認知症の予防にレシチンが良い?認知症の症状が心配な方に

お電話でのご注文もお待ちしています!0120-497-962 受付:9:00~18:00(土・日・休み)

  • マイページにログイン
  • 新規会員登録(無料)
  • 商品一覧
  • お問い合わせ
  • 美健ホームページ
  • 黒にんにく卵黄
  • ビタミンC入り
  • 太陽卵化粧品
  • 健康コラム
  • お客さまの声
  • ご利用ガイド

役立つ!健康コラム

認知症の予防にレシチンが良い?認知症の症状が心配な方に

テーマ:症状別による予防と対策

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

加齢と共に発症リスクが高まる病気の一つが認知症です。

認知症患者の数は、2012年の時点で462万人と発表されました。
厚生労働省の試算によれば、2025年には認知症患者は700万以上に。
なんと65歳以上の「5人に1人」が認知症になるという計算です。

認知症の予防効果が期待されているのが、レシチン。
認知症にならないためには、認知症の症状や原因をよく知り、
早くから認知症予防にレシチンを取り入れることをオススメします。

認知症の症状とは?

認知症とは、脳が行っている記憶したり考えたりといった、
認知機能が低下し、生活する上で支障が出る症状を指す言葉。

主な症状には、次のようなものがあります。

  • ・やたらと怒りっぽくなった
  • ・物や人の名前が出づらくなった
  • ・以前あった興味や関心が失われた
  • ・置き忘れやしまい忘れなどが目立つ
  • ・同じことを何度も言ったり聞いたりする

なお、加齢による物忘れと認知症は、まったく異なります。

「約束したことは覚えているが、日時が思い出せない」場合は、
加齢によって記憶力が低下したことによる物忘れと考えられます。
一方、約束した事実さえ忘れる場合は、認知症の可能性が高いです。

症状が重くなると、家族のことすら認識できなくなり、
徐々に身体機能も低下し、寝たきりになる場合もあります。

認知症の原因とは?

認知症の主な種類は、下記となります。

  • ・脳血管型認知症
  • ・前頭側頭型認知症
  • ・レビー小体型認知症
  • ・アルツハイマー型認知症

特に多いのがアルツハイマー型認知症で、全体の50~60%を占めます。
続いて多いのが脳血管型認知症で、占める割合は約20%です。

それぞれ原因が異なり、いまだに完全には解明されていません。
ただし、病気やストレスの他、さらには生活習慣など、
複数の要因が関わっていると言われています。

このような原因によって、脳の神経細胞が死んだり、
ネットワークが壊れることで、認知症の症状が出ます。

アルツハイマー型認知症は、20年も前から脳に異変が起きると言われ、
最近では、64歳以下の人に現れる若年性認知症も増えています。
まだ若いからと油断せず、予防を早めから行いましょう。

認知症予防にレシチンが役立つ理由は?

認知症予防に役立つとして、近年、注目を集めているのがレシチン。
レシチンとはホスファチジルコリンなど、数種類あるリン脂質の総称。

卵黄から発見されたため、ギリシャ語で卵黄を意味する、
レシトスにちなみ、レシチンという名前がつけられました。

レシチンは、次の食品に多く含まれています。
「卵黄・大豆・銀杏・ウニ・ウナギ・レバー」

食品から摂取できるレシチンですが、体内にも存在しており、
特に、脳内で記憶をつかさどる「海馬」(かいば)に多く存在し、
レシチンを多く保つことで、記憶機能も保たれると考えられています。

また、レシチンは神経伝達物質アセチルコリンを作る材料。
アセチルコリンは、「コリン+アセチルCoA」から作られます。
この時に使われるのが、レシチンの一種、ホスファチジルコリン。

レシチンが不足してしまうと、アセチルコリンの生成量が減り、
脳内の神経系統に、ダメージを及ぼしてしまう可能性があります。
逆にレシチンを十分に保つと、アセチルコリンが豊富に作られ、
脳内の神経も正常な状態に保たれると考えられています。

つまり、次のような効果が期待できます。

  • ・記憶をつかさどっている海馬の状態を保つ
  • ・神経伝達物質の材料となり、神経を正常に保つ

脳の健康を保つため、レシチンが活用されているんですね。

卵黄レシチンを含む卵黄油を!

脳の健康に欠かせないレシチンは、体内で作られますが、
加齢と共に、生成量が徐々に減っていくことが分かっています。
体内で作られる量が減ることは、外から補う必要があるということ。

成人で、「1日に3,000~6,000mg」が理想の摂取量ですが、
実際には、1,000mg以下しか摂れていないとも言われています。

レシチンを含む卵黄や大豆・ウナギ・レバーなどをしっかり食べたり、
必要に応じてサプリメントも活用し、積極的にレシチンを摂りましょう。

レシチンを特に多く含むのは、卵黄や大豆で、
それぞれ、卵黄レシチン・大豆レシチンと呼ばれ、
どちらも使用する原料が違うだけで同じレシチンです。
性質や働きに大きな差があるというわけではありません。

ただし、認知症予防に活用するなら、卵黄レシチンがオススメです。
アセチルコリンの材料ホスファチジルコリンを多く含んでいるためで、
卵黄の有効成分を凝縮した卵黄油なら、卵黄レシチンを効率よく摂れます。

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。
この記事を書いた人ご紹介!
太陽卵美健の店長/岩素子(いわもとこ)/長崎県出身在住
私の想いはコチラの記事より「太陽卵卵黄油黒にんにく誕生秘話」
商品を通して一人でも多くの方に元気で笑顔の毎日を過ごしてほしい。

太陽卵化粧品ボディローション

ビタミンC入り!お試しサンプル

ビタミンC入り!通常タイプ商品

ページトップへ