にんにく卵黄の効果や効能とは?にんにくと卵黄で相乗効果

お電話でのご注文もお待ちしています!0120-497-962 受付:9:00~18:00(土・日・休み)

  • マイページにログイン
  • 新規会員登録(無料)
  • 商品一覧
  • お問い合わせ
  • 美健ホームページ
  • お試しサンプル
  • 定期コース
  • まとめ買い
  • 健康コラム
  • お客さまの声
  • ご利用ガイド

役立つ!健康コラム

にんにく卵黄の効果や効能とは?にんにくと卵黄で相乗効果

テーマ:黒にんにく卵黄油とは?

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

にんにく卵黄は、にんにくと卵黄を原材料とする健康食品ですが、
身体にいいと分かっていても、効果効能を知らない方も多いのでは?

疲労回復をはじめ、にんにく卵黄にはさまざまな効果効能があり、
何かと忙しい現代人の健康的な生活をサポートしてくれる存在です。
そんなにんにく卵黄がもつさまざまな効果効能についてご紹介します。

長い歴史を持つ伝統的なスタミナ健康食品

にんにく卵黄は、長い歴史を持つ伝統的な健康食品。古くから人々の生活の中に根付き、愛用されてきました。にんにく卵黄がはじめて日本の歴史に登場するのは江戸時代です。
当時の参勤交代で、長い道のりを行き来するにあたり、スタミナを必要としていました。

そんな中、薩摩藩によりにんにく卵黄が考案され、スタミナ食として愛用されるように。当初は、発祥の地・南九州を中心に愛用されたにんにく卵黄。次第に効果効能の多さから広く知られるようになり、現代では、まさに全国区の健康食品となっています。

白にんにく

では、にんにく卵黄には、どのような効果効能があるのでしょうか?
代表的なにんにく卵黄の効果効能について詳しく見てみましょう。

にんにく卵黄の効果効能「疲労回復・滋養強壮」

にんにく卵黄の効果効能として、まず挙げられるのは、「疲労回復・滋養強壮」効果。
にんにくは昔からスタミナ食材として知られていますが、スタミナアップの秘密は、
にんにくに含まれるビタミンB1と、にんにく特有のにおい成分・アリシン。

ビタミンB1とアリシンが結びつくと、アリチアミンという物質に変化しパワーアップ!「ビタミンB1より強力なビタミンB1」になります。ビタミンB1は、エネルギー源である糖質から、エネルギーを取り出す際に欠かせない栄養素。スムーズなエネルギー作りにはビタミンB1が欠かせません。ところがビタミンB1は、水に溶ける水溶性ビタミンです。
汗や尿としてすぐ溶け出してしまうという難点があります。

要は、体内に摂り込んでも長持ちしません。持続力がない難点を補う解決策となるのが、パワーアップしたビタミンB1であるアリチアミン。というのも、アリチアミンになると脂溶性に変わるため、水に溶けにくく、体内に長く蓄えておくことができます。
つまり持続力がアップして、効果が長持ちしてくれるんですね。

ビタミンB1の働きが長時間持続してくれれば、糖質がスムーズにエネルギーへ変換されスタミナアップにつながります。その結果、疲労回復や滋養強壮に役立つというわけ。
しかも、卵黄にもビタミンB1が含まれ、アリシンは卵黄のビタミンB1とも結合。
そして、より多くのアリチアミンが作られて、活躍してくれます。

にんにく卵黄がもつ疲労回復・滋養強壮効果は、にんにくと卵黄の相乗効果のおかげ。
ただし、ビタミンB1が本来の働きをするためには、エネルギー源の糖質がなくては話になりません。糖質を摂れるのは主食であるごはんやパンなど。にんにく卵黄の疲労回復・滋養強壮効果を生かすためには、朝どんなに忙しくても、必ず朝食を食べましょう。

にんにく卵黄の効果効能「血管の健康維持」

にんにく卵黄の効果効能として次に挙げられるのが、血液のスムーズな運搬に欠かせない「血管の健康維持」です。血管は血液の通り道です。血液が全身に酸素や栄養素を運び、同時にいらなくなった、二酸化炭素や老廃物を運び出す役割を果たしています。

血管の通り道が広く保たれ、柔らかく弾力のある状態であれば、血液はスムーズに流れ、酸素や栄養素が十分に運ばれます。その結果、健康を保つことにもつながります。逆に、
血管壁にコレステロールなどの脂分がこびりついて、血液の通り道が狭くなり硬くなっていたらどうでしょうか?血液の流れが滞り、健康が保ちにくくなりますよね。

「血管の健康=全身の健康」と言っても過言ではありません。
そこで、血管の健康維持に役立つのが、「にんにく卵黄」です。

にんにく卵黄

長い歴史を持つ伝統的なスタミナ健康食品!にんにく卵黄

にんにくには、血中の悪玉コレステロールを減らす一方、善玉コレステロールを増やすという働きがあります。悪玉コレステロールが血管壁に蓄積するのを防ぎ、広くしなやかな血管を保つのに役立ってくれるのです。卵黄にも、水と油をむすびつける「乳化作用」がありますから、血管壁にこびりついているコレステロールをこそげとります。

にんにく卵黄を摂り続けることで、血管の健康を保っていれば、結果的に全身の健康管理につながります。動脈硬化はなんと十代前半から徐々に始まり、45歳を過ぎて発症すると言われています。できれば四十代から、血管の健康管理を意識したいものですね。

にんにく卵黄の効果効能「免疫力アップ」

にんにく卵黄の効果効能として「免疫力アップ」効果も注目を集めています。免疫という働きは、多くの免疫細胞のチームプレーによるもの。にんにくのにおい成分アリシンは、免疫細胞の中でも「NK細胞」を活性化させる働きがあります。

NKとは「ナチュラルキラー」の略。つまり「生まれつきの殺し屋」。NK細胞は、いわば見回り役です。常に全身をパトロールして、細菌やウイルスなどの侵入者を見つけ次第、すぐに退治してくれる頼れる存在なのです。見回り役であるNK細胞が元気でなければ、どうなるでしょうか?細菌やウイルスに付け入るスキを与えてしまいます。

要は、病気にかかりやすくなるということです。

「最近風邪を引きやすくなった」「昔はインフルエンザと無縁だったのに、毎年かかってしまう」という方は、NK細胞が弱っているのかもしれません。免疫力アップを心がけて病気になりにくい身体作りをすることが大切です。

しかも、にんにく卵黄のもう一つの材料である卵黄も、免疫力アップに欠かせない栄養を豊富に含んでいます。卵は「完全栄養食品」とも呼ばれるぐらい栄養たっぷりの優等生。免疫細胞の材料にもなるアミノ酸をはじめ、身体の調子を整えるビタミンやミネラルも、まんべんなく含んでいます。

このように、にんにくと卵黄の強力コンビは免疫力アップに欠かせない栄養を多く含み、
その効果効能として「風邪を引きにくくなった」「インフルエンザにかからなくなった」と実感する方が多いのも、納得のいく話と言えるでしょう。

にんにく卵黄の効果効能「腸内環境の改善」

にんにく卵黄の効果効能として「腸内環境の改善」効果も見逃せません。皆さんもご存じのように、腸内には善玉菌と悪玉菌がいます。にんにくに含まれるオリゴ糖は、善玉菌の大好物です。にんにくを摂ることで結果的に、腸内の善玉菌にも働きかけることができ、腸内環境改善につながります。

例えば、母乳を飲んでいる赤ちゃんの腸内は、善玉菌がいっぱいです。なんと腸内細菌のおよそ9割が、善玉菌であるビフィズス菌とか。ところが年齢を重ねることで、少しずつ善玉菌は減り悪玉菌が増え始めます。「肉食が多い」「食物繊維を摂らない」「発酵食品が苦手……」こうした食生活を続けると、ますます悪玉菌が増えてしまいます。

黒にんにく卵黄油

オリゴ糖を含むにんにくだけではなく、卵黄も腸内環境にプラスに働きます。なぜなら、卵黄の有効成分レシチンは「老廃物の運び屋」として、頑張ってくれるため。レシチンがもつ乳化作用によって、本来は混ざり合わない、脂溶性と水溶性の成分が溶け合います。そのおかげで、腸内の余分なものを体外に排出することができるのです。

にんにく卵黄の効果効能「冷え性の改善」

にんにく卵黄の効果効能には、女性に多い「冷え性の改善」もあります。冷え性の場合、外から温めても効果は一時的です。本当に冷え性を改善するには、身体の内側から温めることが欠かせません。そこでポイントになるのが血液です。なぜなら、体内で作られた熱を全身に運ぶのは血液だから。熱を含んだ血液が全身をくまなく流れることで、身体全体が温まります。要は、血液が熱を広げてくれるイメージです。

身体の先端に行けば行くほど血管は細くなり、血液は流れにくくなります。どこかで流れが詰まれば、影響は全身に及びます。血液がスムーズに全身を流れるには、何かと詰まりやすい末梢の血管をいい状態に保つことが大事なポイント。

そこで活躍するのが、にんにくなんです。

にんにくには末梢の血管を押し広げ、血液を流れやすくする働きがあります。血液がたっぷり流れると、温かい血液が体のすみずみまで届きます。結果として内側からポカポカと温かい身体になるというわけです。

冷え性の改善効果を後押ししてくれる成分がもう一つ。卵黄に含まれる「卵黄コリン」。冷え性の場合、自律神経の乱れが隠れていることが少なくありません。コリンは自律神経のバランスを整える働きをもっています。たかが冷え性、されど冷え性。

放置していると、さまざまな病気の引き金になってしまいます。例えば、肩こりや腰痛は代表的な例です。女性の場合、冷えが月経不順や無月経も引き起こしかねません。その他慢性疲労や不眠などにつながる可能性も。冷え性はさまざまな不調の原因になるのです。健康な毎日のためにも、にんにく卵黄で身体の内側から冷え性を改善しましょう。

その他にも期待できる効果効能とは?

にんにく卵黄の持つ効果効能は、実に本当にさまざま。
紹介した主な効果効能の他に、次のようなものもあります。

  • ・美肌効果
  • ・殺菌・抗菌作用
  • ・高血圧の改善
  • ・不整脈の改善
  • ・動悸や息切れの解消
  • ・糖尿病予防
  • ・がん予防

当然ながら、にんにく卵黄を摂取したからといって、今回ご紹介したにんにく卵黄の効果効能すべてを実感できるわけではありません。あくまで健康食品ですから、すぐに効果が実感できるとも限りません。にんにくも卵黄も自然素材です。

じっくり身体に作用することで、無理なく調子を整え、身体を土台から整え直してくれるイメージをもつと良いでしょう。病気ではないけれど、あちこち不調を感じている方や、健康管理のために活用したい方にとっては、続ける価値のあるサプリメントです。

胃が弱い方は黒にんにく卵黄油がおすすめ!

さまざまな効果効能を持つにんにく卵黄ですが、胃が弱い方にとっては、やや気がかりな点があります。それは、にんにくの刺激がこたえる可能性があるということ。にんにくは独自の刺激が有効成分として働きますが、胃が弱い方にとっては刺激が強すぎて、ゲップが出たり、ときには、胃に軽い痛みを覚えたりしてしまう場合もあります。

黒にんにく卵黄油

にんにく卵黄のパワーをさらにアップ!黒にんにく卵黄油

胃が弱くて、にんにくの刺激が気になる方は、マイルドな黒にんにく卵黄油を飲むことをおすすめします。黒にんにくは生にんにくを熟成発酵したもの。手間がかかっている分、期待できる効果効能もアップし、刺激がマイルドのため、胃に余計な負担をかけません。にんにく卵黄の効果効能を試したいけど、胃が弱い方やできるだけ胃に負担のないものを選びたい方は、ぜひ一度、黒にんにく卵黄油サプリメントをお試しください!

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

症状キーワード

主な症状
滋養強壮
美容対策
予防防止
  • すべて完全無添加「自然素材」サプリメント
  • 「いつでも」「どこでも」飲める無臭カプセル
黒にんにく卵黄油
初回限定!10%オフの実感コース

ページトップへ