体調管理|健康コラム|太陽卵美健通販サイト

お電話でのご注文もお待ちしています!0120-497-962 受付:9:00~18:00(土・日・休み)

  • マイページにログイン
  • 新規会員登録(無料)
  • 商品一覧
  • お問い合わせ
  • 美健ホームページ
  • お試しサンプル
  • 定期コース
  • まとめ買い
  • 健康コラム
  • お客さまの声
  • ご利用ガイド

役立つ!健康コラム

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

病気ではないけど身体が重い、だるい、目覚めが悪い……。
そんなときには、適度な運動がおすすめです。
全身を動かすことで巡りが良くなり、寝つきもよくなるので、
ぐっすり眠れて、元気な体へと変わっていきます。

でも、一体どんな運動を、どれぐらいすれば適度なのか、
人それぞれ基準が違うのでむずかしいですよね。
そこで今回は、「適度な運動量って何?」がテーマ。
日常生活に取り入れやすいおすすめの運動もお伝えします。

適度な運動の目安は、効果があって安全なこと

適度な運動とは、その名の通り「ちょうど良い運動」のこと。ご自身の年齢や体力、運動経験、健康状態などによって、適度な運動は変わります。健康のために行うのですから、もちろん効果があることが大前提。そして安全であることも大切です。

ヘトヘトに疲れるほど運動すると、効果があるような気がするかもしれません。でも運動は、やればやるほどいいわけではありません。体力に見合わないハードな運動を突然行うと、ひざや腰をいためてケガにつながる可能性があります。健康になるどころか心臓にも負担をかけてしまい、逆効果になりかねません。

息切れして階段を登るお婆さん

ちょうど良い運動を知るための要素として、ぜひ考えたいのが、
「強度・時間・頻度」です。それぞれについて順に見てみましょう。

1)強度は心拍数を測ると分かりやすい!

健康のために適度な運動を行うなら、年齢や目的に合った強度の運動をすることがポイントです。強度が低すぎる運動では、効果が得られません。かといって強度が高すぎる運動では、かえって身体に負担をかけてしまいます。

「これぐらいなら何とか大丈夫」「ややきつい」といった体感が目安となりますが、運動経験によって感じ方は変わります。その日の体調によっても疲れ方が違うため、体感だけで強度を知るのはむずかしいかもしれません。そこで役に立つのが「心拍」です。

運動をすれば心拍が上がります。どれぐらい心拍数が変わるか把握することで、運動強度が適切かどうかを知ることができます。適切な運動をしたときの心拍数を「目標心拍数」と言います。何歳なのか、どのようなことを目的に運動をするのかによって、目標心拍数が変わってきます。

目標心拍数 = (最大心拍数※- 安静時心拍数)× 運動強度※+安静時心拍数

※最大心拍数
最大心拍数とは、心臓が精いっぱい働いたときの心拍数のこと。
一般的には「220-年齢」という計算で求めることができます。

※運動強度
健康増進やダイエット目的なら60~70%が目安です。あまり運動しておらず、
久しぶりに身体を動かすなら、ひとまず50~60%ぐらいの設定で構いません。
たとえば、安静時心拍数が60回、60歳の男性が、健康増進などを目的に、
運動を行う際、最大心拍数は「220-60=160」運動強度は約60%です。

目標心拍数 =(160-60)×0.6+60=120

この男性の場合、運動した後の心拍数が120に近ければ、
適度な運動ができているということです。
心拍数を正確に測定するには、胸にセンサーをつける必要があります。
ただし心拍数と脈拍数はほぼ同じですから、脈拍数を測れば問題ありません。
ぜひ適度な運動量を知るためにも、目標心拍数を計算してみてくださいね。

2)時間は1日20分が目安!

適度な運動をする上では、時間も大切な要素です。
一つの目安として「1日20分」の運動がおすすめです。

20分という数字は、専門機関の実験から導き出された数字、アメリカ国立がん研究所とハーバード大学の研究者が66万1,000人の中年成人を対象に、運動時間について調査。結果を分析したところ、出てきた数字が20分でした。

ウォーキングするおじいさん

週平均で150分、1日に換算すると約20分運動することで、
病気などによる死亡リスクが下がることが分かったのです。

ウォーキングやジョギングなど有酸素運動なら、20分以上続けて行うことが理想です。ただし、どうしてもまとまった時間がとれない場合は、細切れに運動するだけでも一定の効果があると言われています。生活スタイルに合わせ、1日20分の運動をしましょう。

3)頻度は基本的に毎日が理想!

適度な運動という点では、おすすめは毎日行うこと。
1日20分の時間をつくって毎日運動を続けることが理想です。

ただし、あまり「毎日〇時から〇時までは運動の時間」「朝5時に起きて運動する」などルールを決めすぎると、実行できなかったときにモチベーションが下がってしまいます。結局続かず、三日坊主になってしまっては意味がありません。あまり堅苦しく考えずに、空いた時間に運動しようといった感覚のほうが、楽に続けることができます。

毎日、運動できれば理想ですが、最初から高いハードルを作ってしまうと、長続きしない可能性があります。最初のうちは身体を慣らす意味で、例えば「3日に1回」にしたり、慣れてきたら「2日に1回」。最終的に毎日運動するようにすれば、無理なく運動習慣が身につきます。

日常の中でできる!適度な運動おすすめ3選!

適度な運動を効果的かつ安全に行うためのポイントは「できれば毎日20分行う」こと。運動することで心拍が上がり、「ややきつい」と感じるぐらいの強度が目安です。

ウォーキングや水泳などは運動の代表例ですが、仕事や家事で忙しいと、なかなか時間がとれませんし、普段の暮らしにうまく運動を取り込むことが、適度な運動を続けるためのコツといえます。たとえば、こんな運動なら手軽に始められるのでおすすめです。

1)通勤や買い物を早歩きにする!

毎日の通勤や買い物は、運動にはちょうどいい機会です。
いつもより早歩きすることで、強度を上げることができます。

しかも早歩きすることで、時間の短縮にもなるというメリットがあります。
これまで15分かかっていたのが12分になるだけでも、往復で1日6分の時間短縮です。1ヵ月続ければ180分、なんと3時間にもなります。空いた時間を趣味にあてたり、
前から始めたかった英会話の勉強にあてたりと、時間の有効活用にもつながりますね。

2)スマホを見ながらスクワットする

家にスマホを忘れると不安になる……そう感じる人が多いほど、現代人はスマホを見る時間が長くなっています。スマホでメッセージを確認したり、ゲームをしたりする時間も、運動に使えば時間の有効活用になります。

たとえばスクワットなら、画面を見ながらでも可能ですね。しかも最近は、スクワットの回数をカウントしてくれるスマホアプリも登場しています。便利なアプリで楽しみつつ、毎日の運動を続けてみましょう。

3)こまめに片付け&運動する

部屋をこまめに片付けたり、掃除したりすることも、立派な運動です。少しずつ片付けるのは面倒。後で一気に掃除した方が効率的と、つい後回しにしていませんか。頻繁に動くことで筋肉をしっかりと使うことができ、いい運動になります。

その都度、片付けたり運動したりすれば、いつでも気持ちのいい部屋を保てます。部屋が散らかりがちな方は、こまめに片付けや掃除をすると、運動できて部屋もきれいになり、一石二鳥ですね。

良質なたんぱく質補給も忘れずに!

いかがでしたか?意外と目安が分からない「適度な運動」について、
強度と時間、頻度の要素に分けて見てきました。日常生活に取り入れやすい、
おすすめの運動を紹介しましたが、他にもきっとあるはずです。

買い物が好きならウインドウショッピングに出かける、
丁寧に歯磨きをしながらスクワットをする、お孫さんと競争しながら、
一緒になわとびを楽しむなど、無理のない形で運動を続けてみてくださいね。

運動するなら栄養補給も大切。特にたんぱく質は、筋肉の材料になります。
疲労回復に欠かせない栄養ですから、肉や魚、卵などを摂るようにしましょう。

良質なたんぱく質をたっぷり含み、疲労回復にぴったりの、
黒にんにくでつくる当店サプリも、運動のお供に最適です。
ぜひ元気いっぱいで運動するために、ご活用くださいね!

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

風邪やインフルエンザが流行し、冬本番。寒い日が続いていますね。
とはいえ、もう春も間近。身体はすでに春に向け、準備を始めています。

一年のうち、環境が最も激しく変わるのは、寒い冬から春への移行時期。
環境の変化が大きい分、心身共に不調が出やすい時期だと言われています。
春の体調不良を防ぐためにも、春の健康管理法を知っておきたいものですね。

そこで今回は、春を元気に過ごす、健康管理のポイントを紹介します。

意外と多い!「春の体調不良」の代表的な症状とは?

春というと厳しい寒さもやわらぎ、新しいことを始めたくなる時期。
とはいえ、春になると決まって体調不良に悩まされる方も多いのでは?

まずは、春の体調不良の代表的な症状を、チェックしてみましょう。

  • ・何となくダルくて、身体が重く感じる
  • ・花粉症で、鼻水やくしゃみが止まらない
  • ・ちょっとしたことでも、妙にイライラする
  • ・疲れやすく、休息をとっても疲れがとれない
  • ・十分な睡眠をとっているのに、日中、眠くなる

このような春の体調不良が起こるのは、主に3つの原因があります。

1)気候の変化(気温・気圧・日照時間など)

春の体調不良の原因として、もっとも大きいのが「気候の変化」

春は陽気に包まれてポカポカ……という印象ですが、意外と冷え込むことも。
薄着で花見を楽しんでいて、「意外と寒い!」「身体が冷え切ってしまった!」
という経験をお持ちの方も、多いのではないでしょうか?

家族でピクニック

「花冷え」という言葉があるとおり、桜が咲くような時期になったとしても、
寒さがぶり返すこともしばしば。知らないうちにストレスを受けています。
しかも、気圧の変化が激しいため、自律神経のバランスが乱れがちに。

さらに春になると、日照時間が長くなるため、冬時間だった体内時計も乱れ、
「なぜか熟睡できない」「長時間眠っても、疲れがとれない」という人も。

このように、自律神経の乱れや睡眠リズムの乱れによって、
慢性的な疲労感や倦怠感など、さまざまな不調が出るんですね。

2)ビタミンB1不足

春になって暖かくなると、私たちの身体も元気になり、活発に動き始めます。
すると大量のエネルギーが必要になり、身体はエネルギーをつくります。

エネルギーの主な材料としては、ごはんやパンなどの主食から摂った糖質。
ただし、糖質が豊富にあっても、エネルギーをつくることはできません。
糖質からエネルギーを取り出すには、ビタミンB1が必要なのです。

エネルギーづくりが活発になる春は、意識的にビタミンB1を摂らなければ、
「ビタミンB1不足が、エネルギー不足」となり、倦怠感につながるんですね。

3)生活環境の変化によるストレス

春は、進学や就職・転勤などによって、生活環境が大きく変わる時期。
慣れない土地での新生活への不安、新しい人間関係における心配や悩みなど、
生活環境の変化によるストレスは、心身に思わぬ負担をかけてしまっています。

特に、女性の場合だと、自分自身が新しい環境に飛び込まなくても、
家族の環境変化が、思いのほかストレスになっているかもしれません。

過度なストレスは、自律神経の乱れを引き起こす要因となります。
ストレスによる自律神経の乱れも、体調不良を考える上で見逃せません。

もう悩まない!手軽な「春の健康管理」3つの対策!

では、春を元気に過ごすには、一体どうすればいいのでしょうか?
毎日の生活で心がけたい、春の健康管理法を3つ紹介いたします。

1)朝の太陽光を浴びよう!体内時計を「春時間」にリセット

春の健康管理においては、自律神経を整えることが重要なポイント。
日照時間は長くなりますが、体内時計がうまく変化についていけません。
朝起きたら太陽光を浴びて、冬時間のままの体内時計をリセットしましょう。

2)身体を冷やさない!にんにくなどの「温め食材」を♪

自律神経が乱れると、体温調節がうまくいかず、身体が冷えてしまいがち。
冷えは万病のもと!身体を温めてくれる食材を、摂るようにしましょう。
にんにくやネギ、生姜などの「温め食材」を使うといいですね!

肉なら鶏、魚ならサバやブリなどが、身体を温める性質を持っているそうです。
味噌も身体を温めるので、生姜やネギたっぷり「サバの味噌煮」がオススメ!

3)ビタミンB1摂取で、エネルギーづくりをスムーズに!

エネルギーづくりには、ビタミンB1が欠かせません。意識的に摂りましょう。
豚肉や玄米などに多く含まれていますが、春の健康管理のためには、
サプリメントの力を借りるのも、一つの手ですね。

身体を温めるにんにく入り!黒にんにく卵黄油も♪

春の体調不良を防ぐには、

  • ・自律神経のバランスを整える
  • ・ビタミンB1を積極的に補う
  • ・身体の冷えを解消する

という3点がポイントということが、お分かりいただけたことでしょう。
そこで、春の健康管理として役立てたいのが、黒にんにく卵黄油サプリです。

なぜなら、黒にんにく卵黄油サプリは、次のような働きをしてくれるため。

  • ・卵黄油が自律神経に働きかけ、調子を整える!
  • ・温め食材の黒にんにくが、身体をポカポカにしてくれる!
  • ・黒にんにくの健康成分アリシンが、ビタミンB1の吸収をサポート!

黒にんにくと卵黄油の相乗効果で、春の体調不良の悩みも解消ですね。

何事も早めの対策が肝心です!まずはぜひ、お試しサンプルからどうぞ♪
皆さんが今年の春を、元気いっぱい過ごせますように、心から願っています。

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

海や山へのおでかけが楽しい夏が、だんだん近づいてきましたね。
夏をめいっぱい楽しむためにも、夏の健康管理に気を配りたいもの。

夏の体調不良を招く原因というと、よく言われるのが水分不足です。
でも実は、「ビタミンB1不足」も大きな原因ってご存じですか?

夏の健康管理に役立つ栄養素として、ぜひ知っておきたい「ビタミンB1」。
意外と知らないビタミンB1の役割や、ビタミンB1を多く含む食べ物など、
夏の健康管理に役立つ情報を、夏に先駆けて紹介いたします。

夏特有のダルさ、原因は「ビタミンB1不足」?

身体が重い、疲れがとれない、常に倦怠感があってしんどい……など、
夏の体調不良のうち多いのが「ダルい」という悩みではないでしょうか?
実は、このダルさに大きく関係しているのが、「ビタミンB1不足」なのです。

夏になると、大量に汗をかきますよね。真夏でもスーツを着ている男性だと、
外回りをしていたらシャツがぐっしょり……なんてことも多いのでは?

汗というと水分のイメージですが、出ていくのは水分だけではありません。
ビタミンB1をはじめとし、ビタミンやミネラルも同時に失われています。
夏の健康管理のためには、失われたビタミンB1を補うことが重要です。

暑い日に外回りする会社員

ただし、ビタミンB1は、意外と働きが知られていない栄養素。

夏の健康管理に役立つといっても、いまいちピンとこないかもしれません。
同じビタミンでも、「ビタミンCといえば美肌」というのは知られていますが、
「ビタミンB1の働きは、えっと……」と、答えに詰まる方も多いことでしょう。

栄養ドリンクにも、必ずと言ってもいいほど配合されるビタミンB1。
主な働きは、「エネルギー源である糖質からエネルギーを取り出す」点。
つまり、「ビタミンB1=エネルギーづくりに欠かせない栄養素」ということ。

私たちがなぜ、ごはんやパンなどの主食を食べるかというと、
糖質を摂ることで、身体や脳を動かすエネルギー源を確保するため。

ただし、糖質を摂るだけでは不十分。ビタミンB1も一緒に、
摂らなければ、うまくエネルギーを取り出すことができません。

夏の健康管理のためにと、ごはんやパンを食べても、大量の汗により、
エネルギーづくりのサポート役・ビタミンB1が不足気味。その結果、
エネルギーが足りなくなり「力が出ない」「疲れがたまる」など、
夏の体調不良に陥ってしまうということなんですね。

夏の健康管理に!ビタミンB1豊富な食べ物とは?

大量に汗をかくことで、知らないうちに体内から失われてしまうビタミンB1。
夏の健康管理のためにも、食べ物から意識して十分に摂りたいものですね。

ビタミンB1を多く含む食品には、次のようなものがあります。

  • ・豚肉(特にヒレ肉やモモ肉)
  • ・レバー
  • ・ウナギ
  • ・豆類(大豆、カシューナッツ、ピスタチオなど)
  • ・精白されていない穀類(玄米、全粒粉)
  • ・卵(特に卵黄)

ビタミンB1を多く含む食べ物として、代表的なものが豚肉です。
特に赤身部分に多いので、ヒレ肉やモモ肉を選ぶようにしましょう。
また、ハムやソーセージといった、豚肉加工品にも含まれていますよ。

ビタミンB1は糖質とセットで摂ることで、効率的にエネルギーがつくられます。
豚肉のビタミンB1を夏の健康管理に役立てるには、豚丼にするといいですね!
甘辛い味付けにしておけば、食欲のないときにもごはんが進みます。

たんぱく質

また、ビタミンB1を、さらに活躍させる工夫ってご存じですか?
それは、ビタミンB1の吸収率を上げる栄養素・アリシンを摂ること!
アリシンとは、独特の香りを持つ成分で、次の食材に多く含まれます。

  • ・ネギ
  • ・玉ねぎ
  • ・ニンニク
  • ・ニラ

みな、ビタミンB1豊富な豚肉やレバーとも、相性のいい食材ばかり!
たとえば、玉ねぎ入りの豚の生姜焼きや、レバニラなどはお手軽ですね。
ニンニクを入れれば、さらにアリシンの量もアップするので、オススメです!

夏の健康管理に、黒にんにく卵黄サプリメントを!

栄養素を摂るには、やはり、普段の食生活を整えることが基本ですが、
猛暑日に負けないようにするには、サプリメントを活用するのも手。
そこでオススメしたいのが、黒にんにく卵黄サプリメントです。

黒にんにく卵黄は、にんにくと卵黄、二つの材料からつくられており、
アリシンとビタミンB1両方摂ることができ、夏の健康管理に最適です!

  • ・にんにく ……… アリシンが豊富
  • ・卵黄   …………  ビタミンB1が豊富

ビタミンB1は、思っている以上に、汗とともに流れ出てしまっています。
特にビールを多く飲む方の場合、アルコールの分解にビタミンB1が使われ、
ただでさえ、不足しがちなビタミンB1が体内から失われており、要注意です。

また、ビタミンB1不足だけでなく、ジュースやビールなどの飲みすぎや、
エアコンの当たりすぎなど、「身体の冷え」も原因の一つになっています。

にんにくを体内に取り込み、身体を芯から温める効果も期待できて、
黒にんにく卵黄油を飲めば、夏の健康管理には一石二鳥といえますね!
しかも黒にんにくを使用しているので、疲れた胃に優しいのもポイント。

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

1 2

10%オフ!定期購入コース

20%オフ!お得パック商品

ページトップへ