症状別による予防と対策|健康コラム|太陽卵美健通販サイト

お電話でのご注文もお待ちしています!0120-497-962 受付:9:00~18:00(土・日・休み)

  • マイページにログイン
  • 新規会員登録(無料)
  • 商品一覧
  • お問い合わせ
  • 美健ホームページ
  • お試しサンプル
  • 定期コース
  • まとめ買い
  • 健康コラム
  • お客さまの声
  • ご利用ガイド

役立つ!健康コラム

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

肥満は、生活習慣病の始まりを知らせるサインの一つ。
年齢を重ねるごとに太ってきたかもと感じているなら、
生活習慣病の予防を始めることをオススメします。

多くの場合、生活習慣病は予防することが可能です。
意外と知らない基礎知識や予防法をご紹介します。

生活習慣病って、どんな病気?

生活習慣病とは、さまざまな生活習慣が原因で起こる病気の総称。

かつては「成人病」という名前で呼ばれていましたが、
1996年から現在の「生活習慣病」と呼び名が変わりました。

なぜかというと、食生活や運動習慣、飲酒や喫煙などの生活習慣が、
病気の発症や進行に大きく関わっていることが分かったためです。

高カロリーな食事

病気は多岐にわたりますが、大きく分けると以下に分類されます。
がん・糖尿病・脳卒中・心臓病・脂質異常症・高血圧・肥満

症状が悪化すると生命にかかわる病気がたくさんあります。
実際に、日本人の3分の2が生活習慣病で亡くなっています。

健康で暮らすためには、生活習慣病と向き合って、
早い段階から予防法を実践することが重要です。

早い段階で止めることが、最大の予防法!

生活習慣病の予防をする上で、知っておきたいことがあります。
それは、早い段階で止めることが最大の予防法であるということ。

生活習慣病は徐々に進行します。まずは、早い段階で気づく。
その上で、しかるべき対策をすることが悪化を防ぎます。

厚生労働省の資料によれば、生活習慣病は次のように進行します。

<生活習慣病の進行段階>

  • 第1段階:不適切な食生活、運動不足、喫煙、過度の飲酒、過度のストレス
  • 第2段階:肥満、高血圧、脂質異常、高血糖
  • 第3段階:肥満症(特に内臓脂肪型肥満)高血圧症、脂質異常症、糖尿病
  • 第4段階:虚血性心疾患(心筋梗塞・狭心症)脳卒中(脳出血・脳梗塞等)
  • 第5段階:半身の麻痺、日常生活における支障、認知症

参考:厚生労働省における生活習慣病対策について

このように生活習慣病はまず、肥満や高血圧、高血糖などの形で始まります。
早期発見のためには、こまめな体重測定や、健康診断の受診が重要です。

分かりやすい目安が肥満・体脂肪の変化!

肥満は生活習慣病を知らせる、重大なサインの一つです。
つい体重が増えたことや、ぽっちゃりしたことなど、
見た目の体型にばかり意識がいきがちです。

もちろん、体重や体型も肥満かどうかを知る目安の一つですが、
生活習慣病の気づく上では、体脂肪の変化に目を向けることが大切。
たとえば、ひと言で体脂肪といっても、下記のような種類があります。

・皮下脂肪 …… 皮膚の下に蓄積する脂肪。太ももやお尻につきやすい
・内臓脂肪 …… 内臓周辺に蓄積する脂肪。おなか回りが大きくなる

内臓脂肪

生活習慣病の予防で特に気をつけたいのが内臓脂肪です。
内臓脂肪は、血行のよい内臓などの周辺につくという特徴があり、
蓄積も早いですが分解も早く、比較的落としやすいと言われています。

内臓脂肪がつき始めたと自覚したら、食生活の改善や運動によって、
なるべく早い段階で、内臓脂肪をそぎ落とすことが欠かせません。

内臓脂肪はどこに溜まる?チェック方法は?

では一体、内臓脂肪は体内のどの部分に溜まるのでしょうか?
蓄積を知るには、どのようなチェック方法があるのでしょうか?

内臓脂肪が最初に溜まるのは、腸間膜と呼ばれる部分の周辺。
腸間膜は小腸を包み込み、つり下げるような役割を果たす膜です。
そして、中性脂肪が張りつきやすい脂肪のたまり場でもあるのです。

内臓脂肪のチェックには、主に下記の方法があります。

1)腹囲を測る

内臓脂肪自体は、外からその様子を見ることはできませんが、
腸間膜にびっしり中性脂肪がつくと、おなか周りが大きくなります。

つまり、腹囲が著しく大きくなっているようでしたら要注意。
緒間膜のまわりに、内臓脂肪が溜まっている可能性があります。

目安となるのは「男性で85cm以上、女性で90cm以上」
気になる方は、ご自宅のメジャーで計測してみてください。

2)内臓脂肪の測定機能をもつ体重計で測る

体重計の中には、内臓脂肪を測る機能を持つものもあります。
内臓脂肪レベルが分かるため、どれぐらいついているか、
具体的に把握できる目安にすることができます。

ご家族で健康管理し、生活習慣病の予防をしたい場合は、
このような機能を持つ体重計を用意するのも良いでしょう。
正確な数値を知るには、決めた時間に測定することも大事です。

3)病院で検査を受ける

腹囲が大きくなってきた、体重計の脂肪率も増えてきた、
さらに何らかの生活習慣病の初期症状が出てきたなどの場合は、
病院で詳しく検査をしてもらうのも一つの手段です。

腹部CT検査を行うことで、内臓脂肪の有無を確認することができます。
へその位置で内臓脂肪の面積(断面積)が100cm2以上ある場合を、
医学的には「内臓脂肪型肥満」と分類しています。

いずれにせよ、やはり自覚しやすいのは、おなかまわりです。
おなかがポコッと出てきたら、注意するようにしましょう。

肥満を防ぐためにも、腸内環境を整える!

肥満は、生活習慣病を知らせる重要なサインの一つです。
太らない生活を送ることが、生活習慣病の予防にもなります。

肥満を避けるには、高カロリーの食べ物は避け、腹八分目が基本。
加えて、日々の中で適度な運動を続けることも欠かせません。
そしてもう一つ重要なことが「腸内環境を整えること」

乱れた食生活を送ってきた方は、腸内環境が悪化している可能性も。
便秘がちになれば老廃物をうまく排出できず、栄養も十分吸収できません。

つまり余分なエネルギーばかりが溜まり、肥満を招いてしまいます。
肥満を防ぐためにも、腸内をきれいにして環境を整えてあげましょう。

にんにく卵黄油で、驚くほどのドッサリ!

長年の便秘で悩んできた方は「すっきり」することが大切。
そこでおすすめしたいのがにんにく卵黄油サプリメントです。

にんにく卵黄油というと疲労回復や滋養強壮というイメージでは?
実は、成分の一つである卵黄油には水と油をつなげる作用があります。
そのため、腸内の脂肪分をこそげ取り、排出する働きが期待できますよ。

実際に、にんにく卵黄油をはじめて飲むと、多くの方が、
翌日の驚くほどのドッサリを経験して、ビックリされます。

当社のにんにく卵黄油サプリは、自然素材からできています。
食事感覚で誰でも気軽にご利用いただけるので、安全・安心です。
まずはサンプルから始めて、生活習慣病の予防にお役立てください!

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

糖尿病は、年齢とともに発症リスクが上がる病気の一つ。
ビールや甘いものが好きで、なおかつ糖尿病の家系の場合、
「遺伝してしまうかも?」と気にされる方も多いと思います。

糖尿病患者は年々増えており、正しい知識を持つことが大切。
そこで今回は、糖尿病と遺伝の関係についてお伝えします。

糖尿病と遺伝の関係

親が糖尿病の場合、遺伝して糖尿病になってしまうのでしょうか?
結論から言うと、その答えは「半分は正解、半分は不正解」です。

親が糖尿病の場合、糖尿病の家族歴がない人と比べると、
「糖尿病になりやすい」ということは確かな事実でしょう。
これまでの研究報告によって、すでに明らかになっています。

ただし遺伝するのは、糖尿病そのものではありません。
遺伝するのはあくまで「糖尿病になりやすい体質」です。
体質にプラスアルファの要因が加り、糖尿病は発症します。

さらに詳しく言えば、もともとの体質に食べすぎや飲みすぎ、
運動不足、加齢といった要因などが加わることで初めて、
糖尿病が発症すると考えられています。

つまり、家族に糖尿病患者がいるからと言って、
発症することを過剰に恐れる必要はないということです。

最近増えている「遺伝子検査キット」は?

近年では、ご自宅で手軽に使える遺伝子検査キットが増えました。
糖尿病など、生活習慣病の発症リスクを調べるツールとして、
話題を呼んでおり、ご存じの方も多いことでしょう。

大腸がん検査キット

でも本当に、糖尿病の遺伝子の有無を調べられるのでしょうか?
このような検査キットは、唾液を採取して郵送するだけで、
後日結果が分かるという手軽な仕組みになっています。

糖尿病の遺伝子を知ることにつながれば便利ですが、専門家の中には、
安易に検査を受けることに対し、警鐘を鳴らしている人もいます。
まずは、健康づくりの意識付けとして、使うのが良いでしょう。

参考:広がる診断ビジネス、安易な遺伝子検査に警鐘

日本人は糖尿病になりやすい!

糖尿病と遺伝の関係を考える上で、知っておきたいことがあります。
それは、「そもそも、日本人は糖尿病になりやすい」ということ。

日本人に多い2型糖尿病はインスリンの分泌量が減少したり、
インスリンの働きが低下したりすることで発症するタイプです。
日本人を含む東アジア民族は、すい臓のインスリン分泌能力が低く、
欧米の白色人種と比べて、半分ほどしか分泌しないと言われています。

そのため、いわゆる肥満体質ではない人であっても、
日本人の場合は発症しやすくなるため、注意が必要です。
糖尿病の家系でもないし、肥満でもないと過信するのは禁物。

糖尿病患者は年々、右肩上がりで増えており、
厚生労働省の最新の国民健康・栄養調査によれば、
「糖尿病が強く疑われる者(糖尿病有病者)」と、
「糖尿病の可能性を否定できない者(糖尿病予備群)」が、
なんとそれぞれ、推計1000万人にのぼったと発表されました。

参考:平成28年「国民健康・栄養調査」の結果

糖尿病は決して、他人事の病気ではありません。
ひとたび発症すると、糖尿病性網膜症や糖尿病性腎症など、
糖尿病の三大合併症を引き起こしかねない病気でもあります。

生活習慣の乱れが発症リスクを高めることを理解した上で、
糖尿病になりにくい生活を送ることが大切です。

普段の生活習慣の見直しを!

ここまで見てきたように、親が糖尿病である場合、
遺伝するのは、あくまで糖尿病になりやすい体質です。
家族歴があっても、必要以上に怖がる必要はありません。

かといって、当然ながら安心は禁物です。
家族に糖尿病の方がいるなら、体質は遺伝します。
また、日本人は糖尿病になりやすい体質でもあります。
ある程度の年齢になったら、糖尿病予防を心がけましょう。

糖尿病を防ぐには、食べすぎや飲みすぎを避けることが原則。
体重が増えてきたなと感じたら、適度なダイエットもしましょう。
適度な運動を取り入れることで、発症リスクを下げることができます。

エコー検査

糖尿病の早期発見には、定期検診で血糖値を知ることも重要です。
人間ドッグや自治体の健康診断などを受けるようにしましょう。

血糖値の正常値については、別記事で詳しく紹介しています。
その他、「HbA1c」(ヘモグロビンエイワンシー)という項目も、
糖尿病の発症を早い段階で知るために重要な要素の一つです。
ぜひ検査を受ける前にご覧になり、役立ててください。

参考:血糖値の正常値とは?健康診断で高めなら糖尿病になる?

今日からできる糖尿病対策・にんにく卵黄!

糖尿病を予防するには、生活習慣の改善が重要です。
年齢を重ねて気になり始めたら、生活を見直しましょう。
加えて取り入れたいのが、にんにく卵黄サプリメントです。

にんにく有効成分・アリチアミンはビタミンB1に似た働きをする、
エネルギー産生には欠かせない栄養の一つ。糖質の代謝を助け、
結果的に、血糖値を下げてくれる効果が期待できます。

特に、普段からビールやお酒を大量に飲む方は、
慢性的にビタミンB1不足となり、糖質の代謝が低下気味。
にんにく卵黄サプリメントで、アリチアミンを補うことで、
糖質の代謝を促し、高血糖の状態を避けるようにしましょう。

当店のにんにく卵黄サプリ「太陽卵卵黄油黒にんにく」は、
すべて自然素材からできており、食事感覚でご利用いただけます。
糖尿病が気になり始めたら、ぜひ1日2粒、お召し上がりください。

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

最近どうも尿の回数が増えた、水分を摂ってもやたらと喉が渇く、
体調が悪いわけでもないのに、なぜか体重が減ってきた……。
思い当ることがあるなら、糖尿病の初期症状かもしれません。

日本人に多い糖尿病は、放置すると合併症を引き起こし、
さらに定期的な透析治療が必要になる場合もあります。
悪化を防ぐためには早期発見・早期治療が基本です。

そこで今回は知っておきたい糖尿病の初期症状と、
糖尿病に多い三大合併症などについてお伝えします。

気をつけたい糖尿病の初期症状は?

高血糖の状態が続く糖尿病は、自覚症状が出にくいのが特徴です。
糖尿病の初期症状を把握しておき、「もしかして」と思ったら、
早めに医療機関を受診することが、悪化防止につながります。

代表的な症状について、一つずつ内容を見てみましょう。

1. 異常なほどに、やたらと喉が渇く

暑いわけでなく運動後でもないのに、喉が渇くようになります。
異常なほどに喉が渇き水を飲みたくなるなら、気をつけましょう。

糖尿病は高血糖が続き、血液中の糖濃度が高くなっている状態。
すると脳は血液を薄めようとし、水分を摂るように指令を出します。
その結果、異常なほどにやたらと喉が渇くことになるというわけです。

2. 以前と比べて尿の回数や量が増え、尿に泡が立つ

最近、昼夜関係なくトイレに行く回数が増えていませんか?
尿の回数が増えるのも、代表的な糖尿病の初期症状です。

猫砂の上で踏ん張る猫

血液中のブドウ糖を体外に排出させようと腎臓が働くことで、
尿の回数や量が増え、頻尿や多尿の状態になります。

また、尿の中にブドウ糖が排泄されるようになると、
尿の粘り気が高くなり、尿が泡立つようになります。

3. 体調不良でもないのに、体重が落ちてきた

食欲がないわけでもなく、体調も良好であるにも関わらず、
体重が目に見えて減ってきた場合も、注意が必要です。

インスリンの働きが悪くなって、食事から摂った糖質を
エネルギー源として使えなくなっている可能性があります。

この場合、脂肪や筋肉のたんぱく質などを分解することで、
活動のエネルギーを得ている状態ということになります。
思い当たるなら、早めに医療機関を受診しましょう。

4. 食べているのに、なぜか空腹を感じる

やたらと空腹を感じるのも、糖尿病の初期症状の一つ。
食事から摂ったブドウ糖が体内にうまく吸収できておらず、
そのために、脳が「食べていない」と認識してしまうのです。

やけ食い

空腹感をおぼえるからといって甘いものを食べると、
さらに、糖尿病を進行させますから、注意が必要です。

5. どうしようもないだるさや眠気を感じる

疲れや睡眠不足などが重なれば、誰でも倦怠感や眠気を感じます。
ただし異様なだるさや眠気は、糖尿病のサインかもしれません。

特に食後にしんどくなる場合や、眠い状態が続く場合は、
高血糖による症状の可能性がありますので、注意しましょう。

どうして糖尿病が心配なのか?

ここまで、代表的な糖尿病の初期症状をご紹介してきましたが、
糖尿病が危険だと言われる理由は、合併症になる可能性が高いため。

糖尿病による目の病気(糖尿病性網膜症)や腎臓の病気(糖尿病性腎症)
手足のしびれをはじめとした末梢神経の病気(糖尿病性神経障害)は、
昔から「糖尿病の三大合併症」と呼ばれてきました。

それぞれの病気について、発症する理由や主な症状を見てみましょう。

1. 糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は、日本では成人の失明原因の第一位となる病気。
血糖値が高い状態が続くことで網膜の血管が損傷し、発症します。
最初は視界がかすみ、次第に、視力低下や飛蚊症などが起こります。

網膜剥離や緑内障など、他の病気を併発する場合もあり、
さらに悪化すると、失明してしまうケースもあります。 

定期的な検診と早期治療を行うことで進行を止められるため、
こまめに眼科へ行き、発症に早く気づくことが何より大切です。

2. 糖尿病神経障害

糖尿病神経障害は、合併症の中で最も早く発症するのが特徴。
症状の出方は個人差などがありますが、特に多く見られる症状が、
手先や足先の痛みやしびれなど、末梢神経において起こる障害です。

高血糖によって身体の隅々に張り巡らされている抹消神経が侵され、
次第に本来の働きができなくなってしまうのです。

中には、素足なのに靴下を履いているように感じる人もいたり、
足の裏に余分にもう一枚皮がはっているように感じる人もいたりと、
症状の感じ方にはさまざまなものがあります。

最初は主に痛みやしびれなどですが、徐々に感覚が鈍くなります。
すると足のケガやヤケドも気づかなくなるため、潰瘍や壊死を招きます。

3. 糖尿病腎症

糖尿病腎症は、高血糖によって腎臓に障害が起こる病気です。
腎臓の毛細血管が損傷することで腎臓の働きが弱くなり、
老廃物の処理がうまくできなくなってしまいます。

するとたんぱく質の一種であるアルブミンが尿中に漏れ出し、
その量が増えると、次第に全身に影響が出始めます。

さらに症状が進行すると、尿を作ることすらできなくなります。
ここまでくると、定期的な人工透析を受けることが必要になります。

個人差はありますが、人工透析は1週間に2~3回を目安に行います。
おおむね4時間以上かかるため、日常生活に大きな影響を及ぼします。

健康診断でこまめなチェックを!

糖尿病は、知らない間に三大合併症を引き起こすことも多い病気です。
少しでも早く発症に気づき、しかるべき対策を立てることが肝心。

糖尿病の初期症状がないか、普段から気をつけておくと共に、
健康診断で血糖値が正常値かどうかチェックしておきましょう。

空腹時の測った血糖値が、126mg/dl以上の場合、または、
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)が6.5%以上の場合は、
「糖尿病の疑いあり」となり、検査や生活習慣の改善が必要です。

血糖値の正常値に関する内容や、にんにく卵黄サプリによる、
糖尿病予防の効果については、別記事で詳しくお伝えしています。
ぜひ参考にして、糖尿病知らずの健康な生活にお役立てくださいね!

参考:血糖値の正常値とは?健康診断で高めなら糖尿病になる?

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
上記、画像をクリックしていただくと、当ショップ商品一覧ページに移動します。

1 2 3 4 5

黒にんにく卵黄油
初回限定!10%オフの実感コース

ページトップへ