サプリメントの基礎知識|健康コラム|太陽卵美健通販サイト

お電話でのご注文もお待ちしています!0120-497-962 受付:9:00~18:00(土・日・休み)

  • マイページにログイン
  • 新規会員登録(無料)
  • 商品一覧
  • お問い合わせ
  • 美健ホームページ
  • お試しサンプル
  • 定期コース
  • まとめ買い
  • 健康コラム
  • お客さまの声
  • ご利用ガイド

役立つ!健康コラム

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく 」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

40代に入ったころから急増する病気の一つに、高血圧があります。
病院で高血圧と診断されると、すぐに降圧剤が処方され、
一度飲み始めると、基本的に生涯にわたって飲むことになります。

降圧剤は血圧のコントロールをしてくれる薬ですが、
しばしば降圧剤の副作用で悩まれている方の声もお聞きします。
なるべく降圧剤に頼らなくてもすむよう、早めに対策しましょう。

そこで今回は、知っておきたい降圧剤の副作用や、高血圧の予防法、
さらには、安心して飲める高血圧対策サプリを紹介します。

降圧剤の主な副作用は?

降圧剤とは、その名の通り「血圧を下げる」ための薬です。
重要なのは、決して「高血圧を治す」薬ではないということです。

降圧剤を飲む本来の目的は、合併症の予防にあります。
高血圧によって引き起こされる、心筋梗塞や脳梗塞などの合併症を、
血圧をコントロールすることで予防するというのが目的なのです。

根本的に高血圧を治すわけではないので、長期服用が原則です。
降圧剤を飲み始めると、基本的に生涯にわたって飲むことになります。

長年飲み続けると心配になるのが、薬の副作用です。
飲むことで、どのような副作用のリスクがあるのでしょうか?

高血圧の治療で最初に飲むことになる降圧剤は「第一選択薬」と呼ばれ、
「Ca拮抗薬」「ACE阻害薬」「ARB」「利尿薬」の4種類があります。
それぞれの薬について、主な副作用を見てみましょう。

  • ・Ca拮抗薬  ……  顔面紅潮・めまい・ふらつき・手足のむくみなど
  • ・ACE阻害薬 …… 空咳(からせき)・血管浮腫など
  • ・利尿薬 ………… 低カリウム血症・筋力低下・嘔吐など
  • ・β遮断薬  ……… 血圧低下・不整脈(徐脈)・心不全の悪化など

どのような薬にも副作用がありますし、必ずしも、
すべての人に降圧剤の副作用が出るというわけではありません。
ただし、このようなリスクがあることは頭に入れておきましょう。

降圧剤の副作用で「認知症になる」はホント?

降圧剤の副作用として見かけるのが「認知症になる」という内容です。
本当に降圧剤を飲むと、認知症の発症リスクが高まるのでしょうか?

結論から言えば、科学的に証明した研究はまだありません。
降圧剤が認知機能に影響を与えるという研究データもありません。
認知症発症リスクを、過剰に気にかける必要はないということです。

物忘れをしたお婆さん

ただし、40代~50代に高血圧だった場合、高齢期に入ると、
認知症になってしまうリスクが高いことは証明されています。

いずれにせよ、将来の認知症予防のためにも、高血圧対策は重要。
健康診断で高血圧気味と診断されたら、早めに対策を行いましょう。

高血圧気味なら、まずは食生活を改善!

高血圧対策としてまず取り入れたいのが、食生活の改善です。
味つけの濃いものが好きな方は、塩分量の見直しを行いましょう。

塩分を過剰に摂取し続けると、塩に含まれるナトリウムの作用により、
血管壁の筋肉が縮みやすくなり、つまり、血液の通り道が狭くなります。

狭い血管の中に多くの血液を通そうと思えば、心臓は勢いよく、
血液を押し出す必要があるため、血圧が高くなってしまうのです。
血管に負担をかけないためにも、「塩分は1日6gまで」が目標です!

薄味にするのが辛いなら、漬物やインスタントラーメンなど、
まずは、塩分の多い食べ物を控えることから始めてみましょう。

麺類を食べるときはスープを飲み干さず、残してください。
もちろん、醤油やソースのかけすぎも塩分過多になるので厳禁。
塩分量は控えめにしなくてはいけませんが、一方で、野菜や果物は、
これまで以上にたっぷりと食べるようにしましょう!

野菜や果物は余分な塩分を排出するカリウムを豊富に含みます。
季節の野菜たっぷりスープを食べたり、食後には果物を食べたり、
毎日の食生活を少しずつ見直して、血管の負担を取り除きましょう。

おすすめ高血圧対策サプリ3種

高血圧対策の基本は食生活の改善ですが、さらに予防効果を高めるなら、
市販されている高血圧対策サプリを利用するのも一つの手段です。

さまざまなサプリが売られており、配合の栄養成分も多種多様。
サプリメントの有効成分ごとに期待できる効果が異なりますから、
しっかり比較した上で、合いそうなタイプを選ぶと良いと思います。

では、主な高血圧対策サプリをご紹介!

1)DHA&EPA配合サプリ

DPAやEPAは、青魚に豊富に含まれる必須脂肪酸です。
「頭が良くなる栄養素」として広く知られていますが、
血中の中性脂肪を下げるため、結果的に高血圧予防につながります。

青魚にも含まれていますが、焼くなどの調理をすることで、
栄養価が落ちてしまうことが実験から分かっています。

特に普段から肉食中心で魚をあまり食べない方は、
DHA&EPA配合サプリを取り入れてみるのも一つの手段です。

2)ペプチド配合サプリ

ペプチドとは、たんぱく質の材料であるアミノ酸が、
複数つながってできた分子のことを指しています。

ゴマからとれる「ゴマペプチド」をはじめとして、イワシ由来の
「サーデンペプチド」やワカメ由来の「ワカメペプチド」など、
いろいろなペプチドがあり、血圧を下げる効果が期待できます。

トクホを取得しているペプチド配合サプリもありますので、
高血圧予防のために、取り入れてみても良いでしょう。

3)アリシン配合サプリ

アリシンは、にんにくやネギなど香りの強い野菜に含まれています。
特ににんにくに多く、独自のにおいは、アリシンによるものです。

アリシンには、血液が固まりやすくなるのを防ぎ、
血栓が作られないようにする効果があると言われています。
また、血行を促進する効果もあり、高血圧の予防のためには、
できるだけ、積極的に摂りたい成分の一つと言えるかもしれません。

アリシンを摂るなら、にんにく卵黄サプリがおすすめです。
卵黄には血管壁の汚れをこそげ落としてくれる作用があるため、
アリシンと卵黄のダブルの力で高血圧対策をすることができます。

国産の自然素材使用!当店の黒にんにく卵黄油サプリ

降圧剤は、慢性的に高くなってしまった血圧を下げ、
命に関わる心筋梗塞や脳梗塞などを予防してくれる薬です。
処方されたら医師の指示に従い、正しく飲むようにしましょう。

ただし、長期的な服用となると、降圧剤の副作用も気がかり。
なるべく飲みたくないなら、早めの高血圧対策を心がけましょう。

黒にんにく

当店の黒にんにく卵黄油サプリは、国産の良質な黒にんにくと、
栄養豊富な太陽卵、自然素材のみで作られたサプリメントです。
食事の感覚で続けていただけるので、副作用を心配せず、
無理なく高血圧予防を始めることができます。

サプリメントの飲む量は、1日たったの2粒でOK!
高血圧の予防対策のために、まずはお試しください。

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

近年、平熱が35度台という低い女性が急増しています。
低体温は万病のもとと言われており、慢性化してしまうと、
さまざまな健康トラブルに見舞われるリスクが高くなります。

とある民間の調査研究データの数字によりますと、
体温が1度下がると、免疫力が約30%も落ちるなど、
健康を保つためにも、低体温は早めに改善しましょう。
基礎知識を含め、低体温改善に役立つサプリを紹介します。

低体温を招いてしまう主な原因とは

そもそも低体温とは、どんな状態を指すのでしょう?
よく耳にする低体温ですが、医学的な定義はありません。
一般的に、36度未満の体温のことを低体温と呼んでいます。

体温が低下すると、身体の熱を放出させないよう血管が収縮。
血行が悪化して、冷え性やむくみ、肩こりや腰痛などの原因に。
女性の場合、生理痛や月経不順など引き起こすことにもなります。

職場のエアコンが寒い女性

低体温を招く原因は次の通りです。

  • ・冷たい飲み物の摂りすぎ
  • ・運動不足による筋力の低下
  • ・空調に守られすぎた生活環境
  • ・睡眠不足による自律神経の乱れ
  • ・偏った食生活の栄養バランス乱れ

便利な現代、体温をコントロールする力は弱りがち。
本来は、生活習慣を見直して改善させるのが理想ですが、
時間もかかるため、低体温に効くサプリメントを使いつつ、
効率的に、低体温の症状改善を目指すことをオススメします。

低体温症の改善に役立つサプリメント

低体温症の改善サプリメントは多く登場しています。
今回は、手軽に取り入れやすいサプリをご紹介します。

1)生姜サプリメント

生姜は、身体を温める効果が高いことで有名な食材です。
漢方の世界でも、「ショウキョウ」という名でよく使われ、
冷えを解消するため、料理に取り入れる人も多いと思います。

生姜の冷え性に効く成分は、ジンゲロールとショウガオール。
これら辛み成分が血流を促し、手足など末端まで血を届けます。
血行不良で手先や足先が冷える方は、生姜サプリを選びましょう。

2)高麗人参サプリメント

高麗人参も、昔から漢方の処方に用いられてきた生薬です。
漢方薬局では、乾燥した高麗人参が飾られていることも多く、
低体温症の解消には、血の巡りを改善することが欠かせません。

高麗人参には、血管を広げることで血液の流れを良くし、
全身まで血液を循環させる効果があると言われていますが、
高麗人参は煎じて飲むのが一般的で、続けるのはかなり大変。
手軽に試すなら、高麗人参サプリメントを活用するといいですね。

3)マカ配合サプリメント

マカは、南米・ペルーを原産とする、栄養豊富な植物です。
三千年以上もの間、高山地帯に住む人々に愛用されてきました。

マカと聞くと滋養強壮のイメージが強いと思いますが、
実は、冷え性の改善効果も期待できるってご存じですか?
低体温を招く血行不良は、ホルモンバランスの乱れも原因。

マカは「植物性エストロゲン」と呼ばれているほど、
女性ホルモンのエストロゲンとよく似た成分が含まれ、
ホルモンのバランスを整えるよう、働きかけてくれます。

特に更年期の女性は、ホルモンバランスの乱れなどにより、
低体温の症状が出やすい時期のため、選択肢の一つでしょう。

4)黒酢配合サプリメント

伝統的な黒酢も、低体温症の改善が期待できる健康食品です。
夏場でも手足の先が冷たくなるほど、血行が悪い原因の一つに、
血液を構成している赤血球が、固くなってしまうことがあります。

黒酢に含まれるアミノ酸は、赤血球を柔らかくする働きを持ち、
赤血球が柔らかくなれば、毛細血管にも血液が行き渡るようになり、
結果的に、身体全体に流れる血の巡りが良くなる効果が期待できます。

しかも、黒酢には独特のクセがあり、苦手な方も多いと思います。
黒酢サプリメントなら、においを気にせず飲めるのでオススメです。

5)黒にんにく卵黄油サプリメント

伝統的な黒にんにく卵黄油も、低体温の改善が期待できます。
黒にんにくは、毛細血管を広げる作用など持つ栄養豊富な食材。
血行を促進して、冷えてしまった身体をじっくり温めてくれます。

卵黄油は、低体温の原因となる自律神経の乱れを整えて、
冷えにくい身体を作るための補助的サポートをしてくれます。

黒にんにくと卵黄油は、伝統的な組み合わせならでは、
相互作用の高さも、注目すべきポイントと言えますので、
二つを組み合わせたサプリメントを活用するといいでしょう。

黒にんにく卵黄油サプリもオススメ

低体温症の改善には、生活習慣の見直しが欠かせません。

毎日の食事に、身体を温める食材を多く取り入れましょう。
たとえば、ニンジンやゴボウなどの根菜類は身体を温めます。
生姜やネギ、にんにくなどの香味野菜もうまく活用しましょう。

白にんにく

その他、筋力を保つために、適度な運動をすることも大切。
続けることが大切ですから、簡単なストレッチでも構いません。
その上で、ご自身の体調に合うサプリメントを取り入れましょう。

手先や足先の冷えを感じるなら、生姜サプリメント、
更年期による低体温の場合なら、マカ配合サプリメント、
東洋医学に興味があるようなら、高麗人参サプリメントなど。

昔ながらの伝統食品を使用したものが取り入れやすいなら、
黒酢配合サプリメントや、黒にんにく卵黄油がオススメです。
当店の黒にんにく卵黄油は、自然素材のみで作られているため、
気になる副作用や匂いもほぼなく、手軽に始めることができます。

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

毎日の生活の中で、少しずつ溜まっていく疲れやだるさ。
疲労回復のためには、何といっても休息と栄養補給が大切。

とはいえ、忙しい現代人は思うように休めません。
食べるのもおっくうになるほど、疲れてしまっていたり、
そもそも、忙しすぎて食事をとる十分な時間がなかったり。
ますます疲れやだるさを溜め込む悪循環に陥ってしまいます。

そこでオススメが、必要な栄養を効率的に摂れるサプリメント!
今回は、滋養強壮や疲労回復に役立つサプリメントを紹介します。

疲労は身体からの重要なアラーム!

多くの人が感じる疲労、実は、痛みや発熱と合わせ、
三大生体アラームと呼ばれていることをご存じですか?

疲れはいわば、身体が発しているSOSの黄色信号。
疲労は身体の異常を自覚させ、対策を求めている状態。

とはいえ、疲労を感じること自体は誰しもあること。
適度な疲労や回復する疲労であれば、問題ありません。
むしろ気をつけるべきなのは、眠っても回復しない疲労。

食欲のない女性

睡眠は、身体と心にとって、欠かせない休息時間です。
眠ることで健康に関わるホルモンが分泌されるとともに、
傷ついた細胞が修復され、疲れがとれるようになっています。

ですから、もし眠ってもすっきりしないようなら要注意。
睡眠時間が足りない上に、食生活が乱れて栄養バランスも、
偏っているなら、サプリメントなど有効活用してみましょう。

滋養強壮や疲労回復に役立つサプリとは

滋養強壮や疲労回復の効果をうたうサプリメント。
今回は、手軽に取り入れやすいものをご紹介します。

1)アミノ酸系サプリメント

仕事や家事など、普段よりも身体をよく動かす方で、
肉体的な疲れを感じるなら、アミノ酸系サプリメント。

アミノ酸は傷ついた筋肉の修復に欠かせない栄養素の一つ。
速やかに吸収され、身体が必要なエネルギーとしても使われ、
ある程度の即効性が期待できることも、うれしいポイントです。

2)ビタミンB群配合サプリメント

常に疲労感があるなら、ビタミンB群の不足かも……。
ビタミンB群が配合された種類のサプリを試しましょう。

ビタミンB群は、疲労回復に関係の深い栄養素です。
特に、ビタミンB1とB2、B6は疲労回復に欠かせません。
お互いの働きを高め、まとめて摂取できるものがオススメ。

3)タウリン配合サプリメント

お酒をよく飲む方は、肝臓疲れによる疲労に気をつけること。
肝機能低下の自覚があるなら、タウリン配合サプリがオススメ。

イカやタコなど魚介類に豊富に含まれるタウリンは、
肝臓の機能回復に役立つ栄養素として知られています。
お疲れ気味の肝臓を立て直し、しっかりと整えましょう。

4)オルニチン配合サプリメント

肝臓疲れからくる疲労に対し、違うアプローチをするのがオルニチン。
お酒の飲みすぎで肝機能が低下すると、アンモニアが処理しきれません。
オルニチンはアンモニアを除去し、エネルギー生産をアップしてくれます。

しじみでも、オルニチンは摂れますが、摂取目安量を満たすには、
毎日、約5kgのしじみを食べ続ける必要があり、現実的でありません。
オルニチン配合のサプリを上手に活用して、疲労回復を目指しましょう。

5)にんにく卵黄サプリメント

滋養強壮や疲労回復などに役立つサプリメントとして、
愛用されてきたのが、伝統的な健康食品「にんにく卵黄」

にんにく卵黄の材料は、スタミナ食材のにんにくと、
ビタミンやミネラルを豊富に含み、完全栄養食品の卵。
伝統的な組合わせならでは、相互作用の高さもポイント。

働き盛りのビジネスマンや、家事や育児・仕事で忙しい女性、
体力や気力の衰えを感じる中高年やシニア層にもオススメです。

まずは疲れのタイプを見極めましょう

疲労回復で大切なことは、十分な休息と栄養を摂ること。
まずは生活習慣を見直し、サプリを上手に活用しましょう。

滋養強壮や疲労回復に役立つサプリは数多くありますが、
まずは、ご自分の疲れがどのタイプなのかを見極めた上で、
疲労の種類や生活習慣に合ったサプリメントを選びましょう。

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

1 2

黒にんにく卵黄油
初回限定!10%オフの実感コース

ページトップへ