高血圧予防に卵油が効果的!血流を良くする卵油の働き

お電話でのご注文もお待ちしています!0120-497-962 受付:9:00~18:00(土・日・休み)

  • マイページにログイン
  • 新規会員登録(無料)
  • 商品一覧
  • お問い合わせ
  • 美健ホームページ
  • お試しサンプル
  • 定期コース
  • まとめ買い
  • 健康コラム
  • お客さまの声
  • ご利用ガイド

役立つ!健康コラム

高血圧予防に卵油が効果的!血流を良くする卵油の働き

テーマ:卵黄油はこんなお悩みに

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

加齢と共に増える悩みの一つが、病気の引き金にもなる高血圧。
厚生労働省によれば、日本人の約4,000万人が高血圧とか。
若い頃は血圧が正常だとしても、他人事とは言えません。

高血圧を引き起こす主な原因は、血管の老化現象にあります。
血管が老化によって硬く細くなるため、血圧が上昇します。

高血圧予防には、スムーズな血流と血管の健康が欠かせません。
太陽卵卵黄油黒にんにくに含まれる卵油は、血流を良くして、
血管内を健康に保つ働きが期待できるってご存知ですか?

卵油とは卵黄の栄養分が詰まった卵黄エキス

卵油とは、卵の黄身を長時間炒ることで抽出したエキスのこと。
その歴史は古く、奈良時代から健康食品として愛用されてきました。

卵油の見た目は真っ黒で、どろりとした粘り気があるのが特徴。
手間暇かけ炒り上げることで、卵黄の有効成分が凝縮されています。
卵油とはつまり、「卵黄の栄養分が詰まった卵黄エキス」なんですね。

卵黄油

卵黄の栄養をさらにぎゅっと凝縮した健康食品「卵黄油」

卵油に多く含まれている栄養素は次の通り。

  • ・レシチン
  • ・リノール酸
  • ・オレイン酸

これらの栄養素こそが、卵油を構成する主成分であり、
高血圧予防に役立つ貴重な栄養素といえます。

ココがスゴイ!卵油が高血圧予防に役立つ理由

それぞれの栄養素がどんな特長を持ち、効果効能があるか、
高血圧予防という観点から、一つずつ詳しく見てみましょう。

1)血管壁のコレステロールを溶かす「レシチン」

レシチンは別名「ホスファチジルコリン」とも呼ばれ、脂質の一種です。
私たちの体内では、細胞膜を作る材料として使われる重要な栄養素で、
中でも脳や神経組織の中に多く含まれていることが分かっています。

卵油が高血圧予防に役立つ理由は、レシチンの乳化作用。

乳化作用とは、水と油をくっつける作用のこと。
普通であれば水と油は混ざり合わず、分離してしまいます。
ところが乳化作用を持つレシチンがあれば、水と油が混ざります。

つまり、レシチンの乳化作用があるおかげで、
細胞内に溜まった不要な老廃物を排出できるんです。
血管内では、レシチンが血管壁に溜まったコレステロールを
溶かして排出し、血管の若さを保つことに一役買ってくれます。

なお、レシチンは卵黄・大豆・ピーナッツなどに含まれていますが、
含有量で比べるなら、卵黄がもっとも多くのレシチンを含んでいます。

そのため、高血圧予防のために効率的にレシチンを摂取するなら、
卵黄の栄養分がさらに凝縮した卵油を利用するのがオススメ。

2)血中のコレステロール値を下げる「リノール酸」

リノール酸とは、植物油の主成分である脂肪酸の一つです。
紅花油やひまわり油などに多く含まれていることが知られています。

リノール酸が話題になったのは、1950年代後半に発表された、
アメリカでの研究結果がきっかけでした。この研究によって、
「リノール酸にはコレステロール値を下げる効果がある」
ということが明らかになったのです。

コレステロール値の上昇は、高血圧の引き金となります。
逆にレシチン摂取でコレステロール値を正常に保つことができれば、
高血圧予防として期待できるということです。

リノール酸は私たちの健康に不可欠な脂肪酸ですが、
残念ながら、人間の体内では作り出すことができません。
そのため、食事やサプリメントなどで摂取する必要があります。

3)悪玉コレステロールを減らす「オレイン酸」

オレイン酸もリノール酸と同じく、植物油に含まれる脂肪酸の一種。
オリーブ油や紅花油・ひまわり油・菜種油などに多く含まれています。

オレイン酸が注目を集めるようになったきっかけは、
1960年代、世界各国の食生活と病気に関する調査でした。

同調査で、地中海沿岸の国々は他のヨーロッパ諸国と比べ、
心臓疾患を原因とする死亡率が低いことが明らかになりました。
その原因が、地中海沿岸で多用されるオリーブオイルだったのです。

オレイン酸には、過剰に増えてしまった悪玉コレステロールを減らし、
血液をきれいにすることで、動脈硬化など生活習慣病を予防してくれます。

つまり、オレイン酸が減らすのは、あくまで悪玉コレステロールだけ。
卵油を活用してオレイン酸を意識的に摂れば、血管内の健康を保ち、
高血圧予防に役立つことが期待できるというわけです。

参考:黒にんにくは血圧の改善に良い?血圧が下がる食べ方は?

卵油を摂るなら黒にんにく卵黄油サプリメント

まとめると、卵油が高血圧予防になる理由は次の通り。

  • ・コレステロール値を下げて、血液の流れを良くする
  • ・血管壁に付着したコレステロールを溶かし、きれいに!
  • ・血中の悪玉コレステロールを減らし、血液をきれいにする

卵油には、高血圧予防に役立つ効果効能が期待できます。
高血圧のリスクが上がる中高年の方は、ぜひ役立てましょう。

ただし、卵油は特有のにおいがあり、そのままでは飲みにくいため、
黒にんにく卵黄油など、手軽なサプリメントで摂るのがオススメ。
高血圧予防に役立てたい方は、ぜひ一度ご活用くださいませ。

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。
  • すべて完全無添加「自然素材」サプリメント
  • 「いつでも」「どこでも」飲める無臭カプセル

10%オフ!定期購入コース

20%オフ!お得パック商品

ページトップへ