活性酸素を減らす食べ物7種類!老化の速度をコントロール

お電話でのご注文もお待ちしています!0120-497-962 受付:9:00~18:00(土・日・休み)

  • マイページにログイン
  • 新規会員登録(無料)
  • 商品一覧
  • お問い合わせ
  • 美健ホームページ
  • お試しサンプル
  • 定期コース
  • まとめ買い
  • 健康コラム
  • お客さまの声
  • ご利用ガイド

役立つ!健康コラム

活性酸素を減らす食べ物7種類!老化の速度をコントロール

テーマ:症状別による予防と対策

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

老化の最大の原因と言われているのが活性酸素です。
シミやシワ、病気の原因など、悪者イメージをお持ちでは?

呼吸している以上、どうしても活性酸素は発生してしまいます。
でも、食べ物に含まれる抗酸化成分をうまく取り入れることで、
老化の速度をコントロールすることができます。

意外と知らない活性酸素の意味や、活性酸を減らす食べ物など、
健康と美容のために知っておきたい情報をまとめました。

活性酸素とは?なぜ減らす必要が?

活性酸素とは、他の物質をさびつかせる力が強い酸素のこと。
私たちは呼吸することで毎日大量の酸素を体内に取り入れており、
そのうち、約2%の酸素が、活性酸素に変化すると言われています。

つまり、活性酸素は呼吸すると自然に発生するというわけですね。
活性酸素というと、悪者イメージを持つ方も多いと思いますが、
活性酸素がつくられることで、実はメリットもあります。

<メリット>
強い酸化力で、体内に入ってきた細菌を退治する

<デメリット>
細胞にダメージを与え、シミやシワ・病気を引き起こす

物忘れをしたお婆さん

このように、活性酸素は身体にとって必要な成分です。
ただし増えすぎると、老化や病気の原因となる可能性も。

基本的に、活性酸素は普通に生活していても作られる成分ですが、
年齢を重ねることで、身体がさびつくのはある程度仕方ありません。

ただし、あまりにも過剰な活性酸素は、健康や美容の大敵です。
活性酸素が増えすぎないよう、早いうちから対策しましょう。

活性酸素を減らす食べ物の種類とは

食べ物の中には、活性酸素の働きを抑える抗酸化成分を含み、
私たちの身体が酸化するのを防ぐ役割を果たすものがあります。
手軽で簡単に取り入れられる主な食べ物について紹介しましょう。

1)ニンジン

ニンジンに含まれるβーカロテンは、活性酸素から身体を守る栄養素。
体内に入ると、活性酸素を減らす働きをしてくれます。

β-カロテンは油に溶けやすく、脂質と一緒に摂ると吸収率がアップ。
しかも、熱にも強い栄養素なので「炒める調理」がおすすめです。

ビタミン

βカロテンはニンジンの他、ピーマンにも豊富に含まれています。
ピーマンと一緒に炒めると、さらにβ-カロテン量も増えますね!

たとえば「ニンジンとピーマンのおかか炒め」

細切りにしたニンジンとピーマンを炒め、醤油とみりんで味つけし、
たっぷりとおかかをまぶしたら、簡単でおいしい一品になります。
オレンジと緑で色合いも鮮やかなので、お弁当でも大活躍です!

2)トマト

トマトに含まれるリコピンは、高い抗酸化力をもつ栄養素です。
なんと、β-カロテンの2倍、ビタミンEの100倍なんだとか!

リコピン含有量が多い機能性野菜「高リコピントマト」も、
必要に応じ、うまく食卓に取り入れてみるといいですね。

リコピンはβカロテンと同じく、油に溶けやすい成分です。
生で食べることが多いトマトですが、油で炒めて食べましょう。

たとえば、簡単でおいしいのが「トマトと卵の炒め物」
加熱すると甘みが増すため、味つけは塩こしょうだけでも。
トマトと卵なら、いつでも冷蔵庫にあるのでとてもお手軽です。

もしくは、ごま油で炒めて中華風にして、
塩こしょうとオイスターソースで味をつけると、
ごはんが進む一品になり、ご家族もきっと大喜びですよ。

3)ブルーベリー

ブルーベリーは、ポリフェノールの一種・アントシアニンが豊富。
ポリフェノールは特に、活性酸素を減らす成分として有名ですね。

アントシアニンは青紫色をした天然色素。特に皮に特に多い成分で、
ブルーベリーは皮ごと食べられるので、しっかり栄養が摂れます。

ブルーベリー

また、ブルーベリーはそのまま食べても美味しいですが、
さらにヨーグルトを加えると、手軽な朝食メニューになります。
オリゴ糖で甘みを足すと、お腹にも優しい一品で女性におすすめ!

4)りんご

りんごにも、特有の「りんごポリフェノール」が含まれており、
体内で発生した活性酸素を無害化する働きが期待できます。

りんごを切ってそのままにすると、断面が茶色くなりますよね?
あれは、りんごポリフェノールが酸素と反応して起こる現象なんです。

りんごポリフェノールは、果肉部分より皮に多く含まれており、
無農薬のりんごなら、皮ごと食べるとたっぷり摂取できます。

昔から「一日一個のりんごは医者を遠ざける」と言われてきました。
スーパーなどで年中、手に入るりんごで、元気な身体を保ちましょう。

5)チョコレート

チョコレートの原料・カカオには、カカオポリフェノールが含まれ、
体内にある活性酸素を減らすという、貴重な働きをしてくれます。

抗酸化作用を期待するなら、カカオ分の多いものを選ぶこと。
カカオ分70%以上の、ダークチョコレートを選びましょう。

ダーク板チョコ

ダイエット中でチョコレートの糖分が気になる……という方は、
近年スーパーフードとして人気を集める「カカオニブ」もおすすめ!

カカオニブとは、カカオ豆を焙煎した後、外皮や胚芽など、
無駄なものを取り除いて、チップ上に砕いたものを指します。
チョコレートのように、バターや砂糖の添加物が入っていないため、
カロリーを気にすることなく、カカオ豆そのものの栄養を摂取できます。

6)緑茶

もちろん、お茶の中にも、抗酸化作用をもつものがあります。
特にポリフェノールの一種・カテキンが豊富な緑茶がおすすめ。

カテキンは緑茶以外の茶葉にも含まれ、渋みや苦みのもとになる成分。
緑茶ならではの味わいを楽しむことが、カテキン摂取につながりますよ。

栄養効果を引き出すには、お茶を入れる温度に気を配りましょう。
カテキンが溶けやすいと言われている「80度以上」が目安です。
ただし、温度が高すぎると、渋みが強く出すぎる場合もあり、
80度を目安にして、ゆっくりと入れるようにしましょう。

7)にんにく

にんにくに含まれる香り成分のことを「アリシン」と言います。
このアリシンにも活性酸素を減らす働きがあると言われています。

生の白いにんにくを熟成発酵させて、黒にんにくにさせると、
アリシンは「S-アリルシステイン」という成分へと変化し、
さらに、抗酸化作用がアップすると言われています。

にんにく

黒にんにくは、生にんにくより刺激も少なく、胃が弱い方でも安心。
プルーンのような甘酸っぱさで食べやすく、おすすめの食材です。

バランス良く食べることが大事!

抗酸化作用のある食べ物は、一つだけ食べればよいわけでなく、
あくまでもバランスよく、いろいろと食べることが基本です。

たとえば、朝食にブルーベリー入りヨーグルトを食べたり、
晩ごはんには野菜炒めを、おやつにはチョコレートをなどと、
少しずつ、いろいろな種類が食べられるように工夫しましょう。

もちろん、サプリメントを利用するのも一つの手段です。
たとえば、当店の黒にんにく卵黄油サプリメントを利用なら、
黒にんにくの抗酸化成分「S-アリルシステイン」が摂取できます。

水があればさっと飲めるので、仕事や家事の合間、寝る前など、
ちょっとの時間で、体内に必要な成分を摂ることができます。

いつまでも年齢に負けず、元気で美しくいられるように、
活性酸素を減らす食べ物やサプリをご活用ください!

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

症状キーワード

主な症状
滋養強壮
美容対策
予防防止
  • すべて完全無添加「自然素材」サプリメント
  • 「いつでも」「どこでも」飲める無臭カプセル
黒にんにく卵黄油
初回限定!10%オフの実感コース

ページトップへ