疲れ|健康コラム|太陽卵美健通販サイト

お電話でのご注文もお待ちしています!0120-497-962 受付:9:00~18:00(土・日・休み)

  • マイページにログイン
  • 新規会員登録(無料)
  • 商品一覧
  • お問い合わせ
  • 美健ホームページ
  • お試しサンプル
  • 定期コース
  • まとめ買い
  • 健康コラム
  • お客さまの声
  • ご利用ガイド

役立つ!健康コラム

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

暑さで夏バテ気味になると、食欲が落ちてしまいますね。
でも食欲がないからと、冷たいそうめんばかり頼るのは危険!
栄養バランスが崩れ、ますます夏バテ症状が加速します。

夏バテ予防に役立つ栄養素や、夏バテに効く食べ物を紹介します。

夏バテ予防に摂りたい栄養素は

夏バテ予防や解消には、夏に不足しがちな栄養補給が大切。
たとえば身体を作るたんぱく質や、汗で失われるミネラル類、
疲労回復を助けるクエン酸なども、しっかり摂りたい栄養素です。

1)身体の材料になる「たんぱく質」

たんぱく質は、私たちの身体を作る大切な栄養素の一つです。
筋肉はもちろんのこと、血液もたんぱく質が材料ですよね。
健康な身体を保つには、たんぱく質が欠かせません。

ところが夏バテで食欲が落ちると、つい麺類など炭水化物中心に。
肉や魚といった、メインのおかずを食べない方も多いのでは?

メインのおかずには、たんぱく質がたっぷり含まれています。
夏バテかも…と感じたら、たんぱく質を十分摂りましょう。

2)スタミナアップに役立つ「ビタミンB1」

ビタミンB1も、夏バテに効く栄養素の代表選手です。
糖質を分解してエネルギーに変える働きがあり、
夏の暑さを乗り切るスタミナアップに欠かせません。

甘い物やお酒が好きな方は、ビタミンB1が不足しがちです。
なぜなら、糖質を分解するためにビタミンB1を消費するため。

また、ビタミンB1は水に溶ける性質を持っているので、
激しい運動をする方も、汗をかくことで流れ出てしまいます。
ぜひ意識的に、ビタミンB1を摂ってくださいね。

3)疲労回復を助ける「クエン酸」

夏バテ対策といえば、クエン酸もよく知られていますよね。
クエン酸は、食べ物が体内でエネルギーに変わる過程、
いわゆる「クエン酸回路」で必要となる、大事な栄養素の一つ。

倒れるサラリーマン

クエン酸が十分にあれば、スムーズにエネルギーが作られます。
でも逆にクエン酸が不足すれば、エネルギー生産が滞ることに。
疲れ知らずの身体にするためにも、クエン酸を摂りましょう!

4)だるさ解消を助ける「カリウム」

大量の汗をかくと、水分と一緒にミネラルも流れ出てしまいます。
失ったミネラルを補わなければ、だるさの原因になってしまいます。

汗に含まれるミネラルというと、まず思いつくのが塩分では?
近年では、塩分を手軽にチャージできるタブレットも増え、
汗をかいたら塩分を…と心がけている方も多いでしょう。

でも忘れてはいけないのが、カリウムも失われているということ。
カリウムは過剰な塩分の排出を助け、むくみ改善効果が期待できます。
夏のだるさを防ぐには、カリウムも忘れずに補ってくださいね。

夏バテに効くオススメの食べ物

続いて、夏バテに効く食べ物を見てみましょう。

1)スタミナアップに大活躍の「豚肉」

夏バテに効く食べ物で、まず紹介したいのが豚肉です。
豚肉は、スタミナアップに欠かせないビタミンB1の宝庫です。
しかも、たんぱく質も同時に摂れて一石二鳥ですね!

ビタミンB1は、にんにくやネギなどアリシンを含む食べ物と
一緒に摂ると、吸収率がアップするのでおすすめです。

ただし豚肉は脂分も多いため、胃腸が弱っているときには、
かえって負担をかけることもあります。
胃腸機能が下がっているときは、食べすぎは控えましょう。

2)昔ながらの滋養強壮食「うなぎ」

夏バテに効く食べ物といえば、うなぎも定番ですね。
豚肉と同じく、たんぱく質とビタミンB1を豊富に含んでおり、
夏バテで弱った身体を元気にしてくれるお助け食材です。

うなぎといえば、7月の土用の丑の日でもおなじみ。
暑さが厳しくなる夏場にうなぎを食べるのは、
栄養学的にも理にかなっていることです。

うなぎの蒲焼

うなぎを食べるなら、ふっくらと温め直したいもの。
電子レンジを使うなら、お酒をまんべんなくふりかけます。
ラップをふんわりかけることも、大事なポイントです。

フライパンで温める場合も、お酒を少しずつふりかけます。
蓋をして蒸し焼きにする感覚で、温めてくださいね。

なお、うなぎも豚肉と同様に、脂肪分を含む食べ物です。
夏バテで胃もたれがする方は、食べすぎは控えましょう。

3)胃の働きを良くする「梅干し」

夏バテに効く食べ物といえば、梅干しも忘れてはいけません。
梅干しに豊富に含まれるクエン酸は、胃液の分泌を促し、
弱ってしまった胃の働きを良くする効果が期待できます。

しかも、汗をかくことで失われる塩分も含んでいるので、
梅干しは熱中症対策にも役立てたい食べ物の一つです。

でも「酸っぱさがちょっと」という方も多いですよね。
はちみつ梅干しなら、ほんのり甘さがあって食べやすく、
梅干しが苦手な方にもおすすめです。ぜひお試しください!

4)口当たりがよく食べやすい「豆腐」

夏バテに効く食べ物、次に紹介するのは豆腐です。

暑くて食欲がないときは、食べること自体がおっくうになりがち。
つるりと口当たりの良いものなら、食べやすいですよね。
豆腐なら柔らかくて口当たりが優しく、冷やして食べられます。

良質な植物性たんぱく質をたっぷりと含み、ビタミンB1も豊富。
ぜひ夏バテに効く食べ物として、役立てたいものですね。

5)完全栄養食品の「卵」

夏バテに効く食べ物が卵と聞くと、意外かもしれません。

卵はご存じの通り、たんぱく質が豊富な食材です。
しかも、健康に欠かせない必須アミノ酸がバランス良く含まれ、
アミノ酸スコアはなんと、満点の100点なんです!

卵の黄身

卵が優れているのは、たんぱく質だけではありません。
各種ビタミンやミネラル類なども充実しており、
「完全栄養食品」とも呼ばれるほど、栄養豊富です。

卵は手軽で調理法も多く、朝昼晩いつでも食べやすい食材です。
たとえば、うなぎと組み合わせて「うな卵丼」にしたり、
出汁を染み込ませた豆腐で「豆腐の卵とじ」を作ったり。

上手に卵を活用して、たんぱく質を補給してあげましょう。

6)身体の余分な熱を取り除く「キュウリ」

夏バテに効く食べ物として、キュウリも役立てましょう。

暑い夏に旬を迎えるキュウリは、とにかく水分が豊富!
なんと、水分が95%以上も占めるほど、みずみずしい野菜です。
しっかりとキュウリを食べて、身体のほてりを冷ましましょう。

しかもキュウリには、カリウムもたっぷり含まれています。
エアコンの冷えなどでむくみが気になる方にもぴったりです!

新鮮なキュウリを選ぶなら、色や表面のとげがポイントです。
スーパーや八百屋の店頭では、緑色の濃いものを選びましょう。
表面にしっかりしたとげがあれば、新鮮な証です。

水分がたっぷり含まれた、美味しいキュウリを選んでくださいね。

7)パイナップル

夏バテに効く食べ物として、最後に紹介するのはパイナップルです。
甘い果汁が溢れる美味しさは、南国ならではの味わいですね。

パイナップルの魅力は、トロピカルな美味しさだけではありません。
パイナップルには、余計な塩分を排出するカリウムが豊富!
しかも、ビタミンB1もたっぷり含まれています。

パイナップルを食べるなら、実は肉類を食べた後がおすすめ!
酢豚にパイナップルが入っていることがありますよね?
あの組み合わせには、ちゃんとした理由があります。

パイナップルには、たんぱく質を分解する酵素が含まれており、
肉を柔らかくして消化を助け、胃にかかる負担を軽くしてくれます。

独特の酸味が食欲もアップさせるので、夏バテにも対策にぴったり!
食後のデザートとして、パイナップルをお試しくださいね。

無理に食べるのは負担な場合も

ここまで、夏バテに効く食べ物を紹介してきました。
夏に不足しがちな栄養素を、しっかり補給してあげましょう。

ただし、夏の身体を元気な状態に保つためには、
場合によっては食べることが負担になるケースもあります。
食事を抜いたり、極端に減らしたリすることは、もちろん危険。
でも胃腸が弱っているときに無理やり食べると、逆効果になることも。

「なんだか胃腸の機能が低下しているな」と感じたら、
高カロリーのものや冷たいものは避け、腹八分目にしましょう。
なるべく温かく、消化の良いものを選んで食べることも大切です。

また、夏バテになるのは、高温多湿の環境に対応するために、
自律神経がフル稼働し、バランスが乱れていることが原因です。

夏バテ解消や予防には、もちろん栄養補給は大切!
でも、自律神経を整えることも同時に意識しましょう。

黒にんにく卵黄油には、自律神経を整える効果が、
期待できる良質な卵黄油がたっぷりと含まれています。

「にんにくって胃に刺激が強そう」と思うかもしれませんが、
黒にんにくは熟成発酵させたことで、とてもマイルドです。
気になる方はぜひ一度、当店の商品をお試しくださいね。

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

ちゃんと寝ているのに体がだるい、疲れやすいという方は、
まず心がけたいのが、バランスの良い食生活と適度な運動です。

とはいえ毎日、仕事や家事、育児で目が回るほど忙しく、
現実的には100点満点の生活はむずかしい方が多いのでは?

そんなときに役立つのが、疲労解消に効くサプリメントです。
数ある中からご自身に合ったサプリメントが選べるよう、
疲労タイプ別の解消サプリメントを紹介いたします。

サプリ選びのコツは、疲労の原因を知ること!

一言で疲労解消サプリメントといっても、配合されている成分はさまざま。
体がだるい、疲れやすいという症状を解消するサプリメントを選ぶには、
疲れの原因を克服できる成分が、配合されているかどうかがポイント。

まずは、タイプを知った上で、適したサプリを選びましょう。
疲労タイプはさまざまですが、主なものは次の通りです。

  • ・オーバーワークによる慢性的な疲労
  • ・加齢による体力低下が原因の疲労
  • ・食べすぎや飲みすぎによる疲労

続いて、それぞれの疲労タイプに合ったサプリメントを紹介します。

オーバーワークによる慢性的な疲労に

毎日のオーバーワークによって、体がだるい、疲れやすいと感じているなら、
ビタミンB1が豊富に含まれているサプリメントが解消の手助けになります。

私たちにとってビタミンB1は、エネルギーづくりに欠かせない栄養素です。
主食のごはんやパンから摂った糖質は、ビタミンB1の助けを借りて、
はじめて体や脳のエネルギー源として働くことができます。

逆の言い方をすれば、ビタミンB1が不足すると糖質をうまく使えず、
元気な活動に必要なエネルギーを、十分に作り出すことができません。
しかも使われなかった糖質は脂肪に変わり、肥満の原因にも……。

炭水化物

特に、運動によって汗をたくさんかく方や、お酒が好きな方は要注意。
ビタミンB1は水溶性のため、汗に溶けて出ていく性質を持っている他、
アルコールを分解するときにも使われるという性質があります。

すぐに疲れる方や、もうひと踏ん張りが効かない方は、
ビタミンB1不足で、エネルギーが足りない可能性があります。
しっかりとビタミンB1を補って、疲れ知らずの体になりましょう!

ビタミンB1を含むサプリメントには、高濃度の栄養素を含むものや、
時間をかけて体内でじっくり溶ける「タイムリリース加工」のもの、
さらには、長く安心して続けられる天然栄養素のものもあります。

見比べた上で、納得できるものを選ぶようにしましょう。

加齢による体力低下が原因の疲労に

加齢によって体力が低下し、体がだるい、疲れやすいという方は、
疲労解消サプリメントにコエンザイムQ10がおすすめです。

コエンザイムQ10は、元々、体内に存在する栄養素です。
体を構成する約60兆個もの細胞のほとんどに存在しており、
細胞内のミトコンドリアが、エネルギーを作る際に使われます。

食事から摂った糖質や脂質をミトコンドリアで燃焼させて、
エネルギーに変えるのを助ける大事な成分の一つと言えます。

つまり、細胞内にコエンザイムQ10が豊富にあることで、
エネルギーの産生効率が上がり、疲労回復が期待できます。

ところが、コエンザイムの量は20歳頃をピークに減少。
特に心臓は40歳前後でピーク値の30%、80歳前後では、
50%以上が失われてしまうという検証データもあります。

年齢を重ねるごとに体がだるいと感じている方や、
以前のように動けず、どうも疲れやすいと感じる方は、
コエンザイムQ10の減少が関係しているかもしれません。

食事に含まれるコエンザイムQ10の量は、ほんのわずか。

最も多く含まれるイワシでも、目安量を摂るには約13尾、
牛肉ならなんと約2kgもの量を食べる必要があるため大変です。
効率よく摂取するには、サプリメントを利用すると良いでしょう。

なるべく吸収率の高いものが重要ですから、体内で作られている、
タイプに近い「還元型」コエンザイムQ10をおすすめします。

食べすぎや飲みすぎによる疲労に

食べすぎや飲みすぎなどの原因で体がだるいと感じる方は、
疲労解消サプリメントを選ぶ際、肝臓への作用がポイントです。

食べすぎや飲みすぎが続くと、肝臓に大きな負担がかかり、
肝臓の機能低下を招くことになります。

アルコール分解の働きで知られる肝臓は、エネルギーを作ったり、
余分なエネルギーを貯蔵したり、有害な物質を解毒することによって
老廃物の排出を促したりと、重要な役目を果たしています。

肝臓の機能が低下すれば、体のエネルギー不足を招くと共に、
疲れの原因となる、老廃物の蓄積を招く結果にも……。

休肝日

飲みすぎや食べすぎによって肝臓が疲れていると感じたら、
肝機能を助けるサプリを飲み、肝臓をいたわってあげましょう。

代表的なものに、オルニチンやタウリンを含むサプリがあります。
どちらも貝類に多く含まれている栄養素で、オルニチンはしじみに、
タウリンは、牡蠣やサザエなどに豊富に含まれています。

アルコール分解はオルニチン、肝臓サポートはタウリンが得意。
しじみには、オルニチンとタウリンの両方が含まれていますから、
しじみエキス配合のサプリメントを選ぶと、両方同時に摂取できます。

昔ながらの黒にんにく卵黄サプリもおすすめ!

一言で体がだるい、疲れやすいといっても、原因はさまざまです。
ご自身の疲労タイプに合ったサプリメントを選ぶようにしましょう。

なお、黒にんにく卵黄は、エネルギー作りに欠かせない、
ビタミンB1を含み、疲れた肝臓を元気にする効果も期待できます。

自然素材を使ったサプリメントで疲労解消を考えているなら、
ぜひ当店の黒にんにく卵黄油サプリメントをお試しください!

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

病気でもなく、健康診断でも特に異常はなかったのに、
体がだるい、重い、疲れやすいという方は多いようです。

これらは、体に無理がかかっていることを知らせるサイン。
病気になる前に生活を見直し、早めに対処しておきましょう。
具体的な症状に関する改善方法を生活パターン別に紹介します。

食生活が乱れがちな方へ

仕事や家事、子育てが忙しい方の場合、何かと食事が乱れがち。
お付き合いやストレスなどで、飲みすぎの方も多いでしょう。

栄養バランスの偏りや飲酒が続くと、体力を回復する栄養素が不足し、
心身の活動に必要なエネルギーが十分に作らない可能性があります。

そこで意識的に摂りたいのが、ビタミンB1です。
ビタミンB1は、エネルギー作りに欠かせない栄養。

ごはんやパンなどの主食を食べて糖質を摂っても、
ビタミンB1がなければエネルギーをうまく作れません。
それどころか糖質が余りがちになり、疲れやすくなります。

特に気をつけたいのが、日頃からお酒をよく飲まれる方です。
なぜなら、アルコール分解時にビタミンB1が使われるため。
しかも、アルコールはビタミンB1の吸収を悪くしたり、
排泄も加速させたりすることが知られています。

なお、厚生労働省が定める「節度ある適度な飲酒」は下記が目安。

  • ・ビール ………… 中ビン1本
  • ・日本酒 ………… 1合
  • ・チュウハイ …… 350mL缶1本
  • ・ウィスキー …… ダブル1杯

参考:e-ヘルスネット「飲酒のガイドライン」

目安以上を毎日のように飲む方は、量を控えましょう。
合わせて、ビタミンB1不足にも注意することが大切です。

ビタミンB1は、豚肉や玄米・うなぎ・卵などに含まれています。
毎日の食生活の中で、できるだけ意識的に摂るようにしましょう。

寝起きのしんどさが特に気になっている方

朝起きると、十分に寝たはずなのに眠気が残っていたり、
体がだるい、重いと感じる方は睡眠を工夫しましょう。

睡眠の長さではなく、「質」にこだわることが大切です。
体を横にして眠っていても、副交感神経がうまく働かなければ、
脳も体も、蓄積したダメージをうまく回復することができません。
質のよい睡眠を効率的にとるためにも、寝る前の過ごし方が重要です。

まずは、寝る直前のスマホをやめてみましょう。
スマホから出るブルーライトのエネルギーはとても強く、
体内リズムを乱す原因になるため、就寝前のスマホは厳禁。

ぐっすり眠れない場合、寝具が合っていないケースもあります。
特に気をつけたいのが、枕の高さが合っているかどうかです。

私たちは、ひと晩のうちに20~30回もの寝返りを打つのだとか。
高さが合わない枕を使っていると、寝返りが打ちにくくなり、
眠りが浅くなる原因になってしまいます。

人間の頭は意外と重く、その重さを毎晩、支えている枕は、
知らない間に低くなったり、硬くなったりしています。

以下、枕素材ごとの耐用年数の目安。

  • ・わた素材 ……………… 2~3年
  • ・羽根 …………………… 2~3年
  • ・ウレタンフォーム …… 2~3年
  • ・パイプ素材 …………… 4~5年
  • ・そばがら ……………… 1~2年

参考:東京西川「まくらの寿命は?」

もちろん、上記のような耐用年数には個人差がありますが、
枕の高さが合わないと感じたら、買い替え時かもしれません。

運動不足を感じている方

普段から運動不足を実感しているなら、軽い運動を取り入れ、
疲れを解消させるのも、有効な改善方法の一つでしょう。

疲れているからと横になってばかりいると、かえって疲れます。
実は疲れているときこそ、適度な運動が重要になります。

こたつで寝る人

疲れたときにあえて体を適度に動かすことで、血流が良くなります。
運動によって酸素と二酸化炭素のガス交換が活発に行われると、
脳にフレッシュな酸素が行き渡り、頭もすっきりします。

大切なことは、毎日少しずつでもいいから続けること。
1日1回、10分ほどで構いませんので、運動しましょう。

個人的におすすめな改善対策は、就寝前に行う簡単なストレッチです。
眠る前に筋肉をほぐし、血行を良くすることでぐっすり眠れるため、
体がだるい、重い方にとっては、一石二鳥の回復法ですよ。

忙しすぎて睡眠不足、運動もできない方

忙しくて深夜の帰宅になり、運動する時間すら、
なかなかとれないという方も多いかもしれません。
そのような場合、日中の呼吸法を意識してください。

夢中になっている時など、呼吸が浅くなってませんか?
私たちにとって呼吸というのは、新鮮な酸素を取り込み、
不要になった二酸化炭素を体外へ排出する大切な働きです。

呼吸がスムーズに行われないと酸素と二酸化炭素の、
交換がうまく行われず、疲れが溜まりやすくなります。
忙しいときこそ、呼吸が浅くなっていないか意識しながら、
深く呼吸する「腹式呼吸」を意識することをおすすめします。

浅い呼吸に気づいたときはもちろん、起きた際や眠る前、
お昼休みや休憩時など、定期的に行う習慣をつけましょう。

体がだるい、重いが改善しないなら医療機関へ

さまざまな改善方法を試しても回復しなかったり、
気になる症状があったら、医療機関の受診がおすすめ。
だるさの陰に、心身の病気が隠れている可能性があります。

ここでは、考えられる病気の代表的な例を紹介します。

1)慢性疲労症候群

原因不明の強い疲労が、目安として6ヶ月以上続くなら、
慢性疲労症候群の可能性があります。

関節痛や頭痛、不眠や仮眠、筋力の低下、37℃以上の発熱、
といった症状も、慢性疲労症候群のサインの例です。

休息だけでは治らず、適切な治療が必要になるため、
気になる方は、早めに病院で検査を受けましょう。

2)睡眠時無呼吸症候群

十分な睡眠をとっていても日中に過度の眠気に襲われ、
家族から大きないびきや呼吸停止を指摘されたら、
睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。

寝ている間にくり返し無呼吸になると、疲れがとれないだけでなく、
心臓に大きな負担がかかります。不整脈や心疾患、高血圧など、
発症リスクも高めるため、早めの対策が必要です。

入院して検査することもありますが、専門の検査機器を使って、
自宅で睡眠中の状態をチェックする検査を受けることもできます。
いびきや無呼吸を指摘されたら、念のため検査しておくと安心です。

3)糖尿病

糖尿病の初期症状に「だるさや眠気を感じる」というものがあり、
他にも、尿の回数が増えた、水分を摂ってもやたらと喉が渇く、
体重が減ってきたなどの症状があるなら要注意です。

糖尿病を放置すると合併症を引き起こし、
定期的な透析治療が必要になる場合もあります。
初期症状かもと思ったら、早めに受診しましょう。

4)更年期障害

女性の場合、更年期障害も考えられる病気の一つです。
立ちくらみやめまい、のぼせ、ほてり、耳鳴りや頭痛など、
症状が現れるようでしたら、更年期障害の可能性があります。

更年期は、これから先の人生を元気に明るく生きていくための、
「見直しの時期」ともいえます。変化を前向きに受け止めて、
体をいたわってあげることも、大切なポイントの一つです。

更年期障害かもと思ったら、まずは正しく理解して、
医師の指導のもと、必要な治療を行いましょう。

5)うつ病や自律神経失調症

だるさや疲れだけでなく、食欲・気力低下もある場合、
うつ病や自律神経失調症などの病気の可能性があります。

治療が必要な病気か、休息すれば元気になる一時的な疲れか、
自分自身で判断するのは難しいため、医療機関の受診がおすすめ。
心療内科やメンタルクリニック、精神科などで早めに相談しましょう。

体がだるい、重いときはサプリの利用も!

疲れをとるにはゆっくり休み、リラックスを心がけることが大切。
さらに疲れがとれないなら、食事や睡眠、運動、呼吸法など、
工夫して疲れがとれやすい状態に整えてあげましょう。

さらに体を労わりたいなら、サプリメントの利用もおすすめ。
黒にんにく卵黄油は、疲労回復に欠かせないビタミンB1を含み、
自律神経の働きをしっかり整えてくれる効果効能も期待できます。

ぜひ元気な毎日のためにも、お得なサンプルをお試しください!

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

1 2 3

黒にんにく卵黄油
初回限定!10%オフの実感コース

ページトップへ