老化を遅らせるにはしっかり空腹を感じてから食べること

お電話でのご注文もお待ちしています!0120-497-962 受付:9:00~18:00(土・日・休み)

  • マイページにログイン
  • 新規会員登録(無料)
  • 商品一覧
  • お問い合わせ
  • 美健ホームページ
  • お試しサンプル
  • 黒にんにく卵黄
  • ビタミンC入り
  • 健康コラム
  • お客さまの声
  • ご利用ガイド

役立つ!健康コラム

老化を遅らせるにはしっかり空腹を感じてから食べること

テーマ:心とカラダの健康づくり

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

いつまでも若々しく、健康で長生きしたい。
そんな不老長寿は多くの人が抱く望みですよね。
だからこそ今は平均寿命も延びているのでしょう。

医療技術も格段に発達して人生100年時代も間近…。
健康を維持しつつ100歳を超えて生きることは、
すでに不可能なことではなくなっています。

近年の流行りの健康ブームなどもあってか、
老化に関する研究が急速に進んでいます。
さまざまな対策を日々の生活に取り入れて、
老化を遅らせたいものですね。

簡単に始められる老化対策の一つが、
「しっかり空腹を感じてから食べる」こと。

規則正しく食べることは大切ですが、
身体を再生するという意味においては、
空腹を感じてから食べるほうが良いそうです。

なぜなら空腹時間が長くなると、
身体は一時的に飢餓状態に陥って、
特別な作用や遺伝子が働き始めるから。

それが「オートファジー」(自食作用)と、
「サーチュイン遺伝子」(長寿遺伝子)です。

※オートファジー

オートファジーは、細胞内にある不要な物質を、
自ら分解してくれる「自食作用」のこと。
飢餓状態に置かれると細胞は自らを消化します。
いわば、細胞のリサイクルシステムですね。

※サーチュイン遺伝子

サーチュイン遺伝子は、別名・長寿遺伝子。
飢餓状態になると防衛本能が働き、この遺伝子が活性化。
細胞の老化を遅らせようとするのです。

このような仕組みを理解しておくと、
より効率的な老化防止がはかれそうですね。

ただし、むやみなカロリー制限は避けましょう!
特に女性の場合、腰や脚の付け根の骨密度が下がり、
身体能力が落ちますので、かえって老化が進行します。

特に65歳以上になると、低栄養状態に陥って、
感染症にかかりやすくなってしまいます。

さらには、筋肉不足や骨粗しょう症などで転倒し、
寝たきりになる恐れもありますので注意しましょう。

なお、サーチュイン遺伝子が活性化するのは、
何も空腹のときに限るというわけではありません。
ポリフェノールや発酵食品の摂取も有効なのだとか。

この二つを兼ね備えているのが、黒にんにく!
ぜひ当店の太陽卵卵黄油黒にんにくをご活用ください。

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。
  • すべて完全無添加「自然素材」サプリメント
  • 「いつでも」「どこでも」飲める無臭カプセル

ビタミンC入り!お試しサンプル

ビタミンC入り!通常タイプ商品

ページトップへ