悪玉コレステロールとは?超悪玉コレステロールを減らす

お電話でのご注文もお待ちしています!0120-497-962 受付:9:00~18:00(土・日・休み)

  • マイページにログイン
  • 新規会員登録(無料)
  • 商品一覧
  • お問い合わせ
  • 美健ホームページ
  • お試しサンプル
  • 黒にんにく卵黄
  • ビタミンC入り
  • 健康コラム
  • お客さまの声
  • ご利用ガイド

役立つ!健康コラム

悪玉コレステロールとは?超悪玉コレステロールを減らす

テーマ:症状別による予防と対策

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

何かと悪者扱いされることの多い悪玉コレステロール。
でも実は、肝臓でつくられたコレステロールを、
全身へ運ぶという大事な役割を担っています。

そのため数値を下げることだけに注目すると、
むしろ健康リスクを高めてしまうケースがあるのです。

知っているようで、意外と知らない悪玉コレステロール。
善玉と悪玉コレステロールの違いや、
最近話題の「超悪玉コレステロール」について解説します。

悪玉コレステロールとは?

コレステロールとは脂質の一つで、
いわゆる「善玉」と「悪玉」の2種類に分けられています。

名前が違うので、別物のように思われがちですが、
実は「役割」が違うだけ。もともとは同じものなんです。

善玉と悪玉の役割の違いは次の通りです。

※善玉コレステロール(HDL)
血管にある余分なコレステロールを肝臓に戻す回収屋。

※悪玉コレステロール(LDL)
肝臓でつくられたコレステロールを全身に届ける運び屋。

運ぶ悪玉と、それを回収する善玉。
要は、血管内でどのような仕事をしているかによって、
呼び名が違ってくるということです。

そもそもコレステロール自体、
決して悪いもの、害のあるものではありません。

例えばコレステロールは、髪や皮膚を滑らかにします。
そして、細胞膜やさまざまなホルモン、
脂肪の消化吸収を助ける胆汁酸の材料としても使われます。

だから不足すれば、髪はパサパサ、お肌もカサカサ、
あちこち調子が悪い……といった状況に陥るかもしれません。

コレステロールというのはむしろ、
私たちが健康に暮らすために欠かせない栄養素なのです。

なぜ「悪玉コレステロール」と呼ばれるの?

身体にとって大切な役割を果たすコレステロール。
それなのになぜ、悪玉という名前がついているのでしょうか?

それは、コレステロールが必要以上に運ばれると血管内で余り、
過剰なコレステロールが動脈の壁に次々と入り込んで、
動脈硬化を引き起こしてしまうから。

そして、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが上がるため、
悪玉という名前で呼ばれているのです。

動脈硬化の図

ただし大事なことは、善玉と悪玉のバランス。
二つがバランスよく保たれていれば、
コレステロールが余ることはありません。

そのための目安となるのが「LH比」です。

LH比とは、悪玉と善玉の比率を表した数字で、
値が大きくなればなるほど、注意が必要です。

LH比=悪玉(LDL)÷善玉(HDL)

  • ・1.5未満 …… 健康
  • ・2.0以上 …… 注意

血液検査や健康診断の結果をお持ちであれば、
ぜひお手元に用意して、一度計算してみてください。

もしもLH比が高い場合は、
悪玉を減らし、善玉を増やすことが大切です。
そのために有効とされているのが、次の栄養素です。

  • ・卵黄や大豆に含まれる「レシチン」
  • ・ネギやニンニクなどのにおい成分「アリシン」
  • ・アジやイワシ、サバなど青魚に含まれる「DHA・EPA」
  • ・オリーブオイルやアーモンドなどに含まれる「オレイン酸」

ぜひ普段の食生活に、意識的に取り入れましょう。

本当に気をつけるべきは超悪玉コレステロール!

悪玉コレステロールも、善玉とのバランスがとれていれば、
身体に悪影響を及ぼすわけではありません。

ただし、近年注目が集まる
通称超悪玉コレステロールになると話は別。

健康を保つためには、
この超悪玉コレステロールを増やさないことが、
とても大切なポイントなのです。

元気な善玉菌

超悪玉コレステロールとは、
通常の悪玉と比べてサイズが小さい、
「小型LDLコレステロール」のこと。

小さい分、血管壁に侵入しやすく、
動脈硬化をより進行させると言われています。

さらには、肝臓に吸収されにくいため、
血液中に長くとどまって酸化され、
動脈硬化の直接的な原因となりやすいのです。

超悪玉コレステロールを減らすためのポイントは、
「小型化させない」「酸化させない」の2点です。

1)小型化させない

血液中に中性脂肪が多ければ多いほど、
悪玉コレステロールが小型化することが分かっています。
つまり小型化を防ぐには、中性脂肪を減らすことが重要です。

こってりした揚げ物や飲酒、炭水化物をなるべく控え、
適度な運動を心がけましょう。

2)酸化させない

酸化を防ぐためのカギを握るのが「抗酸化作用」
特に、ビタミンACE(エース)は
高い抗酸化作用を持ち、抗酸化ビタミンと呼ばれています。

単体で摂取するよりも、組み合わせることによって、
相互に作用し合って、より高い効果が期待できます。

ビタミンCは、水溶性のため汗や尿に溶け出すので、
摂りだめすることができません。
こまめに補給することを心がけましょう。

食生活の見直しで正しいコレステロール対策!

何かと悪者扱いされるコレステロールですが、
決して身体に害を及ぼすものではありません。

大切なことは「善玉と悪玉のバランスを保つ」こと。
そして「超悪玉コレステロールを増やさない」ことです。

コレステロールの70~80%は肝臓でつくられ、
残りの20~30%を食事から補給しています。
正しい理解をした上で、食生活を見直しましょう。

善玉を増やし悪玉を減らすと言われる、
青魚やネギ、ニンニク、オリーブオイルなどを摂り、
さらには、ビタミンACEが補給できる食材を
積極的に摂ることをおすすめします。

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。
  • すべて完全無添加「自然素材」サプリメント
  • 「いつでも」「どこでも」飲める無臭カプセル

ビタミンC入り!お試しサンプル

ビタミンC入り!通常タイプ商品

ページトップへ