスがあると自律神経にも負担がかかり、体温調節が乱れてしまいます。
環境の変化が原因なら、日常生活の中で「変化させない部分」を心がけましょう。
変えなくていい部分は、変えない。それだけでも、心にかかる負担は違ってきます。

たとえば、眠る前に音楽を聴く習慣がある方なら、いつも聴いている音楽を聴くように。お気に入りの服があるなら、その服を着て出かけしましょう。花が好きで、いつも室内に花を飾っているなら、なるべく花を飾るようにしてください。

ストレスをうまく心から抜くことも大切です。とは言っても、なかなかリフレッシュする時間がとれない方も多いことでしょう。そんなときに試してほしいのが深呼吸です。

忙しいときや緊張するときほど、呼吸が浅くなっているもの。「なんか気持ちが重たい」「そういえば朝からずっと忙しいな」と思ったら、大きく深呼吸しましょう。ポイントはしっかりと吐き切ること。それから、新鮮な空気をたっぷり吸い込んでください。

たかが呼吸、されど呼吸です。

新しい空気は全身の血液に、酸素たっぷり空気を送り込んでくれます。しかも深呼吸は、副交感神経の働きを高めることにつながります。心が落ち着き、アクセルを踏みっぱなしの身体に「しっかり休みましょう!」という合図を送ってくれます。

参考:春の体調管理で体調不良を防ぐ!春を元気に過ごすポイント

自律神経を整える栄養「ビタミンB群」

自律神経を防ぐには、食事面に関しても注意しましょう。特に意識的に摂りたいのが、
別名「神経ビタミン」とも呼ばれるビタミンB群です。ビタミンB群は、神経を修復し、神経の働きを正常に保つ働きがあります。

ビタミンB群が不足すると自律神経のバランスが崩れやすくなります。
しかも強いストレスが続くと、ビタミンB群の消費量が急激に増えてしまいます。
体温調節が気になる春は特にしっかり摂るようにしてください。

ビタミンB群を含む代表的な食品は次の通りです。

・ビタミンB1  ……  玄米、豚肉、大豆、卵黄、うなぎ、たらこなど
・ビタミンB2  ……  豚レバー、鶏レバー、牛レバー、うなぎ、卵黄など
・ビタミンB6  ……  かつお、まぐろ、牛レバー、卵黄、さんまなど
・ビタミンB12 …… 牛レバー、鶏レバー、卵黄、さんま、あさりなど

ビタミンB群は、うなぎや豚肉、卵黄など、基本的に動物性食品に含まれる栄養素です。ダイエットのために、野菜しか食べない食生活を送っていると、ビタミンB群が不足してしまいます。春になって「薄着の季節だから」と、無理なダイエットをしていませんか?ぜひ、良質なビタミンB群が摂るように心がけてください。

たんぱく質

また、大量にお酒を飲む方も、ビタミンB1が不足しがちです。なぜなら、アルコールの分解時にビタミンB1が多く使われるためです。新年度を迎え、お花見宴会や歓迎会などが続いた方も多いことでしょう。意識的にビタミンB1を摂るようにしましょう。

ビタミンB群は互いに作用しあって働くので、バランスよく摂ることもポイントです。

たとえば、うなぎのかば焼きをふわふわ卵でとじた「うなたま丼」はとても簡単。
夏バテが気になる時期にもおすすめです。うなぎではなく豚を使った「豚たま丼」も、
自宅にある材量でさっと作れる簡単レシピです。

そもそも卵はビタミンB群をバランスよく含む栄養素。毎日の食卓で活用してください。どんな素材とも相性がよく、和風や洋風にも使えてとても便利。茹でたり炒めたり、
生で食べたりと調理法も多く、活躍する場面が多いのも魅力です。

太陽卵6個入り

当社の黒にんにく卵黄油に使われている太陽卵

つらい春の冷え対策に!

自律神経のおかげで、元来、私たちの身体には気温差があっても、体温が保たれる仕組みが備わっています。とはいえ、大きな気温差はやはり自律神経にストレスをもたらし、
体温調節がうまくいかなくなってしまいます。

目安として、自律神経が正常に働くのは「1日の気温差が7度まで」と言われています。7度以上の気温差があると、自律神経のバランスが乱れる可能性がありますので、身体が気温差を感じず済むように、服の重ね着などで対策するようにしましょう。

自律神経を元気にする「ビタミンB群」の摂取も大事なポイントです。意識的に摂るようにしましょう。さまざまな対策をとっても春の冷え性が解消しない場合は、サプリメントの活用もおすすめです。黒にんにく卵黄油は、ビタミンB1を効率よく摂ることができる健康食品です。ぜひ、春の冷え性対策などにもお役立てください!

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

陽気に包まれる春は、心地よくスタートを切りたい時期。
にも関わらず、春の不調「春バテ」を感じる方も大勢います。

春バテを招くのは、大きな寒暖差による自律神経の乱れ。
気だるい、疲れがとれない、気持ちが落ち込む、などなど……。
そんな症状が出たら、春の自律神経の乱れが原因かもしれません。

春を元気に過ごすために、自律神経の乱れを招く原因や、
自律神経バランスを立て直すための対策について紹介します。

代表的な春バテの症状は?

春の自律神経の乱れが、主な引き金になって起こる春バテ。
その症状はさまざまですが、身体と心の両方に出る人もいます。

<身体の不調>
肩こり・手足の冷え・便秘や下痢・倦怠感・めまいなど

<精神の不調>
イライラ・気分の落ち込み・憂鬱感・不安感など

勉強が不調な女性

その他、目覚めの悪さや昼間の眠気、不眠など、
睡眠にまつわる悩みを抱えている方も多いようです。
思い当たる症状が続いているなら、春バテかもしれません。

春バテの原因は、自律神経の乱れ!

春バテの原因は、春に起こりがちな自律神経の乱れ。

自律神経には、交感神経と副交感神経の2つがあります。
普段は両者が交互に切り替わることでうまくバランスをとり、
全身のさまざまな働きをコントロールしてくれています。

ところが春は寒暖差が大きくなり、自律神経は大忙し。

やや汗ばむような陽気のときは、交感神経が活発になり、
血管をゆるめ、身体から熱を逃がそうとしてくれます。
逆に、雨の降る夜などに、ぐっと気温が冷え込むと、
副交感神経が血管を収縮して、熱を溜め込みます。

寒暖差が大きいと自律神経はよく切り替わり、
急激な変化に対応しようと、必死に頑張ります。
その結果、疲労がたまり、悲鳴を上げてしまいます。

春バテを防ぐには、自律神経の乱れを解消することが大事!
さらに、冬の季節間に、身体に冷えを溜め込んでいたら、
春バテの症状が出やすくなるため、血行促進も大切。

春の自律神経の乱れを解消する方法!

自律神経の乱れを解消するには、生活習慣を整えましょう。

特に意識したいのが、毎朝の習慣です。
朝の過ごし方を変えるだけでも、違ってきます。
そこで、簡単に取り入れられる対策をご紹介します。

  • ・寝起きに布団の中で手足のストレッチ
  • ・必ず朝食をとり、腸を心地よく刺激する
  • ・朝起きたら、15分を目安に太陽光を浴びる
  • ・朝は決まった時間に起きる(ダラダラ寝ると逆効果)
  • ・呼気の長い呼吸法を取り入れる(4拍で吸って8拍で吐く)

紹介した中で一つでもいいので、早速始めてみましょう。

ただし、一度バランスが乱れてしまった自律神経は、
すぐ元通りになるわけではないため、焦りは禁物です。

自律神経の乱れを解消するサプリメントなども利用しながら、
同時に、冬の寒さですっかり冷え込んだ身体の血行を促し、
気長にバランス改善を目指すことをオススメします。

黒にんにく卵黄油なら、自律神経を整える効果と、
冷え解消効果の両方が期待でき、春バテ改善にぴったり!

ずっと飲み続けることで、卵黄油の有効成分コリンが、
自律神経の働きを活発にし、バランスを整えてくれます。
というのも、黒にんにくに含まれている有効成分アホエンが、
血液の流れを正常にして、冬の冷えも徐々に解消してくれます。

春は自律神経が乱れて、辛い春バテに悩まされる季節。
予防のためにも、ぜひ早めにお試しくださいね!

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

不眠やめまい、動悸などの不調が続くと辛いですよね。
でも、病院で検査を受けても、異常が見つからない……。
そんなとき、原因として考えられるのは自律神経の乱れです。

「できればあまり薬に頼りたくない」という方には、
自律神経を整える、黒にんにく卵黄油サプリがおすすめ。
その理由を、自律神経の治療薬との違いを含めて解説します。

自律神経の乱れ改善に使われる薬とは?

自律神経が乱れている場合、病院では薬が処方されます。
はじめて飲む場合は、いろいろ不安に思うこともあるでしょう。

たとえば「風邪薬や頭痛薬のように、飲めばすぐ効くの?」
「神経に作用するような薬を飲んでも、副作用はないの?」など。
それぞれの疑問について、詳しく見てみましょう。

1)飲めばすぐ効く?

治療に使われる薬は比較的早い段階で効くと言われています。
辛い状況を早く改善したいなら、薬を飲むのも一つの手段です。

とはいっても、乱れてしまった自律神経のバランスそのものを、
ピンポイントに整える薬は残念ながら存在しません。
症状によって「心を整える薬」「身体を整える薬」が処方されます。

<心を整える薬>

心を整える薬とは、脳の中枢神経に作用することで、
不安や緊張など精神的な症状をやわらげる効果をもつ薬です。

代表的なものが、抗不安薬(精神安定剤)や抗うつ剤です。
不眠症状がある場合は、睡眠薬が処方されることもあります。

これらの薬を適切に使えば、比較的早く効果が表れて、
不安など心の症状をうまくコントロールすることができます。

<身体を整える薬>

嘔吐や頭痛といった、いわば「身体の不調」が深刻になると、
ますます自律神経のバランスが乱れる原因になってしまいます。
そのため、身体の不調そのものをせき止める薬が処方されます。

たとえば、心因性の嘔吐が続く場合は制吐剤、
緊張型頭痛が続く場合は、筋弛緩薬などの薬が処方されます。

これらの薬は、特定の症状を改善するために作られているため、
調子が悪い部位にピンポイントに働きかけます。

2)副作用はないの?

自律神経の乱れを改善する薬は「適切な量を・短期間」
飲めば、辛い症状を早い段階で改善することができます。

ただし、その一方で「大量に・長期間」服用すると、
さらに強い不安感や不眠症状が現れる副作用もあります。
場合によっては依存症にもつながるため、注意が必要です。

勝手に飲む量を増やす、やめるといった自己判断は危険です。
主治医の指示にきちんと従い、適切な飲み方をしましょう。

黒にんにく卵黄油サプリがおすすめの理由

自律神経の乱れを改善する薬は、辛い症状をやわらげて、
比較的、短い時間で症状改善が期待できるのがメリットです。
ただし即効性がある分、副作用が出る可能性もあります。

副作用の心配をせず、自律神経の乱れを改善したいという方は、
自律神経の乱れ改善効果が期待できるサプリがおすすめです。

サプリメント

近年は、自律神経を整えるサプリが多く売られています。
セントジョーンズワートやギャバ、トリプトファンなどは、
自律神経サプリメントに配合されている代表的な栄養素ですね。

当店のおすすめが、伝統的な黒にんにく卵黄油サプリメントです。
黒にんにくと卵黄油、2つの材料によって作られた健康食品が、
自律神経を整えるサプリとしておすすめの理由を紹介します。

1)奈良時代から伝わる伝統的な健康食材

卵黄油とは、卵の黄身を長時間炒ることで摂れる濃厚エキスです。
民間療法に欠かせない存在として、日本で愛用されてきました。

その歴史は長く、はじめて作られたのは奈良時代なんだとか。
古くから日本人の健康づくりに役立ってきた健康食材ですから、
誰でも安心して、飲み続けていただくことができます。

2)自律神経の働きを活発にするコリンが豊富!

自律神経の乱れ改善に、黒にんにく卵黄油サプリがおすすめな理由は、
黒にんにくと卵黄油、両方に自律神経にいい成分が含まれているため。
たとえば、卵黄に含まれる成分「卵黄コリン」はその代表格です。

コリンとは、神経伝達物質・アセチルコリンの材料になる栄養素。
卵黄油にはコリンが含まれていて、神経伝達物質を増やしてくれます。

コリンは大豆にも含まれていますが、含有量や吸収率で比べると、
卵黄コリンに軍配が上がります。ぜひ活用したいものですね。

ストレスを受け続けると、アセチルコリンが大量に消費されて不足し、
自律神経がうまく働かない原因になってしまいます。
ストレス過多の生活を送っているなら、意識的に摂りましょう。

にんにく卵黄

長い歴史を持つ伝統的なスタミナ健康食品!にんにく卵黄

3)元気成分・アリシンが身体をパワフルに!

自律神経の乱れ改善に、黒にんにく卵黄油サプリがおすすめな理由、
もう一つは、黒にんにくに含まれる元気成分・アリシンです。

アリシンは体内のビタミンB1と結合して、アリチアミンに変化。
アリチアミンとは、いわば「ビタミンB1の強力版」ともいえます。

ビタミンB1は、糖質からエネルギーを取り出すのに必須の栄養素。
不足しがちになるとエネルギーがうまく作れず、疲労が溜まる原因に。
脳へのエネルギー供給が滞るので、イライラの原因にもなります。

身体と脳の元気を保つには、ビタミンB1が欠かせません。

アリチアミンは体内で、ビタミンB1と同様の働きをし、
しかも脂溶性なのでビタミンB1よりも長く体内に留まって、
自律神経が活動するためのエネルギーを十分に補ってくれます。

サプリの効果が出るまでの期間は?

黒にんにく卵黄サプリを飲み始めてから、自律神経が整うまで、
効果を実感するまでの期間には、もちろん個人差があります。
症状の度合いや体質、生活習慣によってそれぞれ違います。

そもそも、自律神経が乱れるまでには、時間がかかっています。
長い時間をかけてバランスが乱れたのですから、焦りは禁物。
じっくりと立て直してあげるのが、自然な形です。

自律神経が乱れる大きな原因は、ストレスと言われています。

一言でストレスといっても、その種類は実にさまざま。
過労や睡眠不足といった肉体的なストレスによるものもあれば、
人間関係の悩みや将来への不安など、精神的なストレスもあります。

その他、夏の厳しい暑さや春や秋などの気温差も、
「季節ストレス」として身体にダメージを与えています。
自律神経が正常に働けるよう、ストレスを取り除きましょう。

その上で、自律神経が必要とする栄養をたっぷり含み、
自然素材で安心の黒にんにく卵黄油サプリメントがおすすめ。
自律神経の乱れによる不調にお悩みの方は、ぜひお試しください!

症状が重い場合や長い場合は、病気が隠れている可能性もあります。
気になる症状のようなら、医療機関の受診をおすすめします。

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

1 2 3

10%オフ!定期購入コース

20%オフ!お得パック商品

ページトップへ