症状別による予防と対策|健康コラム|太陽卵美健通販サイト

お電話でのご注文もお待ちしています!0120-497-962 受付:9:00~18:00(土・日・休み)

  • マイページにログイン
  • 新規会員登録(無料)
  • 商品一覧
  • お問い合わせ
  • 美健ホームページ
  • お試しサンプル
  • 定期コース
  • まとめ買い
  • 健康コラム
  • お客さまの声
  • ご利用ガイド

役立つ!健康コラム

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

インフルエンザは、38度を超える高熱が出るのが特徴です。
ただし多くの場合、発症してから3~5日ほどで熱は下がります。
5日目になっても下がらない場合、特に子どもだと心配ですね。

今回は、インフルエンザで熱が下がらない場合の原因と対処法、
インフルエンザのときの解熱剤の利用などについてお伝えします。

インフルエンザで熱が下がらない原因は?

個人差はあるものの、インフルエンザにかかると寒気がして、
一気に38度以上の高熱が出る方が大半です。

適切なタイミングで抗ウイルス薬を服用することで、
早い段階で熱が下がり始め、早期治癒が期待できます。
インフルエンザが疑われるなら、早めの受診が大原則です。

ただし、なかなかインフルエンザの熱が下がらないケースも。
主な原因と対処法について紹介します。

1)二峰性(にほうせい)発熱

インフルエンザで高熱が出た場合、いったん熱が下がったとしても、
1日~2日ほど経った後に、もう一度発熱することがあります。

このように、ぶり返す熱のことを「二峰性発熱」と呼びます。

インフルエンザで熱が下がらない場合、二峰性発熱が疑われます。
0歳から15歳の子どもに多い症状であることが大きな特徴で、
二峰性発熱の場合、発熱は1~2日続くことが一般的です。

発熱したとしても、再感染したわけではありません。

熱が下がり始めたとしても、まだウイルスは残っています。
そのウイルスが活動し始めることで、また症状がぶり返すのです。

特に、抗インフルエンザ薬を正しく使用していない場合、
体内にウイルスが残り、ぶり返しやすくなると言われています。
また、子どもに多い症状ですが、大人でも起こす可能性があります。

ただし二峰性発熱の場合は、熱が出ても快方に向かいます。
必要に応じて診察を受け、安静にして過ごすようにしましょう。

2)風邪の併発

風邪もインフルエンザと同じく、ウイルスが原因で起こる感染症です。
インフルエンザを発症し、5日目になっても熱が下がらない場合、
風邪を併発している可能性もあります。

実は、風邪の原因となるウイルスは200種以上あります。
インフルエンザにかかることで免疫力が下がれば、
風邪症状を引き起こすウイルスにも感染しやすくなります。

体力のない乳幼児や高齢者の場合、特に注意が必要です。

インフルエンザと風邪の違いは、熱や症状の出方です。
風邪の場合はインフルエンザほど高い熱が出ないことが多く、
のどの痛みや鼻水、くしゃみといった症状が中心です。

必要に応じて医療機関を受診して、しかるべき治療を行いましょう。
免疫力を戻すため、ゆっくりと身体を休ませることも大切です。

3)肺炎や気管支炎、中耳炎などの併発

インフルエンザで熱が下がらない場合、細菌感染を起こし、
中耳炎や肺炎、気管支炎などを併発している可能性もあります。

特に乳幼児の場合、中耳炎にかかりやすい傾向があります。
頻繁に耳を触ったり泣いたり、不機嫌になったりする場合は、
急性中耳炎を疑って、耳鼻咽喉科で診てもらいましょう。

「咳や痰が出る」「息苦しさを感じる」といった症状があるなら、
肺炎や気管支炎などの重篤な合併症の可能性もあります。

これらの細菌感染を起こしているなら、抗生物質の服用が必要です。
抗インフルエンザ薬を飲んでいるだけでは不十分ですから、
早めに受診することをおすすめします。

インフルエンザで熱が下がらないとき、解熱剤は?

インフルエンザの熱がぶり返した場合、そして熱が下がらない場合、
自宅に常備している解熱剤を使おうと考える方もいるかもしれません。

インフルエンザの場合、使ってはいけない解熱剤がたくさんあります。
市販の解熱剤を安易に使うと、インフルエンザ脳炎などの
深刻な合併症を引き起こす恐れもありますから、自己判断は危険です。

病気で頭を冷やしている人

そもそも高熱に耐えられる体力があるなら、なるべく解熱剤を使わず、
自然治癒力で熱を下げるのが望ましいというのが一般的な見解です。

インフルエンザにかかって熱が出るのは、ウイルスに対抗するためです。
解熱剤を飲んで無理に熱を下げれば、抵抗力を下げることになります。

ただし発熱によって意識が朦朧としたり、頭痛や関節痛、筋肉痛といった
痛みの症状がひどくて眠れなかったりする場合は、解熱剤も有効です。
正しい飲み方や、飲んではいけないケース、副作用の注意などを聞き、
医師の指示通り、用法用量を守って正しく服用しましょう。

熱が下がっても油断しないこと!

辛かった高熱が下がり、関節痛や筋肉痛などの症状が緩和すると、
つい自由に動き回りたくなるものです。

インフルエンザの熱が下がっても、完治したわけではありません。
ウイルスは体内に残っているので、油断しないようにしましょう。

もう大丈夫と思って無理をすると、ぶり返す可能性もありますし、
他の人に感染する可能性もあります。出席・出勤停止期間を守り、
自宅で安静に過ごすことを心がけましょう。

また、インフルエンザにかかると高熱や激しい全身症状が続くため、
思いのほか体力を消耗していることがほとんどです。
一週間ほどは無理をせず、自宅で療養に専念すると安心ですね。

インフルエンザで高熱が続いた場合、体内の水分が急速に奪われて、
脱水症状を起こしやすくなります。適切な水分補給を心がけましょう。

インフルエンザに負けない身体づくり!

インフルエンザにかかると、高熱や激しい関節痛、頭痛などで
身体に負担がかかる上、体力を回復するにも時間がかかります。

普段からインフルエンザ予防をして、かからないのが一番ですね!

手洗いやうがい、マスク着用といった基本的な予防対策に加えて、
インエンザに負けない身体づくりも、予防には大切です。
そこで活用していただきたいのが、黒にんにく卵黄油なんです。

黒にんにくに含まれる有効成分アリシンは、優れた殺菌力を発揮。
S-アリルシステインによって、免疫力アップ効果も期待できます。

黒にんにく卵黄油は自然素材だけで作られているため、
食事をする感覚で、身体の調子を整えることができます。
冬を元気に過ごしたい方は、ぜひ黒にんにく卵黄油をお試しください!

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

病気でもなく、健康診断でも特に異常はなかったのに、
体がだるい、重い、疲れやすいという方は多いようです。

これらは、体に無理がかかっていることを知らせるサイン。
病気になる前に生活を見直し、早めに対処しておきましょう。
具体的な症状に関する改善方法を生活パターン別に紹介します。

食生活が乱れがちな方へ

仕事や家事、子育てが忙しい方の場合、何かと食事が乱れがち。
お付き合いやストレスなどで、飲みすぎの方も多いでしょう。

栄養バランスの偏りや飲酒が続くと、体力を回復する栄養素が不足し、
心身の活動に必要なエネルギーが十分に作らない可能性があります。

そこで意識的に摂りたいのが、ビタミンB1です。
ビタミンB1は、エネルギー作りに欠かせない栄養。

ごはんやパンなどの主食を食べて糖質を摂っても、
ビタミンB1がなければエネルギーをうまく作れません。
それどころか糖質が余りがちになり、疲れやすくなります。

特に気をつけたいのが、日頃からお酒をよく飲まれる方です。
なぜなら、アルコール分解時にビタミンB1が使われるため。
しかも、アルコールはビタミンB1の吸収を悪くしたり、
排泄も加速させたりすることが知られています。

なお、厚生労働省が定める「節度ある適度な飲酒」は下記が目安。

  • ・ビール ………… 中ビン1本
  • ・日本酒 ………… 1合
  • ・チュウハイ …… 350mL缶1本
  • ・ウィスキー …… ダブル1杯

参考:e-ヘルスネット「飲酒のガイドライン」

目安以上を毎日のように飲む方は、量を控えましょう。
合わせて、ビタミンB1不足にも注意することが大切です。

ビタミンB1は、豚肉や玄米・うなぎ・卵などに含まれています。
毎日の食生活の中で、できるだけ意識的に摂るようにしましょう。

寝起きのしんどさが特に気になっている方

朝起きると、十分に寝たはずなのに眠気が残っていたり、
体がだるい、重いと感じる方は睡眠を工夫しましょう。

睡眠の長さではなく、「質」にこだわることが大切です。
体を横にして眠っていても、副交感神経がうまく働かなければ、
脳も体も、蓄積したダメージをうまく回復することができません。
質のよい睡眠を効率的にとるためにも、寝る前の過ごし方が重要です。

まずは、寝る直前のスマホをやめてみましょう。
スマホから出るブルーライトのエネルギーはとても強く、
体内リズムを乱す原因になるため、就寝前のスマホは厳禁。

ぐっすり眠れない場合、寝具が合っていないケースもあります。
特に気をつけたいのが、枕の高さが合っているかどうかです。

私たちは、ひと晩のうちに20~30回もの寝返りを打つのだとか。
高さが合わない枕を使っていると、寝返りが打ちにくくなり、
眠りが浅くなる原因になってしまいます。

人間の頭は意外と重く、その重さを毎晩、支えている枕は、
知らない間に低くなったり、硬くなったりしています。

以下、枕素材ごとの耐用年数の目安。

  • ・わた素材 ……………… 2~3年
  • ・羽根 …………………… 2~3年
  • ・ウレタンフォーム …… 2~3年
  • ・パイプ素材 …………… 4~5年
  • ・そばがら ……………… 1~2年

参考:東京西川「まくらの寿命は?」

もちろん、上記のような耐用年数には個人差がありますが、
枕の高さが合わないと感じたら、買い替え時かもしれません。

運動不足を感じている方

普段から運動不足を実感しているなら、軽い運動を取り入れ、
疲れを解消させるのも、有効な改善方法の一つでしょう。

疲れているからと横になってばかりいると、かえって疲れます。
実は疲れているときこそ、適度な運動が重要になります。

こたつで寝る人

疲れたときにあえて体を適度に動かすことで、血流が良くなります。
運動によって酸素と二酸化炭素のガス交換が活発に行われると、
脳にフレッシュな酸素が行き渡り、頭もすっきりします。

大切なことは、毎日少しずつでもいいから続けること。
1日1回、10分ほどで構いませんので、運動しましょう。

個人的におすすめな改善対策は、就寝前に行う簡単なストレッチです。
眠る前に筋肉をほぐし、血行を良くすることでぐっすり眠れるため、
体がだるい、重い方にとっては、一石二鳥の回復法ですよ。

忙しすぎて睡眠不足、運動もできない方

忙しくて深夜の帰宅になり、運動する時間すら、
なかなかとれないという方も多いかもしれません。
そのような場合、日中の呼吸法を意識してください。

夢中になっている時など、呼吸が浅くなってませんか?
私たちにとって呼吸というのは、新鮮な酸素を取り込み、
不要になった二酸化炭素を体外へ排出する大切な働きです。

呼吸がスムーズに行われないと酸素と二酸化炭素の、
交換がうまく行われず、疲れが溜まりやすくなります。
忙しいときこそ、呼吸が浅くなっていないか意識しながら、
深く呼吸する「腹式呼吸」を意識することをおすすめします。

浅い呼吸に気づいたときはもちろん、起きた際や眠る前、
お昼休みや休憩時など、定期的に行う習慣をつけましょう。

体がだるい、重いが改善しないなら医療機関へ

さまざまな改善方法を試しても回復しなかったり、
気になる症状があったら、医療機関の受診がおすすめ。
だるさの陰に、心身の病気が隠れている可能性があります。

ここでは、考えられる病気の代表的な例を紹介します。

1)慢性疲労症候群

原因不明の強い疲労が、目安として6ヶ月以上続くなら、
慢性疲労症候群の可能性があります。

関節痛や頭痛、不眠や仮眠、筋力の低下、37℃以上の発熱、
といった症状も、慢性疲労症候群のサインの例です。

休息だけでは治らず、適切な治療が必要になるため、
気になる方は、早めに病院で検査を受けましょう。

2)睡眠時無呼吸症候群

十分な睡眠をとっていても日中に過度の眠気に襲われ、
家族から大きないびきや呼吸停止を指摘されたら、
睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。

寝ている間にくり返し無呼吸になると、疲れがとれないだけでなく、
心臓に大きな負担がかかります。不整脈や心疾患、高血圧など、
発症リスクも高めるため、早めの対策が必要です。

入院して検査することもありますが、専門の検査機器を使って、
自宅で睡眠中の状態をチェックする検査を受けることもできます。
いびきや無呼吸を指摘されたら、念のため検査しておくと安心です。

3)糖尿病

糖尿病の初期症状に「だるさや眠気を感じる」というものがあり、
他にも、尿の回数が増えた、水分を摂ってもやたらと喉が渇く、
体重が減ってきたなどの症状があるなら要注意です。

糖尿病を放置すると合併症を引き起こし、
定期的な透析治療が必要になる場合もあります。
初期症状かもと思ったら、早めに受診しましょう。

4)更年期障害

女性の場合、更年期障害も考えられる病気の一つです。
立ちくらみやめまい、のぼせ、ほてり、耳鳴りや頭痛など、
症状が現れるようでしたら、更年期障害の可能性があります。

更年期は、これから先の人生を元気に明るく生きていくための、
「見直しの時期」ともいえます。変化を前向きに受け止めて、
体をいたわってあげることも、大切なポイントの一つです。

更年期障害かもと思ったら、まずは正しく理解して、
医師の指導のもと、必要な治療を行いましょう。

5)うつ病や自律神経失調症

だるさや疲れだけでなく、食欲・気力低下もある場合、
うつ病や自律神経失調症などの病気の可能性があります。

治療が必要な病気か、休息すれば元気になる一時的な疲れか、
自分自身で判断するのは難しいため、医療機関の受診がおすすめ。
心療内科やメンタルクリニック、精神科などで早めに相談しましょう。

体がだるい、重いときはサプリの利用も!

疲れをとるにはゆっくり休み、リラックスを心がけることが大切。
さらに疲れがとれないなら、食事や睡眠、運動、呼吸法など、
工夫して疲れがとれやすい状態に整えてあげましょう。

さらに体を労わりたいなら、サプリメントの利用もおすすめ。
黒にんにく卵黄油は、疲労回復に欠かせないビタミンB1を含み、
自律神経の働きをしっかり整えてくれる効果効能も期待できます。

ぜひ元気な毎日のためにも、お得なサンプルをお試しください!

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

肥満は、生活習慣病の始まりを知らせるサインの一つ。
年齢を重ねるごとに太ってきたかもと感じているなら、
生活習慣病の予防を始めることをオススメします。

多くの場合、生活習慣病は予防することが可能です。
意外と知らない基礎知識や予防法をご紹介します。

生活習慣病って、どんな病気?

生活習慣病とは、さまざまな生活習慣が原因で起こる病気の総称。

かつては「成人病」という名前で呼ばれていましたが、
1996年から現在の「生活習慣病」と呼び名が変わりました。

なぜかというと、食生活や運動習慣、飲酒や喫煙などの生活習慣が、
病気の発症や進行に大きく関わっていることが分かったためです。

高カロリーな食事

病気は多岐にわたりますが、大きく分けると以下に分類されます。
がん・糖尿病・脳卒中・心臓病・脂質異常症・高血圧・肥満

症状が悪化すると生命にかかわる病気がたくさんあります。
実際に、日本人の3分の2が生活習慣病で亡くなっています。

健康で暮らすためには、生活習慣病と向き合って、
早い段階から予防法を実践することが重要です。

早い段階で止めることが、最大の予防法!

生活習慣病の予防をする上で、知っておきたいことがあります。
それは、早い段階で止めることが最大の予防法であるということ。

生活習慣病は徐々に進行します。まずは、早い段階で気づく。
その上で、しかるべき対策をすることが悪化を防ぎます。

厚生労働省の資料によれば、生活習慣病は次のように進行します。

<生活習慣病の進行段階>

  • 第1段階:不適切な食生活、運動不足、喫煙、過度の飲酒、過度のストレス
  • 第2段階:肥満、高血圧、脂質異常、高血糖
  • 第3段階:肥満症(特に内臓脂肪型肥満)高血圧症、脂質異常症、糖尿病
  • 第4段階:虚血性心疾患(心筋梗塞・狭心症)脳卒中(脳出血・脳梗塞等)
  • 第5段階:半身の麻痺、日常生活における支障、認知症

参考:厚生労働省における生活習慣病対策について

このように生活習慣病はまず、肥満や高血圧、高血糖などの形で始まります。
早期発見のためには、こまめな体重測定や、健康診断の受診が重要です。

分かりやすい目安が肥満・体脂肪の変化!

肥満は生活習慣病を知らせる、重大なサインの一つです。
つい体重が増えたことや、ぽっちゃりしたことなど、
見た目の体型にばかり意識がいきがちです。

もちろん、体重や体型も肥満かどうかを知る目安の一つですが、
生活習慣病の気づく上では、体脂肪の変化に目を向けることが大切。
たとえば、ひと言で体脂肪といっても、下記のような種類があります。

・皮下脂肪 …… 皮膚の下に蓄積する脂肪。太ももやお尻につきやすい
・内臓脂肪 …… 内臓周辺に蓄積する脂肪。おなか回りが大きくなる

内臓脂肪

生活習慣病の予防で特に気をつけたいのが内臓脂肪です。
内臓脂肪は、血行のよい内臓などの周辺につくという特徴があり、
蓄積も早いですが分解も早く、比較的落としやすいと言われています。

内臓脂肪がつき始めたと自覚したら、食生活の改善や運動によって、
なるべく早い段階で、内臓脂肪をそぎ落とすことが欠かせません。

内臓脂肪はどこに溜まる?チェック方法は?

では一体、内臓脂肪は体内のどの部分に溜まるのでしょうか?
蓄積を知るには、どのようなチェック方法があるのでしょうか?

内臓脂肪が最初に溜まるのは、腸間膜と呼ばれる部分の周辺。
腸間膜は小腸を包み込み、つり下げるような役割を果たす膜です。
そして、中性脂肪が張りつきやすい脂肪のたまり場でもあるのです。

内臓脂肪のチェックには、主に下記の方法があります。

1)腹囲を測る

内臓脂肪自体は、外からその様子を見ることはできませんが、
腸間膜にびっしり中性脂肪がつくと、おなか周りが大きくなります。

つまり、腹囲が著しく大きくなっているようでしたら要注意。
緒間膜のまわりに、内臓脂肪が溜まっている可能性があります。

目安となるのは「男性で85cm以上、女性で90cm以上」
気になる方は、ご自宅のメジャーで計測してみてください。

2)内臓脂肪の測定機能をもつ体重計で測る

体重計の中には、内臓脂肪を測る機能を持つものもあります。
内臓脂肪レベルが分かるため、どれぐらいついているか、
具体的に把握できる目安にすることができます。

ご家族で健康管理し、生活習慣病の予防をしたい場合は、
このような機能を持つ体重計を用意するのも良いでしょう。
正確な数値を知るには、決めた時間に測定することも大事です。

3)病院で検査を受ける

腹囲が大きくなってきた、体重計の脂肪率も増えてきた、
さらに何らかの生活習慣病の初期症状が出てきたなどの場合は、
病院で詳しく検査をしてもらうのも一つの手段です。

腹部CT検査を行うことで、内臓脂肪の有無を確認することができます。
へその位置で内臓脂肪の面積(断面積)が100cm2以上ある場合を、
医学的には「内臓脂肪型肥満」と分類しています。

いずれにせよ、やはり自覚しやすいのは、おなかまわりです。
おなかがポコッと出てきたら、注意するようにしましょう。

肥満を防ぐためにも、腸内環境を整える!

肥満は、生活習慣病を知らせる重要なサインの一つです。
太らない生活を送ることが、生活習慣病の予防にもなります。

肥満を避けるには、高カロリーの食べ物は避け、腹八分目が基本。
加えて、日々の中で適度な運動を続けることも欠かせません。
そしてもう一つ重要なことが「腸内環境を整えること」

乱れた食生活を送ってきた方は、腸内環境が悪化している可能性も。
便秘がちになれば老廃物をうまく排出できず、栄養も十分吸収できません。

つまり余分なエネルギーばかりが溜まり、肥満を招いてしまいます。
肥満を防ぐためにも、腸内をきれいにして環境を整えてあげましょう。

にんにく卵黄油で、驚くほどのドッサリ!

長年の便秘で悩んできた方は「すっきり」することが大切。
そこでおすすめしたいのがにんにく卵黄油サプリメントです。

にんにく卵黄油というと疲労回復や滋養強壮というイメージでは?
実は、成分の一つである卵黄油には水と油をつなげる作用があります。
そのため、腸内の脂肪分をこそげ取り、排出する働きが期待できますよ。

実際に、にんにく卵黄油をはじめて飲むと、多くの方が、
翌日の驚くほどのドッサリを経験して、ビックリされます。

当社のにんにく卵黄油サプリは、自然素材からできています。
食事感覚で誰でも気軽にご利用いただけるので、安全・安心です。
まずはサンプルから始めて、生活習慣病の予防にお役立てください!

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

1 2 3 4 5

黒にんにく卵黄油
初回限定!10%オフの実感コース

ページトップへ